1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】『解放少女』破壊の爽快感が格別な3Dシューティング

【注目アプリレビュー】『解放少女』破壊の爽快感が格別な3Dシューティング

2013-03-14 18:15 投稿

●封じられた神獣を解放せよ!?

レベルファイブが推し進めるプロジェクト“GUILDシリーズ”の第1弾として、昨年5月にニンテンドー3DSでリリースされた『GUILD01』。そこに収録されていた、グラスホッパー・マニファクチュア須田剛一氏がディレクションをつとめた『解放少女』が、iOS向けのリニューアル版となって早くも登場! 本作における物語の舞台は——大国の侵略によって、“神獣”と呼ばれる自然エネルギーを封じられた100年後の新日本国。高校生の身でありながら亡き父・翼一郎(よういちろう)の後を継ぎ、第2代新日本国大統領に就任した大空翔子(おおぞら・しょうこ)が、国家再生のために解放機“カムイ”で戦う姿を描き出したフル3Dシューティングだ。

個性的な4つのタイトルが詰まっていた『GUILD01』のなかで、ぶっ飛んだ設定とビジュアルでひと際目を引いていた本作。Retinaディスプレイ対応となった美麗なビジュアルはもちろんのこと、iOS向けに最適化されたインターフェイスで直感的な操作性もバッチリ!? そんな本作のプレイインプレッションと合わせて、気になるシステム周りを詳しく解説していこう。



▲ボンズ制作のハイクオリティーなアニメーションだけに止まらず、ゲーム中もフルボイスによるイベントシーンが展開。超豪華なクリエイター陣が参加した作品とあって、ゲーム性に負けない気合いの入ったビジュアルも注目を集めた作品だ。

 

●作戦目標の完全破壊をめざせ!

本作はいわゆるミッションクリアー形式の3Dシューティングゲームで、作戦空域に設定されたフィールド内であれば自由に飛び回れる。大まかなミッションの流れとしては、攻撃目標に設定された“小型クサビ”をすべて発見して破壊することによって、“大型クサビ”と呼ばれるボスキャラクターがフィールド上に出現。プレイヤーが出現エリアに入るとボス戦闘がスタートし、30分の制限時間内(一部例外あり)に大型クサビを破壊できれば、ミッションクリアーとなってつぎのステージへ進める。



▲作戦司令官の雲母(きら)が作戦目標をナビゲート。攻撃目標のクサビを破壊すれば、周囲一帯の敵施設も誘爆して緑化される。また、特定エリアに進むことにより、ステージクリアーと関係のないサブミッションなども発生するぞ!

 

自機カムイの移動操作については、画面左下のバーチャルスティックを使用。基本的に“上昇&下降”の概念がなく、360度入力した方向へ自由に移動できる。この際にスティック上部の水平移動アイコンをタップすれば、ターゲット固定の水平移動操作に切り換え可能。切り換え時は自機操作が疎かになってしまうので、一旦攻撃を中断してシールドを張った状態(後述)にして切り換えよう。なお、ボス戦は自動的に水平移動操作へ切り換わるので、プレイヤーが切り換えなくても大丈夫だ。

▲一般的なフライトシミュレーターとは違って、感覚的に移動したい方向へ入力するだけのシンプル操作でオーケー! その半面、カメラ視点が完全に固定されてしまっているため、3Dシューティング慣れしていると違和感を覚える部分も?
▲自機操作はボスとの戦闘に入った段階で、強制的に水平移動操作に固定される。水平移動中はターゲットを中心とした旋回移動が可能で、旋回し続けながらの攻撃が基本。ただし、大型クサビの弱点は、一定方向からしかターゲットできない。

 

●諸刃の剣となるシールドバレット

カムイの“爆撃攻撃”には、自機の周囲を漂う“シールドバレット”と名付けられたオプションが消費される。攻撃方法には“ロックオン”と“レーザー”の2種類あって、いつでも画面右下のアイコンで切り換え可能だ。ただし、その名の通り“シールド”(防御)も兼ねているため、すべてのシールドバレットを攻撃に回してしまうと、被弾時にダメージを受けてしまう。また、ボスの攻撃によっては、1発でシールドがなくなる場合もあるので要注意! シールドバレットは敵を倒すことで画面左上にチャージされ、“CHAINが切れる(=攻撃を中断する)”と補充される仕組みなので、一旦攻撃を止めて回避に専念しよう。

▲画面上を指先でドラッグすることで敵をロックオンし、指を離すとロックした数だけの誘導弾を発射する。ロックオンした時点でシールドバレットが消費されるため、こまめにロックオンを解除してやればシールドを切らさなくて済む。
▲ステージ2から使用可能な武器で、発射タイミングこそ遅いが圧倒的な火力を誇る。こちらは画面を押し続けるとレーザーを照射し、ドラッグすれば軌道をスライド可能。ねらうのに慣れは必要だけど、硬い敵も一瞬で破壊していけるぞ!

 

基本となる爆撃攻撃とは別に、一撃必殺となる特殊攻撃“刀”が存在。敵の破壊時に画面下にある“刀ゲージ”が貯まり、ゲージ満タンでタップすれば範囲攻撃が発動! 視界範囲内の敵機に対し、強力な範囲攻撃でダメージを与えられる。また、刀ゲージは被弾時の保険を兼ねていて、ミスになる状況でもゲージ満タンなら自動的に刀攻撃が発動して緊急回避してくれる。



▲いわゆるボム的な扱いの特殊攻撃。刀ゲージが貯まった状態であれば、いつでも好きなタイミングで発動可能。ダメージによる自動発動だと攻撃バリエーションが変化し、画面を連続でスワイプし続ければ刀で敵を斬りまくって攻撃だ!

 

●こだわり抜かれた破壊の美学

リアル指向の空戦シミュレーターではなく、シューティングが持つ“破壊するおもしろさ”に重点をおいた爽快感こそ本作最大の魅力。3Dシューティングでありながら過剰なほど誇張された破壊演出には、開発者のこだわりを感じずにはいられないハズだ。プレイ序盤こそ固定視点に戸惑ったりしたが、ステージごとのミッションバリエーションも個人的には◎。しかも、攻防一体となるシールドバレットのおかげで、システムさえ理解すれば誰でも爽快感を感じられる作りで万人にオススメしたい。

ただ、アーケードというシビアなプラットホームの2Dシューティングを好む筆者には、難易度の面で物足りなさを感じたのも事実。3Dシューティング特有の見づらさも手伝って、攻撃を“避けるおもしろさ”には乏しい印象だ。どちらかと言えばアクション性が強いゲームなので、アクションシューティング好きなユーザーであれば、ぜひコレクションに加えていただきたい。

▲大型クサビの破壊時に発動する“特攻モード”など、随所にゲームらしい破壊を楽しむための仕掛けが盛り込まれた本作。シビアな弾避けのおもしろさとは別のベクトルを持った作品ではあるが、それだけに誰でも手軽に爽快感を楽しめるぞ!

 

解放少女

メーカー
レベルファイブ
配信日
配信中
価格
600円[税込]
対応機種
iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch(第4世代)、iPod touch(第5世代)、およびiPad に対応。iOS 5.0 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧