1. サイトTOP>
  2. 【COME to! Com2uS】今年の夏は野球とゾンビで決まり! 『9イニングス』と『ゾンビ・ランナウェイUP』でアツくなれ!

【COME to! Com2uS】今年の夏は野球とゾンビで決まり! 『9イニングス』と『ゾンビ・ランナウェイUP』でアツくなれ!

2012-07-20 22:59 投稿

[関連ページ]
※『COME to! Com2uS』記事バックナンバーはこちら
※Com2uS公式サイトはこちら

今回は、前号でご紹介した実在選手を操作できる本格野球シミュレーション『9イニングス:プロベースボール2013』をより楽しむためのポイントと、キモカワイイゾンビを操作して高得点を目指す、スピード感溢れるアクションゲーム『ゾンビ・ランナウェイUP』の情報をお届け!

●本格野球をスマホで堪能!
9イニングス:ベースボール2013』は、全30チーム、1400人もの実在するメジャーリーガーのカードを収集し、自分だけのドリームチームを作り上げるシミュレーションゲーム。選手のカードはゲーム中のさまざまところで入手できる“ポイント”を使って、手に入れることができます。本作には、“リーグモード”、“親善モード”、“スペシャルモード”、“ホームランモード”の4つのモードを搭載。試合には自動と手動のふたつがあり、自動なら采配を振るう監督気分に浸りながら、手動なら実際に選手を操作して試合を行うことになります。ではまず、各モードの詳細と魅力を紹介していきましょう!

▲ゲームを始める前に、自分が操作する“マイチーム”を選択。チーム選択画面には、ステータスが表示されます。全体の能力が高いチームを選ぶのもいいですが、マイチームは全モードを通して使用するものなので、お気に入りのチームを選ぶとモチベーションもアップ♪ミーハーな筆者は、ダルビッシュ有選手が在籍している“TEXAS”を選択しました!

■リーグモード
2012年度に実際行われたスケジュールで試合が行われ、並み居るライバル球団を倒してシーズン優勝を目指す、本作のメインともいえるモードです。前述した通り、試合は手動か自動、どちらかを選んで行います。自動試合は、選手のパラメーターが結果に反映されるので、監督としてチームの運営を楽しむことができます。手動の場合、実際にプレイヤーが選手を操作して攻守を行うので、操作次第ではパラメーター以上の力を発揮することもできるのです。

▲試合中に特定の条件を満たすと、ポイントや選手カードが手に入ります。なので、筆者はもっぱら手動で試合を行っています。

■親善モード
相手球団を自由に選んで戦うことができます。天候や時間帯、球場などのさまざまな条件を選んで試合を行えるので、リーグモード制覇に向けての練習に最適なモードです。また、プレイヤーはマイチームと異なる球団を選ぶこともできるので、普段敵として戦う相手を実際に操作することで、どんな能力を持っているかの調査にもなるんです。

▲最初の1試合だけ、チームの能力がMAXの状態で戦うことができます。

■スペシャルモード
2011年シーズンのアメリカンオールスターチームなど、特別なチームと戦うことができるモードです。スター選手ばかりが揃っているうえに、レベルは全員MAXの8! こちらもしっかりと選手を育ててから挑まないと、かなりの苦戦を強いられちゃいます。ですが! 勝利した時の快感は最高! 報酬もたっぷり。かなり多くのポイントを得られますよ。ぜひ一度チャレンジしてみましょう!

▲なんだかんだいってもまあ大丈夫だろう……そう思った筆者も早速挑戦。しかし、結果はさんざんなものに……。

■ホームランモード
マイチームの打者をひとり選んで、ホームランを打ちまくり、ハイスコアを狙うモードです。10球ミスをしてしまうと終了となるので、その前にどんどんホームランを打ちましょう! ホームランを打つと、右上の“FEVERゲージ”が少しずつたまっていきます。ゲージが満タンになると、投手が“ゴールデンボール”を投げるようになります。このゴールデンボールは、ホームランを打つと、スコアに一挙1000点が加算されるというもの。普通のボールをホームランにすると100~200点ですから、ゴールデンボールの効果は強力ですよね! つまりこのモードでは、いかにこのゴールデンボールをホームランにできるかがポイントとなります。

▲ミニゲーム的なモードなので、少しの息抜きに最適。……のハズがどっぷりハマってしまい、気づけば小一時間ほど経過していたことも(笑)。

●全モードに共通する戦いのコツを伝授!
本作で大事なのは、試合に勝利すること。そのためには、バッティングと守備の両方をしっかり行わなければいけません。ここでは、その各項目のポイントをお伝えしていきます。

■バッティング
バッティングはコツは、“ジャストタイミングだと思うところよりも少~しだけ遅め”を意識して振ること。クリーンヒットさせて高得点を狙いましょう。

▲ジャストミートすると、特殊な演出が入るので、すぐにわかります。

■守備
投手は、自分の投げる球種と、どこに投げるかを決めることができます。ここでのポイントは、スライダーで“外角低め(バッターから離れた位置の下側)”を狙うこと。そうすると、比較的凡打に打ち取りやすいような気がします。また、投球が打たれた場合、守備の画面に移行します。選手がボールを取るまでは自動で動くので、その後に送球する場所を選びます。ですが、ボールを取るまでを見届けた後に送球先を選択しても間に合わない場合があります。ですので、相手に打たれてボールが飛んでいる間に、送球したい場所をあらかじめタッチしておきましょう。そうすることで円滑に送球を行うことができ、アウトにできる確率がアップします。

▲試合は、攻撃のみ・守備のみを選ぶことができるので、慣れるまでは攻撃のみを選ぶのもいいかもしれませんね。

●効率よく選手をゲットしよう
選手を得るには、試合などで得たポイントを使ってカード引きを行うのがおもな手段です。手に入れた選手は、編成画面でチームの中に入れるようにしましょう。画面右下の“自動編成”を押すと、全体の能力を比べて、よりステータスの高いカードで自動的にチームを組んでくれます。これを行い、余った選手で調合(調合の詳しい解説は前号を参照してください)していくと、効率よく選手を獲得でき、チームを強化することができますよ。

▲選手のみならず、監督やチアリーダーも手に入れたらチーム内で編成することができます。これらのカードの役割はおもに支援。例えば“チーム全体にパワー+1”などの効果をもたらしてくれます。特にチアリーダーが大勢欲しいですよねぇ。可愛い娘が多いので、筆者は支援効果ではなく、完全に好みで選んでいます(笑)。

▲選手にはレアリティがあり、高いほど能力もよくなる傾向にあります。カード引きや調合でレアリティの高いカードを引いたら、選手の強化を行ってさらに強くしましょう。強化時に上昇する能力は、完全にランダム。同じ選手でも、プレイヤーごとに最終的な能力が異なるんです。

●アイテム装備でより有利に!
ゲームを行っていると、試合中にアイテムを得ることがあります。それは監督やチアリーダーと同じく、チーム全体を強化する効果があるんです。このアイテムは、装備することで効果を発揮しますが、その使用回数には制限があります。リーグ最終戦など、ここぞという大事な場面で使うようにしましょう!

▲装備したアイテムは、外すと残り使用回数に関係なく消滅してしまいます。むやみやたらに装備せずに、最後までしっかり使うようにしましょうね。

【9イニングス:プロベースボール2013】
メーカー:Com2uS Inc.
配信日:配信中
価格:無料(アプリ内課金有り)
対応機種:Android 2.2以上
著作権:(c)2012 COM2US


●走れ! 人間の手が届かない、安息の地まで……

かつて地球上で人間に多大な脅威を与えていたゾンビたち。しかし、次第に人間との戦いでその数を減らし、ついには地球上に存在するゾンビは一体だけとなってしまいました。『ゾンビ・ランナウェイUP』は、最後の一体となったゾンビを操作して、生き残るために(死んでるんですけどね……)必死に逃げていくアクションゲーム。操作は簡単、ゾンビは走り続けるので、障害物に当たらないように左右、ジャンプという3つのボタンを押すだけです。ゲームが進むほどゾンビのスピードも速くなるので、しっかり画面に注目して障害物に当たらないように逃げ続けましょう! 今回は、8月にリリース予定の本作について、いち早くお届け!

▲特別な効果を持つアイテムを装着すれば、さらに疾走が楽しく!

●ふたつのモードで遊ぼう
本作には、“アーケード”と“ブリッツ”のふたつのモードを遊ぶことができます。アーケードモードは、とにかく逃げ続けるだけ! 進むごとにポイントが得られるので、どんどん逃げてハイスコアを狙いましょう。ブリッツモードは、制限時間内にどれだけ逃げて、ハイスコアが出せるかを競うモードです。これには少しだけ特殊なルールがあり、アーケードモードだと邪魔な墓石が、ブリッツモードでは破壊すると残りタイムがプラスされるのです。つまり、ブリッツモードのポイントは、どれだけブースターアイテムを取得して、壊し続けるか。ブースターアイテムの出現はランダムなので、見落とさずにしっかり取得するようにしましょう!

▲アルファベットが書かれた看板を通り過ぎると、その文字を取得します。R,A,I,N,B,O,Wの文字をすべて集めるとなにかが起こる!?
【ゾンビ・ランナウェイ】
メーカー:Com2uS Inc.
配信日:8月初旬リリース予定
対応機種:iPhone/iPad

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧