1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第139回『緊急寄稿! 大泥棒を捕まえろ!!』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第139回『緊急寄稿! 大泥棒を捕まえろ!!』

2013-02-18 19:08 投稿

【ファミ通Appアプリ配信中】
こっちのほうが見やすいよ!

iPhone版はこちら →Android版はこちら

[関連記事]
※【パズドラ:募集】『パズル&ドラゴンズ』ファンのご意見大募集!
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

●緊急寄稿! 大泥棒を捕まえろ!!

本日限定のスペシャルダンジョン“大泥棒参上!”が配信されている。なんと、挑戦できるクラスが“地獄級”と“超地獄級”しかない鬼の冠婚葬祭のようなダンジョンで(意味不明)、ルーキーは当然ながら、中級クラスの実力を持つ血気盛んな若者ですら、半径20メートル以内に踏み入った瞬間に地獄のオーラにあてられて、気化蒸発してしまうってくらいの恐るべき場所となっている。

ウワサによるとこのダンジョンの最奥には、新モンスター“石川五右衛門”が控えているらしい。すでに「倒した!」、「クリアーできた!」、「五右衛門ゲット!!」との報告が熱血パズドラ部にも届き始めており、中目黒目黒は殿堂(社員食堂)で遅い昼飯を食いながら、このダンジョンについてボソボソと話をしていた。

「なんか、新しい地獄級ダンジョンが来てるらしいですねえ」

あまり興味がなさそうな口調で目黒が言った。“チーズインメンチカツ”というカロリーのカタマリをかじりながら、俺は「うんうん」と頷く。

「うん、そうらしいねえ。……って、そうか! だから俺の友だち連中は、リーダーを幸運の女神・ラクシュミーにしているのが多いんだな」

石川五右衛門は、火属性のモンスターだ。ボスが火属性ってことは、途中に出てくるザコどもも火属性が多いのだろう。“ラクシュミーが多い=水パーティーが有効”と短絡的に結びつけた俺と目黒は、したり顔で頷きながら「なるほどねぇ~!」と声をそろえた。

しかしここで、目黒が声を潜める。

「でも大塚さん、知ってますか? なにやら本日、五右衛門に挑む様子が動画で配信されたらしいですよ……」

俺は眉間にシワを寄せた。

「ああ、らしいな……。……で、一方の熱血パズドラ部は……?」

悲しそうに首を振りながら、目黒が湿った声で言う。

「まだ何も……。大塚さんがゴッドフェスでヘタこいた記事が上がっただけです……」

そこまで言ったところで目黒は言葉を区切り、急に鋭い口調に変えてこんな宣言をしたではないか!

「……こんなことでいいんですか大塚さん! 我々もやってやりましょうよ!! 向こうが動画なら、ウチは文字で五右衛門討伐の模様を実況しようじゃありませんか!!」

目黒の発言に感銘を受けた俺は、涙を流さんばかりの勢いで「応っ!!」と言った。

「やらいでか!!!>< 熱血パズドラ部の力を、いまこそ見せつけてくれようぞっ!!!」

昼飯のトレイを横に除けた俺たちは、超真剣な作戦会議を始めた。いまこそ、人類の叡智を集結するときなのだ。いつにない堅い口調で、目黒が言う。

「まずは……なんでみんながラクシュミーにしているのかを分析しなきゃですね……」

「そっからかよ!!!!!」という声が全国津々浦々から飛んできたような気がしたが、俺たちはかまわず作戦を練り続けた。再び目黒が口を開く。

「なんだかんだで、俺はけっこう水モンスターは充実してますよ。その中から、リーダーはいざってときにふんばってくれるオロチを抜擢しようと思います」

目を見開いて、俺は言った。「いいね! ……でも目黒のオロチ、育ってんの?」。こともなげに、目黒が応える。

「いえ、生まれたばかりの赤ん坊です。でも、オロチってそういうものじゃないですか? ここに、ネプチューン、イズン&イズーナ、氷塊龍プレシオス、ウンディーネを入れます。……ホラ、超強そう!!」

しげしげとパーティーを眺めた上で、疑問に思ったことを目黒に質した。

「……確かに見た目は派手だけど……ウンディーネとかイズイズ、まったく育っていないないように見えるんですが……」

目黒、まったく意に介さず、しれっとした口調でこう言った。

「はい、こいつらも生まれたばかりです。さあいきますよ!!!!」

呆れ果てた俺、ヤケクソ気味につぶやいた。「まあガンバレ。骨は拾ってやる」。

そして--。

「ぐっは!!!!!!! つ、つええ!! こ、こいつら強すぎる!!!  ……熱血パズドラ部第一部隊、壊滅しました!!w」

俺は震えた。確かに目黒のパーティーは中途半端ではあったが、ここまで完膚なきまでにやられるとは思っていなかったのだ。か、勝てるのか俺は……。こいつらに……!!

しかし、どんな窮地に陥ろうとも必ずや光明は見えるものである。息も絶え絶えな目黒が、今際の際にこんなことを言い残したのだ。

「お、大塚さん……。俺の敗因はHPですよ……! いまこそ、我がパズドラ部の“娘”の出番です……。木と水のモンスターのHPを2倍にする、あの娘をリーダーに据えるんです……!!」

俺の頭の上から、「!!!!!!!!!!」とビックリマークが10個ほど飛び出した。な、なるほど……! カノジョはこのダンジョンを攻略するために、我々の元に遣わされたのか!! 俺は、いままさに事切れんとする目黒に力強く宣言した。

「わかった!! いまこそ“覚醒プラン”をリーダーとし、この地獄級を駆け抜けてみせようぞ!! さあプラン!! ジャンヌ・ダルクになるときがきたんだよ!!」

そして作ったパーティーがコレ。

合計HPは、じつに27156!!! どこに出しても恥ずかしくない、超体育会系のメンツが出揃ったのだ!! さあ五右衛門! 首を洗って待ってろよ!!

で--。

画面を覗き込んだ目黒が、「ぷ!www」と吹き出して言った。

「なんか、木属性の敵が3匹もいるんですけどwww なにやってるんですかwww」

 し、知るか。山本さんに聞いてくれ。

俺、若干イヤな予感を覚えながらも怪気炎を上げる。

「こ、こんな連中は蹴散らしてくれるわ!! いけええええ!!!!」

そして。

「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」と目黒。

「か、かすり傷ひとつ負わせられなかった……………」と俺。

どうやら熱血パズドラ部の面々には、地獄級ダンジョンは早かったらしい(苦笑)。

それでも、俺たちの口は減らない。

「……ま、まあ全5階層のダンジョンで1階まで来たってことは、残りたったの4階だよ。クリアーは時間の問題だな」(大塚)

「……いや、1階に入ったところでやられてるじゃないっすか……w まあでも、たったの5階層ですからね。チョロいもんですよ」(目黒)

てなわけで……。

ヤイ、五右衛門!!! 今回は見逃してやるけど、つぎに来たときは御縄を覚悟しとけよ!!! わかったな!!!><

この記事が皆さんの五右衛門攻略に役立ってくれれば、こんなにうれしいことはありません。

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 


■書名:パズル&ドラゴンズ モンスター図鑑
■発売:2012年12月19日
■価格:998円[税込]
■体裁:308ページ

Amazonでの予約はこちら (スマホで見る場合はこちら)

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧