1. サイトTOP>
  2. Aiming(エイミング)が中国モバイルゲーム大手と提携 韓国市場へ本気姿勢

Aiming(エイミング)が中国モバイルゲーム大手と提携 韓国市場へ本気姿勢

2013-01-11 16:05 投稿

全国書店で絶賛発売中!
本誌オリジナルの限定アイテム盛りだくさん! 『ファミ通App iPhone&Android NO.005』好評発売中!
★Amazonでの購入はこちら!
★ebtenでの購入はこちら!

●モバイル大国韓国に新たなムーブメントを

Aiming(エイミング)が100%出資している子会社Aiming Korea(本社:韓国ソウル市、代表:椎葉 忠志、以下AKR)は、中国モバイルゲーム大手の触控グループ(英語表記:Direchtouch Holdings Limited 本社:中国北京市、代表:CHEN Haozhi、以下Chukong)の100%子会社を引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。これにともない、Aiming Koreaは2012年12月27日に社名を“A-KONG”と変更。提携の目的や、触控グループの詳細に関しては以下リリースより抜粋する。

A-KONG 公式サイト(韓国語)
Aiming 公式サイト

■戦略的提携の目的
韓国はスマートフォン普及率が60%を超え、スマートフォン向けゲーム市場としても世界トップ3に入る規模にあり、さらなる成長が予想されています。この可能性のある市場で成功するためには、多数の良質なモバイルゲームが必要であり、日本と中国でそれぞれ高い実績を誇るAimingとChukongの両社を通じ、モバイルゲームの供給を行いA-KONGを韓国市場のトップパブリッシャーとする事が目的になっております。

本提携により、Aimingは日中韓でのスマートフォンゲームの配信体制を構築することができ、自社のみならず、これからアジア展開を考えている日本国内ゲーム開発企業様のお役に立てる環境が整ったと自負しております。韓国でのゲーム配信をご検討の企業様は、ぜひお気軽にご連絡ください。

■触控グループについて
触控グループは、中国最大モバイルゲーム開発者コミュニティである「CocoaChina」を2008年から運営、そして、全世界の市場占有率25%を占めているモバイルゲームエンジン「Cocos2d-x」を開発し、オープンソースとして公開しているなど、世界的にもスマホゲーム向けサービスを供給するゲーム総合会社としても名が通った企業です。そして、「Cocos2ds-x」で自社開発したゲームである「Fishing Joy(捕|慇署l)」は、全世界で累計インストール数が1.5億を超え、「Angry Birds」の記録を破って中華圏最高の歴史的ゲームとなっております。

また、自社パブリッシングブランドとしての「PunchBox」は、今まで約30社以上のゲームのパブリッシングを手掛けており、代表作としてはDisney社の「Swampy」(スワンピーのお風呂パニック!)やネクソン社の「ダンジョン&ファイター」のモバイルバージョン、そしてコナミ社の「コントラ」などを中華圏市場にサービスしています。

現在、開発者コミュニティ、ゲームエンジン、ゲーム開発及びパブリッシング、広告プラットフォーム事業まで、様々なモバイル関連事業を行っており、アメリカと日本、台湾などに支社を設立するなど急成長している会社であり、2010年11月に法人設立して以来、シリコン・バレー最高の投資会社であるSequoia CapitalとWalt Disney傘下のベンチャーキャピタルであるSteamboat Venturesなどから合計3,300万USDの投資を受けるなど、世界的にも注目されている企業です。

■A-KONG概要
共同代表者:椎葉 忠志(Aiming代表取締役社長)
CHEN Haozhi(Chukong Group CEO)
名称(商号):A-KONG
支店所在地:韓国ソウル市
事業内容 :スマートフォン向けオンラインゲームの韓国国内パブリッシング

▲写真左からジョン・サンヒョン理事、椎葉忠志共同代表、CHEN Haozhi共同代表、ベンジャミン・パク理事

Copyright (C) 2011-2013 Aiming Inc. All Rights Reserved.
(C) 2013 A-KONG Inc. All rights reserved.

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧