1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】『プロ野球ドリームナイン SuperStars』野球ファン必携のゲーム&ツールです!

【注目アプリレビュー】『プロ野球ドリームナイン SuperStars』野球ファン必携のゲーム&ツールです!

2013-04-17 12:40 投稿

●ツールとしても役立つ野球ファン必携アプリ

ついに、念願のプロ野球シーズン開幕! 果たして、今年はどのチームが日本一になるのだろう? 高校生で時速160キロ以上のボールを投げ、なおかつバッティングセンスも申し分ないという日本ハムファイターズ超大型ルーキー“大谷翔平”くんの登場などで、今沸きに沸いている日本球界。この熱をゲームでも感じられたら最高だ。そんな折、KONAMIから野球をテーマとしたiPhone向けシミュレーションゲーム『プロ野球ドリームナイン SUPER STARS』がリリース。今回は、このタイトルを遊んでみて、その触感などをお届けしよう。

●にわかファンも熱狂できる野球ゲーム!?

システムはシンプル。野球選手のフィギュアを集めて、オリジナルチームを編成。そして、そのチームで試合を戦い抜き、フィギュアを成長させていくというものだ。登場する選手は日本プロ野球協会に登録された実名選手たち。そのため、まるで自分がひとつのプロ野球チームを所有し、好き勝手にいじくり回しているような感覚が味わえるのである。某球団のGM以上に球団を好き勝手動かせるのだから、これはなかなかに楽しい。

そしてなにより、選手の強い弱いに関係なく「このチームの選手は好きじゃないから外そう」とか、「コイツ彼女できてから成績落ちっぱなしだからクビ」とか、私情100%のチーム運営もできてしまうところがいいところ。しかも、そんな私情たっぷりのチーム運営でもそこそこ勝ててしまうから、なお楽しくなる。そういう意味で言えば、極端な話、野球を知らない女子が、「イケメンだからスタメン入り」みたいなチーム運営を行っても何ら問題ないのだ。もちろん、上位プレイヤーに勝つためにはちゃんとしたチーム編成が求められるのだろうが、そんなことはお構いなし。自分がいちばん楽しめる遊びかたでチームを運営すればいい。

▲各種球団選手が入り乱れてのチーム編成。もっと西武の選手を集めたい! おかわり君(中村剛也選手)と岸くん(岸孝之選手)、銀仁朗(炭谷銀仁朗選手)が手に入れば最高なのだが。

▲オーダーの組み合わせで条件を満たすとコンボが発動! それぞれの効果により、チームが強化されるぞ。▲試合は完全オート。試合が終われば選手が成長する。どこまで成長していくのかを見るのも楽しみのひとつだ。
▲コスト不足などで試合に出せない選手も、育成枠という特別な枠に入れておけば、どんどん成長していく。▲試合後には、結果の詳細を振り返ることも可能だ。

▲通常の試合のほかにも、リーグ戦というものが存在する。これは、自動で試合進行が行われるもので、ここで上位に食い込めれば、より強い相手が待ち受ける上位リーグに進出できるのだ。

前述のとおり、本作は野球ゲームにしてはかなり敷居が低い。いわゆる“にわか”と呼ばれる、ちょっとしたプロ野球ファンでも十分に楽しめてしまうほど。余談だが、私も十分に“にわか野球ファン”だ。スポーツ二ュースで試合結果を気にするくらいのレベルである。そんな私でも、本作は十分に楽しめている。いや、そんな人であるからこそ楽しめるアプリなのかもしれない。というのも、本作に登場する選手フィギュアには、その選手のデータと紹介文が記されている。そのため、フィギュアをひとつひとつ見て回るだけで、「この選手の名前聞いたことあるけど、こんな人だったのか」、「聞いたことのない選手だけど、結構成績残してるんだな」、「足が遅いというイメージだったけど、盗塁取ってるのか!」というような発見が得られるのだ。

▲パラメーターから、その選手がどれほどスゴイのかという予測も立てられる。これを見て回るのは、結構楽しい。

●野球トークもこれで安心

本作には、プロ野球の最新情報が得られる機能も搭載されている。これも“にわか野球ファン”に優しい作りになっており、お気に入り球団を中心とした情報を得られるようになっているのだ。好きになり始めの時期は、なによりもその対象をよく知りたいと思うのが人のさが。ここの情報を追っているだけでも、ガチな野球ファンとのトークでは「お、お前しっかり情報チェックしてんじゃん」と感心されることだろう。もちろん、深い話に立ち入ることはできないが、そこは野球ファンの先輩がたが優しく教えてくれるだろうから心配はいらない(と思う)。とにかく、本作は、“にわか野球ファン”にとってはプロ野球トークをするための生命線となる可能性を秘めたツールでもあるのだ。もちろん、球界全体をカバーする情報も閲覧できるので、気になる試合があったらそちらをチェックすることも可能なので、ガチ野球ファンにも有益なツールになっている。

▲試合結果はもちろん、業界全体で活躍した選手や故障した選手の情報なども閲覧できるぞ。▲順位情報は、つねに最新のものが表示される。どのチームがスタートダッシュを決めているかなどは、ここを見れば一目瞭然!

 

●敷居は低く、懐深いオーダー

野球ゲームをプレイする上で気になるポイントは、選手のオーダー、つまりはチームをどう編成するかにある。本作は、打順をはじめ、ポジションや控えまで、細かく設定できるシステムが採用されており、ファンが夢見た、まさに自分だけのチームが作れてしまうのだ。夢とボリュームのあるシステムだが、これは所持情報の乏しい“にわか野球ファン”にとっては最大のハードルとなり得る部分でもある。しかし、問題はない。自動でチームを組んでくれるシステムも搭載されているので、それを使えば、ポジションの知識はまったく不要。自動オーダーは2種類あり、パラメータだけを見て最強のチームを作るものと、自分のお気に入り球団の選手を中心にチームを作ってくれるものだ。これをうまく使い分ければ、難しいことを考えることなく、オリジナルチームを作れるぞ。

▲手軽にパパッと自動オーダー。自分のコスト上限に合わせて、最適なチームを組み上げてくれる。▲マニュアルでのオーダー変更では、守備位置の変更なども求められるため、相応の知識が必要だ。

 

●選手獲得は1日150人!

本作のウリのひとつが、実際のプロ野球選手たちが登場すること。その数も非常に多く、運営を進めれば限りになく唯一無二に近いチームへと成長していく。新選手の獲得も非常に容易。どれくらい容易なのかと言うと、1日プレイしただけで、新規に選手を150人獲得できたほどだ。しかも、この結果は無課金でのもの。では、なぜこれほどまでに選手が手に入るのだろうか? それは、選手を手に入れるためのシステムのひとつ“シルバーレポート”にある。

“シルバーレポート”とは、ゲーム内で手に入るポイントを消費して行う、いわゆるガチャ的なものなのだが、ミッションをこなすごとに大量のポイントをゲットできる。そして、手に入れた選手フィギュアは、入手した手段を問わずポイントに還元できるようになっている。つまり、“シルバーレポート”で手に入れた選手が、自分の意にそぐわないものであったら、その場でポイントに還元。またポイントをためて“シルバーレポート”を利用というサイクルが簡単に作れるのだ。そのため、もう序盤から選手ウッハウハ! ただ、登場する選手の数が多いため、目的の選手はなかなか手に入らないのだが……。まぁそれは仕方のないことなのでよしとしよう。一度プレイすれば、きっと今年のシーズンがより楽しくなるはずだ。

▲ときには、レアで強力な選手が仲間になることも!? たしかにペーニャをオーダーに組み込めたら、打撃力は上がるだろうが、私は西武の選手が欲しいのだ! おかわり君をボクにください!!
 ▲“レポート”では、獲得選手候補の中から好きなものを選ぶことができる。しかし、その詳細は明らかになっていないので、表示されている文言から選ぶといいぞ。ちなみに、フィギュアの色の違いは、確定して投手が手に入るもの(赤)、確定して野手が手に入るもの(青)、何が手に入るかわからないもの(黒)の違いとなっている。

 

プロ野球ドリームナイン SUPER STARS

メーカー
KONAMI
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 5.1 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧