1. サイトTOP>
  2. 【MWC2013】“Xperia Tablet Z”グローバルモデルがリリース決定!

【MWC2013】“Xperia Tablet Z”グローバルモデルがリリース決定!

2013-02-26 21:45 投稿

●“Xperia Tablet”新モデルリリース決定

2012年2月26日、ソニーがXperiaブランドのタブレット“Xperia Tablet Z”のWi-Fiモデルのリリースを発表。同機種は先だってNTTドコモからリリースされた端末をベースとして開発されたモデルとなる。“Xperia Tablet Z”は、従来の同社製タブレットとは違い、フルフラットなボディが特徴。そのため、これまでリリースされてきたモデルよりも薄型となっており、それを実現するため、そして更なるユーザビリティを追求するために、さまざまな技術が込められているという。ここでは、“Xperia Tablet Z”グローバルモデルのデータとともに、その込められた技術について紹介していこう。

▲こちらが『Xperia Tablet Z』の外観。薄く、スタイリッシュに仕上がっている。

●さまざまな改良を加えられた新モデル

“Xperia Tablet Z”最大の特徴は、その液晶にある。従来の液晶は、液晶パネルとそれを保護するガラスパネルの間に空気の層があった。そのため外光が、ガラス、空気層、液晶パネルの3点で反射・拡散をするため、これが映り込みやぼやけの原因となっていた。ソニーはこのシステムを改善し、空気層を樹脂で埋めることに成功。これにより、外光の乱反射を抑制。より美しく鮮やかな発色を可能にしているという。樹脂を封じ込めたことで、ガラスと液晶のタッチセンサーに距離が生まれ、タッチ精度が落ちるのではないかという疑念を持つ人もいるだろうが、それをも見越してか、ソニーは液晶に更なる改善を加えている。なんと、同端末に搭載されている液晶は、これまでのものより薄くできているため、従来品よりもタッチ精度が向上しているそうだ。このタッチ精度の差を人間の感覚で感じられるのかどうかは別として、液晶のクオリティが格段に上がった“Xperia Tablet Z”は、一度見て触ってみる価値は十分にあるだろう。

続いての特徴はカメラ機能。これまでもさまざまなシチュエーションに合わせた撮影モードを搭載してきた“Xperia Tablet”のカメラアプリだが、本端末からはそれもさらにバージョンアップ。撮影設定を自動で認識してくれるモードもさらなる改良が加えられ、写真にこだわりたい人も、写真に詳しくない人も満足のいく撮影ができるようになっているとのこと。また、撮影する写真にエフェクトを掛けることも可能だという。

▲NTTドコモ版と同様に防水、防塵仕様。さまざまな使用環境に対応しているようだ。

 

このほかにも、近距離無線通信NFCに対応し、さまざまな外部機器と連携を取ることも可能になっているとのこと。現時点では、まだNFCが利用できる外部機器は少ないが、今後の展開で対応機種は増えていく予定だそうだ。また、内部システムでも新たな動きがみられる。XperiaスマートフォンとBluetoothで接続し、遠隔操作ができるシステム“XperiaLink”の実装や、文字入力アシストシステム“POBox Touch”の実装、スクラップブックアプリの強化版”ノート”の実装など、要所要所で改良が重ねられているようだ。

日本メーカー製タブレットの最上位機種と成り得る“Xperia Tablet Z”グローバルモデルの気になる発売日は、4月13日が予定されている。また、値段は約60.000円が想定されており、カラーバリエーションはそれぞれ同額でブラックとホワイトの2パターンが用意されるとのこと。このタブレット端末が、Androidタブレットの躍進にどれだけの貢献を果たすのかも注目しながら、リリースの日を待とう。

●MWC2013にも出展中

スペイン・バルセロナにて開催中のモバイル端末や技術の見本市、Mobile Wolrd Congress 2013のソニーブースにも、“Xperia Tablet Z”グローバルモデルが展示されていた。ブースには、多くの人が訪れており、世界の反応はまずまずといった印象。実際に実物を見てみると、前機種からスリムかつスタイリッシュに、そしてフルフラットなボディが非常に印象的で、ソニーならではのデザインへのこだわりが見て取れた。インターフェースには、ユーザーの指の動きを予測して先回りする技術が使われており、操作性は非常に良好。使うこと自体を楽しくさせる、タブレットが出始めたときに感じたワクワク感を再び思い出させてくれた。アクセサリー類は従来のタイプに比べると種類が減っているものの、デザイン性のよさから、むしろ何もつけないほうが本体の美しさが際立っていいかもしれない。
▲MWC2013のソニーブースでも“Xperia Tablet Z”を発見!

 

 

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧