1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第25回『最後のピース』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第25回『最後のピース』

2012-05-28 13:05 投稿

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

●最後のピース

ずっとこのときを待っていた……。

苦節1ヵ月半。

ついに我がプラントアーミーズに、“最後のピース”がハマるときが来たのだぁぁぁぁぁあああ!!

もうおわかりであろう。

……そう!! 本日よりスペシャルダンジョンに木属性の大ドラゴン(?)、“島龍・ユグドラシル”がやってきたのである!! ユグドラシルと言ったらアナタ、北欧神話に出てくる巨大な木、いわゆる“世界樹”ってヤツですよ! その名を冠する木属性のドラゴンとやり合えるのだ。これが興奮せずにいられるものかッッ!!!

「え?w ホントにユグドラシルと戦えるのが楽しみで、そんなに喜んでいるんですか??w」

会社に来て早々、中目黒目黒が疑わしげな眼差しを俺に送ってきた。目黒も今朝がたユグドラシルの存在に気付いてさっそく一戦交えたらしく、俺に「やべえのが出てきましたよ!! しかも超堅い!!」と写真付きのメッセージを送ってきていたのである。じつはそのとき、すでに俺は3回続けてこのダンジョンに潜ってスタミナを使い果たしていたのだが……。俺は若干キョドりながら目黒に返した。

「う、うん。そりゃ興奮もするぜ。だってユグドラシルですよ? こいつがタマゴを落として我がプラントアーミーズに加わってくれたら鬼に金棒」

目黒、ニヤニヤと笑いながら「違いますねw」と言い、確信に満ちた口調でこんなことを言ってきた。

「大塚さんは、ユグドラシルが目当てではないはずです! ……じつはダンジョンの途中にたまに現れる“御三家”のうちの1匹、“ブラッキィ”に目がくらんでいるんでしょう!!www

 !!!!!!!! バババ、バレてたーーーーーーーーーーッ!!! 超図星ッ!!!

そう、じつはこのスペシャルダンジョンには、俺がプラントアーミーズの結成を志したときから「ドラフト1位でぜひ獲りたい!!」と思って止まなかったブラッキィが、フラリと現れるのである。ブラッキィが放つ魅力と比べたら、世界樹だろうが宇宙樹だろうが、俺を誘惑するには役不足と言わざるを得ないのだ。俺、しぶしぶと目黒の言を認めた。

「じ、じつはそうなのだ……。プラントアーミーズ最後のピース、ブラッキィがこのダンジョンに出現するんだよ……。こ、こいつさえ我がパーティーに加わってくれれば……っ!! プ、プラントアーミーが世界を席巻」

興奮してきた。

「ゆ、夢にまで見た“木属性モンスターの攻撃力強化”を持つブラッキィが来てくれたら!! や、やっと胸を張って表通りを歩けるようになるっ!! たたた、頼むからタマゴになってくれ!!!」

こんな調子で、俺は朝イチからスペシャルダンジョンに潜り続けていたのである。

じつはこのスペシャルダンジョン“伝説の島龍”は、先日の“伝説の氷龍”と同じ“復刻ダンジョン”だ。俺はまだプレイを始めてから大して時間が経っていないので前回の配信時は体験できなかったが、ベテランプレイヤーのあいだで島龍・ユグドラシルは“堅い”ことで有名らしい。実際、運営から届いたお知らせにも「鉄壁の防御力を崩せるか!?」と、警告にも似た文言が記載されている。キチンと対策を練って臨まないと、歯が立たない相手のようなのである。

そんなユグドラシルを、なんと俺は3回も撃破することができた。……いやもちろん中級だけど(笑)。なぜ「ショボい」、「使えない」と呆れられる我が軍勢が対抗することができたのだろうか?

じつは何を隠そう3週間ほど前、昔からの飲み友だち&ゲーム友だちのパズドラーから、こんなメールをもらっていたのだ。

「大塚さん、氷龍のつぎは島龍が来ますよ! ……多くは言いませんけど、防御を崩すスキルを持ったモンスターを育てることを、絶対的にオススメします!!」

単純な俺は、彼の言うことを頭から信じた。そしてその日から、アーマーブレイク→ガードブレイクというスキルを持つ光属性の“マシンゴーレム”を密かに育て始める(その後、マシンゴーレムMk-IIに進化)。なので氷龍が終わったあと、スペシャルダンジョンに“炎の天空龍”が現れたときには大人げなく激怒して「ちょ!!!!! 島じゃなくて火が来たぞ!!! どうしてくれる!!!! ムキーーーッ!!!」とヒステリーを起こしたりもしたが、いまこうして島龍が来てくれたのですべてを水に流そうと思います(何言ってんだ)。

そして俺は、マシンゴーレムを育てるのと並行して、火属性の“爆炎龍ティラノス”の育成も始めた。プラントアーミーズの天敵だと思ってずっとほったらかしにしていたモンスターだけど、木属性ダンジョンに挑むときに、これほど頼りになるヤツもあまりいない。俺は「今回だけ、お前の力を貸してくれ」と爆炎龍ティラノスに語りかけ、せっせとモンスターを喰わせて育てたのであった。

そう、俺はこの日のために、用意周到準備を整えてきたのである。ブラッキィを我がプラントアーミーズに迎え入れるために、すべてのリソースをここに振り向けてきたのだ……!!

 さあおいで、ブラッキィよ。

この世の誰よりもキミの存在を必要とするものが、ここにいるんだよ!

飛び込んでおいでこの胸に! そしてプラントアーミーズの若きリーダーとなり、今後の快進撃を支えてくれたまえええええ!!!

……しかし、そう簡単にタマゴは落ちてくれない。スタミナを使い果たすまで潜り続けても、タマゴになるのはホブゴブリンくらいで屁の役にも立たない。

まあでも、そんなことは織り込み済みなのだ。欲しいモンスターのタマゴが簡単に落ちてしまったら、逆に脱力して今後のパズドラ生活に支障をきたすかもしれない。粘り強く、潜り続けよう。ドリームス・カム・トゥルー。醒めない夢は終わらない。

急きょドリカムの歌を口ずさみながらシツコくダンジョンに潜っていると、目黒から写真付きのメッセージが送られてきた。開けてみると……。

「落っこちやがりました。いらないのに……(´~`;)」

頼むからちんでくれ。

 

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧