1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第128回『ここに書いてありますヨ……?』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第128回『ここに書いてありますヨ……?』

2013-01-29 16:46 投稿

[関連記事]
※【パズドラ:募集】『パズル&ドラゴンズ』ファンのご意見大募集!
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

●ここに書いてありますヨ……?

昨夜、大量の真っ赤なスズメに「チュンチュンチュンチュンッ!」と顔を啄まれる悪夢を見て、「いててててっ!!」と飛び起きた大塚角満です。実際、ほっぺに刺すような痛みがあったので「なんちゅーリアルな夢だ……。目黒のせいだ……と戦慄したのですが、見ると枕元に飼いネコのアクアがいて、爪を出した前脚を俺の顔に突き刺そうとしているところでした。「今日は冷える。布団に入れろ」ってんで、俺を起こそうとしていたようです(マジ話です)。

▲アクア容疑者

さて。

「どうせ今日は歴龍シリーズ第2弾、“水の歴龍・ボウモア”のことをカッコつけて書くんだろw もうわかってんだよww」

と思っている方が全国に700万人くらいいそうだが(700万ダウンロード、おめでとうございます!)、そうそう思い通りには踊ってあげないのだよ。今日はサラリと、ボウモアとはまったく関係のないことを書く。

話は2日前にさかのぼるのだが、我が身内のH(♀)がついに、『パズドラ』をプレイし始めた。事の発端はタブレット“Kindle Fire HD”を購入したことで、『パズドラ』のKindle版が配信されたのに合わせてダウンロードしたのである。……まあぶっちゃけると、せっかくタブレットを買ったのになめこの栽培ばかりしているのを見て俺がキレて、「なめこもいいけど、『パズドラ』もやりなさい!」と言って導入したんだけどな。

じつは長いこと、彼女は『パズドラ』をプレイすることを躊躇していた。俺が『パズドラ』の連鎖を作って奏でる「ド・レ・ミ・ファ~♪」という音を聞くたびに、「た~ら~ら~ら~ら~ん♪」と意味なく口ずさんではいたが、決して自分のスマホにアプリをダウンロードしようとしなかった。理由はごくごく単純で、「パズルゲームは昔から苦手」というもの。

「『ぷよぷよ』も1連鎖(すでに連鎖じゃない)しかできなくて放り出したの、あんたも知ってるでしょ」

とナゼかドヤ顔で言い、再び「た~ら~ら~ら~ら~ん♪」とつぶやいてお茶を濁していたのだ。

そんな感じだったので俺は内心、(始めたのはいいものの……すぐに投げ出すかもな)と思っていた。実際、チュートリアルを遊びながら「丸い石(ドロップのこと)の動きが、よく理解できない」とブツブツ言っている。これに対して俺は、「うんうん。最初は誰もがそうなんだよ。俺も通った道さ」と言って慰めようとするのだが、Hはまったく納得せず、こう言って食ってかかってきた。

「おかしい! 私の考えと、石の動きが食い違ってる!」

ん?? どういうことだ?? よくわからなかったので解説をお願いすると、Hは↓このように答えた。

「この状態で木ドロップを左側に動かしたら」

木ドロップに押しこくられた(群馬弁)光ドロップ闇ドロップは左側にズレて、光ドロップは枠から飛び出して消えるんじゃないの?」

うは! ナルホド!!w それじゃうまくできねえわけだ!!w 俺は勘違いを正そうと、噛んで含んで解説する。

「ちゃうちゃうw 『パズドラ』は“押す”のではなく、動かすドロップとその方向にあるドロップが“入れ替わる”って考えるんだよ。感覚をつかむまで、ちょっとかかるかもしれんけどね」

俺の説明でナットクしたのかしないのか、Hは難しい顔で「ふーん。そうなんだ」と言ってKindleの画面に目を移し、「しばらくやってみる」とつぶやいてプレイに没頭し始めた。その姿を見て、俺は心の中で(ガンバレヨ)とつぶやき、早々に寝室に引き上げてネコといっしょに就寝したのだった。

そして、翌朝--。

午前7時過ぎに目を覚まして居間に下りていくと、呆然とした様子のHがコタツに足を突っ込んでいた。見ればテーブルの上には『パズドラ』の画面が表示されたKindleがあり、彼女はジッとその表面を見つめている。若干驚いて、俺は尋ねた。

「……どしたの? 『パズドラ』やってたのかい?」

Hは俺の顔を見ることなく、抑揚のない声でつぎのように言った。

「……やり始めたら止まらなくなって、けっきょく3時すぎまでやってしまった……(苦笑)。今朝も6時過ぎに目が覚めて、パーティーをどうしようか考えていたよ……」

うは!! まんまとハマってるじゃねえか!!w ま、こうなると思っていたけどさw

俺がニヤニヤと笑っているのがわかったのだろう。Hはちょっと憤慨したような表情を作りながら「でもやっぱり、パズル部分が苦手かも……」とつぶやき、続けてちょっと看過できないセリフをぶっ放した。

「あのさ、まだ私に攻略記事は必要ないから、そのかわり初心者が読んでも共感できる、モチベーションアップにつながる記事とか本ってないの??」

ピュルルルルルゥゥゥゥゥ~~~…………と居間に吹き抜ける冷たい風……。その風に当たった俺は一瞬にして雪像のように固まりながらも、どうにかギギギギギ……と動いて本棚に手を伸ばした。そして、

「あ、あのコレ……。わりとそういうことが書いてあると思うよ……」

と言って、1冊の本をテーブルの上に置いたのである。

その本とはもちろん、『大塚角満の熱血パズドラ部』。


Hは不思議そうな顔で本を手に取ってから「ああ!w」と言い、「そう言えば、そうだったねw 今度読んでみるよwww」と笑ったのであった。

ドサクサに紛れた宣伝記事……ではなく、つい1日前に我が家であった本当のお話。

それにしても……。

俺もまだまだだなぁ……(苦笑)。

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 


■書名:パズル&ドラゴンズ モンスター図鑑
■発売:2012年12月19日
■価格:998円[税込]
■体裁:308ページ

Amazonでの予約はこちら (スマホで見る場合はこちら)

[関連記事]
※【ファミ通App NO.005】脅威の”+3値”付き! キングゴールドネッキーがパワーアップして蘇る

パズル&ドラゴンズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/パズル
メーカーガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイトhttps://pad.gungho.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧