1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第110回『お察しください』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第110回『お察しください』

2012-12-17 20:23 投稿

[関連記事]
※【パズドラ:募集】『パズル&ドラゴンズ』ファンのご意見大募集!
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

●お察しください

2週間にわたる徹底した調査の結果、ついにある結論に達したのでご報告いたします。

まずは、こちらの写真をご覧ください。

 プレシィール15匹です。週末に行われた決死の駆け込みダンジョン潜行の、成果のひとつであります。では、もう1枚。

蒼天龍・ニライカナイは、13匹まで増えました。この2種のおかげで、我がモンスターボックスはいまや水属性が最大勢力となっております。単独過半数に達する勢いです。

この土日、「これが最後のチャンスだ!!」とばかりに、蒼海の空・超級に潜り続けておりました。「駆け込みが行われる最後の週末は、特需ということでクラーケンが出やすいに違いない!!」と確信し、ナケナシの魔法石も使ってスタミナ回復しながら、くり返しくり返しこのダンジョンに潜り続けたのです。しかし……。

こんなことになり……。

さらにこうなって……。

その結果がコレで………………。

いったい何度チャレンジしたのか、すでにさっぱりわからなくなっておりますが、たぶんワタクシと中目黒目黒のふたりで100回くらいは、クラーケン探索にくり出したと思われます

しかし、ついに目標には到達できず。

 なんたる虚しさ……。

 なんたる脱力感……。

蒼海の空の終わりを告げる、12月17日午前0時の時報を聞いたときの絶望感は、オゴポゴやら双頭の大蛇やらチュパカブラやらを追い求めた、水曜スペシャル探検隊のそれに匹敵するものがあったんじゃないかと思います。

 で。

このような、必死で決死の捜索劇を行った結果を受けての結論は、ただのひとつしかございません。

 クラーケンは、実在しなかった。

コレに尽きる。

■書名:大塚角満の熱血パズドラ部
■発売:2012年9月20日
■価格:998円[税込]
■体裁:モノクロ272ページ

Amazonでの予約はこちら (スマホで見る場合はこちら)
ebtenでの予約はこちら

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 

パズル&ドラゴンズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/パズル
メーカーガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイトhttps://pad.gungho.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧