1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第79回『進化の秘密(単行本裏話その6)』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第79回『進化の秘密(単行本裏話その6)』

2012-10-10 16:25 投稿

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

●進化の秘密(単行本裏話その6)

最近、『パズドラ』のアップデートに伴う新モンスターやらイベントが目白押しで、若干テンパっている大塚角満です。ゲームの進化に追いつけていないって……これがトシというものなのか!? なんか人生で初めて「俺も歳とったな……」って実感しているわ……。……でもよく考えてみたら、ジョギングに出て最初の50メートルで膝がもげそうなほど痛くなったり、すごく仲のいい人の顔を思い出せなかったり、部下の名前を忘れて「キミ、名前なんだっけ?」と訊くたびに「トシだな」と言っている気もする。いやトシ以前に、後半ふたつは人としてどうかと思うが。

まあいいや(よくないが)。

この間、「書かなきゃ書かなきゃ!」と思いながらも、ほかのネタに押されて触れていない話題がいくつもある。ざっと挙げてみると……。

・“究極進化”についての考察と攻略
・精霊シリーズかわいいよはぁはぁ話
・皇爪機龍レグルスが落ちなかった話
・殲滅機龍ハダルも落ちなかった話
・島龍がいまだ落ちていない話
・新モンスターに“ライダー”シリーズ登場!
・新モンスターに“北欧神”シリーズ登場!
・『ぐんまのやぼう』との電撃コラボ!
・ゴッドフェスに合わせてレアガチャを回したら……!!

原稿に追われに追われ……。まるで借金で首が回らなくなってるみたいだな。

で、今日の俺が何を書くのかというと、上のリストとはまったく関係のない話だったりする。「だったらなんでリストアップなんかしたの!?」と言われても困ります。

最近、我がプラントアーミーズのリーダーは例の“覚醒プラン”で固定されている。見た目のかわいさもさることながら、“木属性と水属性のHP2倍”というリーダースキルの使い勝手がよくて、コネではなく実力でリーダーの座を奪い取ったと言っても決して過言ではない。単行本『熱血パズドラ部』に収録されているマンガを地で行く、プラントアーミーズには欠かせない人材(?)となってくれた。

そんな俺のプランちゃんなのだが、じつは覚醒させるまでにひと悶着あったことはあまり知られていない(当たり前だが)。俺とフレンドになってくれている人はわかると思うが、単行本が発売されてからもしばらくは、ノーマルプランのままだったのだ。

自分の単行本につけてもらうモンスターなので、俺は本の発売前からプランのすべてを知っていた。すべてと言うのは、プロデューサーの山本さんや描いてくれた池屋さんも知らないこと……たとえばプランの本名や出生の秘密、そして今後の成長、活躍に至るまで、世界でただひとり俺のみが把握しているのである。……ナゼかと言うと、すべて俺の妄想だから(笑)。まあそれは、ここではいいんだった。

こんな感じなので当然ながら、プランが覚醒プランに進化するための条件も確認済みだった。必要な素材は、ドラゴンフルーツ2匹と、ダブサファリット、ダブエメリット、ダブミスリットがそれぞれ1匹ずつ。かわいらしい姿に似合わず、これはなかなかにして低くないハードルである。

でも俺は以前から、ナゼか進化用素材に関してだけは引きがよかった。ドラゴンフルーツはつねに3匹以上のストックがあったし、ダブサファリット、ダブエメリットともに友情ガチャで手に入れたはず。ここでは関係ないけど、手に入れることが難しくて有名だったミスリットなんて使っても使っても減らず、いまだ9匹もキープしてある。

問題はダブミスリットだけだったが、なんとこれも、金曜ダンジョン上級を初めてクリアーしたときにタマゴになってくれた(この運を少しでもレアガチャに回したいと切に願う)。俺、スマホを持った手を天に突き上げて、勝利のダンスを踊る。

「これで速攻で、プランを覚醒させられるぞ……!!」

そうわめきながら……。

で。

ついに迎えた『熱血パズドラ部』の発売日。俺は歓喜でもつれる手を必死に制御しながら単行本の袋綴じを破り、プランのコードを入力した。まもなく、時空の彼方から愛しの娘が飛んできたので、姪っ子や甥っ子にするのと同じように「ホレ、食え! これもうまいぞ! ホラホラ食った食った!!」とご飯(モンスターね)を食べさせまくった。おかげですぐに、プランのレベルはマックスに……。

さあいよいよ、プランが覚醒するぞ……!

いままさに“合成開始”のボタンが押され、少女が真の力を開放する……ってところで、PCに常駐させてあるskypeがピョコンと立ち上がった。見れば、中目黒目黒である。

「この大事なときに、何の用だ……?」

ブツブツ言いながらパズドラの手を止め、skypeの画面を見つめる俺。目黒は、こんなことを言ってきた。

「大塚さん、プランちゃんはゲットしましたか?」

俺、とたんに相好を崩して目黒に応じる。

「もちもち!! わかっていたけど、超かわいい~っ>< やっぱりゲーム画面で見ると感動が違うね!!」

skypeの向こうで、目黒が頷いたのがわかった。

「ですねえ! でもパーティーに入れて使おうと思ったら、やっぱり覚醒させたほうがいいですな。……まあ大塚さんは素材がなくて、しばらく無理だと思いますけどwww」

俺、「ふふん!」と鼻で笑った。

「じつはもう、プランを覚醒させる素材は揃っておるのだよ。先週の段階でな」

目黒、skype画面に「!!!!!」とビックリマークを出現させ、若干戸惑いながら言葉を続けた。

「ま、マジっすか!? けっこう面倒な素材が必要だと思ってたのに!! 信じられん!!」

そこで俺は説明した。ほとんどの素材を運よく持っていたこと、そしてダブミスリットも、前週の金曜日に手に入れていたことを……。すると目黒は急に声のトーンを変えて、こんな質問をしてきた。

「……大塚さんがダブミスリットを狩りに行ったのは、プランの進化素材を知っていたからですよね……?」

俺、躊躇なく頷いた。「うん、そだよ」。

聞いた目黒、瞬時に紫の鬼神面のような表情になり(skypeだから顔わからんが)、声の限りに俺を罵倒してきた。

「ききき、きったねえ!!! そんなんダメっすよっ!!! 超職権乱用じゃないっすか!!!! 俺なんてドラフル(ドラゴンフルーツ)もダブミスもいなくて進化させられないのに!!!!」

い、いやおまえも進化素材知ってただろ……。足りないのは自分がわる……。

「そんな抜け駆けを許すわけにはいきません!! カンニングみたいなもんですよ!!」

目黒の怒りは収まらない。続けて、こんなことまで言ってきた。

「編集担当として、作者の横暴を許すわけにはいきません」

な、何を言ってんだコイツ……。いや確かに「ちょっとズルいかな……」とは思っていたけど……。しかしつぎの目黒のセリフには、さすがに耳を疑った。

「よって大塚さんは向こう1週間ほど、プランを進化させてはいけないことにしますwwwww これはペナルティーですwww」

え。

え……。

えええええええええ!!!?? な、なんでそこまでの罰を受けなきゃいけないんだ!!? ささやかな親心を覗かせただけなのに……!

「いいやダメです。今回の行為は、裏金みたいなもんですからね。しっかりと罰を受けてもらいます。その間に俺がプランを覚醒させて、見せてあげますからwww」

こうして俺は、素材が揃っていたにもかかわらず、1週間ほどプランの進化を封じられたのだった。いま覚醒プランをヘビーローテーションで使い続けているのは、このときの反動かもしれない……。

■書名:大塚角満の熱血パズドラ部
■発売:2012年9月20日
■価格:998円[税込]
■体裁:モノクロ272ページ

Amazonでの予約はこちら (スマホで見る場合はこちら)
ebtenでの予約はこちら

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧