1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】昔懐かしいSF感がたまらない横シューティング『ブレイジングスター』

【注目アプリレビュー】昔懐かしいSF感がたまらない横シューティング『ブレイジングスター』

2012-08-07 11:29 投稿

●100メガショックのあの時代に味わったSF感

最近のシューティングゲームのトレンドといえば、可愛い女の子たちが活躍したり、画面中を埋め尽くす弾をドット単位の操作で避けていくモノが多い。どれもやり応えがあっておもしろいシューティングばかりだけど、ちょっと待ってほしい。昔よく見たシューティングゲームは、宇宙や惑星を舞台にしたSFモノが多かったはずだが……。SFテイストながらどこかレトロで懐かしさすら感じる機体、キャラがドット絵で描かれたデザインは、シューティングというジャンルにすんなりと溶け込んでいたように感じたのは筆者だけだろうか? そのひとつが、SNKプレイモアからiPhone、Android向けに配信された『ブレイジングスター』だ。

 

『ブレイジングスター』のここが○
・自機が6種類と豊富
・かなり書きこまれたドット絵が美しい
・ハイスコア狙いのやり込み要素あり
ここが×
・機体操作に難あり
・コンティニュー回数に制限あり
こんな人にオススメ
・昔懐かしいSFの世界観が好き
・横シュー万歳!

本作は、美麗なグラフィックと独自の世界観で人気を博したNEOGEOの名作『ブレイジングスター』のiPhone、Andorid版となる。画面を見れば一目瞭然だが、2Dで展開されるドット絵がどこか懐かしい感じのSF系横スクロールタイプのシューティングゲーム。敵機を倒して出現したパワーアップアイテムを入手するとショットが強力になっていくといった、オーソドックスなシステム面と操作性こそが特徴といっていいだろう。特筆すべき目新しい要素はないものの、難しいシステムや複雑なルールがない分、誰でもすんなりとプレイすることができるはず。

▲ドットで書き込まれたメカのデザインがステキ! これだけギッシリとしたドット絵だと、破壊時の爆発が爽快。書きこまれたグラフィック故に、敵が増えてくると一見ゴチャゴチャしたように感じるが、弾が見やすいのは評価できるところ。

自機の操作は、タップした場所に合わせて自機が動く“オートタッチ”タイプと、バーチャルパットをタップして自機を操作する“バーチャルパット”タイプの2種類。オプションで変更することができるので、自分の好みで設定するといい。従来、弾避けに繊細な操作が必要になるシューティングゲームにはバーチャルパットを推奨したいところだが、本作のバーチャルパットは若干ラグを感じるため、筆者的には“オートタッチ”をオススメする。

ショットは4種類あり、通常のショットとなる“ノーマルショット”、Aボタンを連打することでノーマルショットより威力の高い“ラピットショット”、Aボタン長押しで発射できる高威力の“チャージショット”、チャージショット中にBボタンをタップすることで特殊なショットが発射される“チャージショットブレイク”がある。ほとんどのシューティングゲームで実装されている“ボム”は、本作には実装されていない。チャージショットを使いこなすことが、ステージ攻略のカギとなる。チャージショットは機体ごとに特徴があるので、とりあえず全機体に触れてみるのもアリだ。

 

●世界観にも注目!

本作は、人類と知能を持った兵器との戦いを描いた物語となっている。蒼き惑星レムリアと紅き惑星ムトラスとの長い戦いのなか、兵器開発はエスカレートしていき、知能を持つと同時に自身が兵器である“有機型自動兵器生産工場”が開発されてしまう。この邪悪なる兵器“ヴラウシェラ”によって、次々と惑星の人々や動物が捕えられ生体兵器へと改造されてしまい、やがて地上から“人”という存在が7日経たずに消えてしまう。生体兵器となった人たちは、誰のために、何のために戦っているのかも疑問に感じることもなく、ただひたすら戦い続けていたが、数年後、自我に目覚めた4人の主人公たちにより、歴史が大きく動き出す。4人はそれぞれの目的のために“ヴラウシェラ”の活動を止めるべく、人として立ち向かうことを決心する。しかし、生物兵器たちは、地上に蘇えった“人”という存在を排除するべく主人公たちに襲いかかるといった内容だ。主人公たちを襲っている生物兵器たちは、人類の希望だと解っているはずなのに、兵器と化してしまっているばかりに、無機質に主人公たちを襲っているという設定がなんとも切なすぎますね……。

プレイヤーが選択できるパイロットは6種類。選ぶ機体によってショットのパターンが変化する。初心者用から、点数稼ぎ用、防御主体用など、個性豊かな6 機の機体が選択できる。筆者のオススメは、“WINDINA”(チャオ・リーファ)と、“DINO246”(山崎薫)。WINDINAは初心者用と言われるだけあって、ショットが広範囲に攻撃できるうえ威力に安定感があり使いやすい。とくにチャージショットは、一定時間爆発が起こり敵を巻き込んでいくので重宝する。“DINO246”は防御系で、自機の前方にボイジャーというオプション機が付くのが特徴。このボイジャーは、某横スクロールシューティングゲームにも登場したオプションフォースに似ていて、敵の弾を相殺してくれるため、バリアのような使いかたができる。弾避けが上手くいかないうちは、DINO246で敵の攻撃パターンを覚えて攻略していくようにするといい。

▲“HELLHOUND”パイロット:キャスターマイルド(自称:ブラッドウッド) スピードも装備も標準的な機体。パワーアップすると、ホーミングミサイルも装備される。

 

▲“WINDINA” パイロット:チャオ・リーファ(周麗花) スピードは遅いが広範囲に攻撃できる初心者用の機体。チャージショットは敵に当たると、爆裂して敵を巻き込むのでバリア代わりにもなる。

 

▲“ARYUSTAILM” パイロット:JB(自称:ジャン・ビスマルク) スピードが速く、癖のあるパワーアップが特徴。チャージショットは近距離にしか攻撃できないが、点数稼ぎには持って来いである。

 

▲“PEPLOS” パイロット:創世御名麻雪(きずよみなあさゆき) スピードは最速だが、アイテムを取っても一切パワーアップしない。基本的な攻撃力も低く、マニア向けの特殊な機体である。

 

▲“DINO135” パイロット:山崎直美(やまざきなおみ) 基本的な性能が低く、癖のあるチャージショットを放つ機体。プレイヤーのテクニック次第では、強くも弱くもなる技巧派向けの機体。

 

▲“DINO246” パイロット:山崎薫(やまざきかおる) 姉妹作『パルスター』に登場する機体。パワーアップするとボイジャーが付く上に、ビットのような攻撃をするイオも付き、さらにホーミングミサイルも装備されて無敵となる。

 

●単なる完全移植にあらず!

本作は、通常のアーケードプレイを楽しめる“ARCADE MODE”に加えて、任意のステージを選択して遊べる“MISSION MODE”が搭載されている。MISSION MODEでは、各ステージでのプレイ内容によって実績が設けられているのが特徴。何度でも好きなステージを遊んだり、苦手なステージを練習したりすることができるので、ステージセレクト代わりに使ってもいい。

▲ステージの道中で出現するアルファベットを集めると特別ボーナスが手に入る。全ステージ入手できるか!?

自機が変われば同じステージでも攻略方法が変わったり、ボーナスによるハイスコアを目指すやり込み要素もあったりと、古きよきドット絵のSF横シューティングとしてしっかりと遊ばせてくれる本作だが、ネックとなるのはやはり操作面。スマホでシューティングゲームを遊ぶ上で避けられない問題だが、本作に限って言えば、“オートタッチ”操作が割と優秀で慣れてしまえばある程度思うように自機を動かせられるようになるはず。また、ゲームデザインも評価できる。シューティングとしてのバランスや構成がよくできており、1ステージの長さも丁度よく、敵のバリエーションも豊富で、各ボスに個性があるのが楽しい。これぞ、あの時代に堪能できたSF系シューティングといってもいいだろう。ぜひ一度遊んでみてほしい。(ハイネ鳥居)

ブレイジングスター

メーカー
SNKプレイモア
配信日
配信中
価格
250円[税込]
対応機種
iPhone, iPod touch およびiPad 互換iOS4.0 以降 / Android 2.3 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧