1. サイトTOP>
  2. 【TGS2013】『シュタゲ』とのコラボも発表 『ディバインゲート』の詳細がついにお披露目

【TGS2013】『シュタゲ』とのコラボも発表 『ディバインゲート』の詳細がついにお披露目

2013-09-21 19:30 投稿

スタイリッシュなデザインが光る!

TGS2013のガンホ―ブースにて、スマートフォン向けパネルRPG『ディバインゲート』の新作発表会が執り行なわれた。

これまで、本作の四次元広報である”ミスター☆ディバイン”のツイートによって、ゲーム内に登場するキャラクターイラストが公開されるなどはあったものの、本作のゲームシステムに関しては、パネルRPGというジャンル以外すべてが謎に包まれていた。今回の発表会では、謎の多い『ディバイゲート』の詳細情報がついに解禁された。

発表会がはじまると、ガンホ―・オンライン・エンターテイメント代表取締役社長CEO森下一喜氏と、アクワイア DIVINE GATEディレクター高野康太氏が登壇。両氏によって、『ディバインゲート』の発表がされた。

▲森下一喜社長(写真左)と高野康太氏(写真右)。

まずはじめに、『ディバインゲート』のゲームを紹介するプロモーションムービーを上映。これまで発表されてきたイラストと相まって、スタイリッシュなゲームデザインになっている様子が垣間見れた。

ガンホ―とグループ会社であるアクワイアが共同でゲーム制作に臨むのは、『ディバインゲート』が初の試み。構想から1年近くの時を経て、満を持してのリリースとなる。PVムービーの上映後は、両氏によってゲームシステムの説明がされた。

キーワード1:Open the Gate

『ディバインゲート』は、アクワイアが元々得意としてきた”ダンジョンRPG”を異なるカタチで表現した作品になっているとのこと。ゲームの基本は、5×5マスのダンジョン内のパネルをめくりながら、ダンジョン内に隠された”鍵”を見つけ出す。そして、その鍵を手に入れてダンジョンの最奥部にある扉を開けばクリア―になる。パネルには星マークが描かれており、それらは”期待値”を指すという。赤色だと敵が潜んでいる可能性が高く、黄色だとゲーム内通貨のコインやアイテムが隠れている可能性が高いのだとか。

▲プレイヤーの分身である、チェスの駒に似たユニットを動かしてダンジョン内の探索を行う。パネルを一枚めくるごとにSPを消費し、SPがなくなるとHPが徐々に減少していく。

キーワード2:Speedy Battle

ダンジョン内のパネルには敵が隠れており、エンカウントするとバトルがスタート。下段にランダムで出現するパネルを5秒間で上段の場に揃えられるだけ揃えて攻撃を行う。場には最大5枚のパネルを配置することができ、キャラクターによって攻撃に必要なパネルの枚数が異なるようだ。森下社長は「トランプでいうところのスピードに近い感覚と役づくりの要素が、スピーディーな爽快感を生み出している」と、バトルの魅力を述べた。

▲高野氏の提案でファイブカウントの音声を入れたところ、「めちゃくちゃかっこよくなった!」と森下氏。

キーワード3:Resonant Evolve

現在リリースされている多くのスマートフォンゲームでは、素材を集めてキャラクターを進化させる仕組みがひとつのスタンダートとなっているが、本作では素材を集めた上で“進化クエスト”と呼ばれるクエストに挑戦し、それをクリア―することで進化が可能になるという新しい試みが実装されている。一風変わった進化システムだが、森下社長は「進化そのものをひとつのクエストにすることで、ユーザーの皆さんにはそのハードルを越える楽しみを味わってもらいたい」と述べた。”友達との協力が進化への道を切り開く!”とあるように、進化クエストに挑む際に、フレンドとの協力が不可欠になってくることだろう。

キーワード4:Stylish Characters

リリース時点からスタイリッシュなキャラクターが200種類以上も用意されているとのこと。「僕の好きなキャラクターがいるんだけど、ここには出てないなぁ」と森下氏。氏のお気に入りキャラクターは、残念ながら今回はお披露目にはならなかった。

▲「『ディバインゲート』が新時代の扉を開きます!」と、本作への自信を見せた高野氏。

本邦初公開! デモプレイで垣間見えたスピーディーバトルの真相

説明がひととおり終了すると、デモプレイの実演がされた。デモプレイの模様がこちら。

ミスター☆ディバイン 幕張の地に立つ

デモプレイが終了すると、突如会場内に伝説のプロレスラー“ミル・マスカラス”の入場曲としておなじみの『スカイ・ハイ』が流れ始める。ま、まさか……あの、あの男が登場するというのか!? 会場内に漂う緊張を切り裂くように、三人組の覆面集団がさっそうと登場。そう、『ディバインゲート』の四次元公式広報ミスター☆ディバインが、ミスター☆ディバイン軍団を引き連れて幕張の地に降り立ったのだ!!!

▲「私が、『ディバインゲート』の公式広報マンです!」と高らかに雄たけびを上げた。

観覧者の度肝を抜く登場を見せたミスター☆ディバイン。会場内をカオスで包み込んだ登場から一転、いち広報マンとしての仕事をまっとうすべく、“真面目に”『ディバインゲート』の最新情報の発表を行った。

▲Twitterアカウントの宣伝もちゃっかり行うミスター☆ディバイン。10万フォロワーに達するとスペシャルなことが起きるのだとか。(※写真は9月21日のもの)
▲『ディバインゲート』でゲーム内ボイスとPVのナレーションを担当する、声優のゆかなさんからのビデオレターも届いていた。

 

新情報その1 『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』コラボ決定

Xbox360向けアドベンチャーゲームとして発売されてからというもの、その作り込まれたストーリーが話題となり、2011年に放送されたテレビアニメも爆発的ヒットを呼んだ『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』とのコラボが決定。オカリンや紅莉栖などのおなじみのキャラクターたちが、『ディバインゲート』登場する。さらに各キャラクターは、それぞれ進化も可能で、進化後は『ディバインズゲート』風の衣装を身にまとうとのこと。

▲「ゲート繋がりか(笑)」、「『ディバインゲート』も”ディバイン(ズ)ゲート”って言われるんですよね(笑)」と森下氏と高野氏はそれぞれコメント。(※写真は9月21日のもの)
 
▲「大課長に怒られても倍返しだ!」というスタンスのミスター☆ディバインは、Twitter上でシュタゲコラボのイラストを続々と公開している。

さらに配信前の状態でありながら、このほかにも数千万部規模の現在連載中の某ファンタジーマンガとのコラボも決定している。どうやらそのファンタジーマンガの超人気作家が、『ディバインゲート』のために描き下ろしイラストを用意しているのだとか。

新情報その2 Android先行で9月30日より配信開始

これまで明かされていなかった配信日が9月30日に決定。Android先行でのリリースとなり、iPhone版のリリースについては追って情報が公開されるとのこと。ミスター☆ディバインの公式Twitterにて最速公開がされるとのことなので忘れずにフォローしておこう。

▲iPhone版の配信日発表について森下社長から催促されると、謎のパフォーマンスを披露したミスター☆ディバイン軍団。その完成度の低いパフォーマンスが、彼らの好感度をさらに高めたことだろう。
▲21日にはまた異なるパフォーマンスを披露。マイクの位置が若干気になるところだが、彼の引き出しの多さに毎回驚かされる(棒読み)。

じゃんけん大会で豪華グッズが手に入る!

9月21、22日の一般デー限定で、発表会の最後にじゃんけん大会が開催される。じゃんけん大会でミスター☆ディバインにじゃんけんで勝つと、『ディバインゲート』のマスコットキャラクター“めたぼん”のスマートフォンケースと、世界で一枚しかない(と言いつつ、プレゼントしている枚数を観ると複数枚確認できている)“ミスター☆ディバインTシャツ”を手に入れることができる。明日(22日)も開催されるので、ぜひ参加してもらいたい。

 
▲後ろのミスター☆ディバイン軍団のメンバーが着用しているのが、ミスター☆ディバインTシャツだ。
 
▲勝者には最大の賛辞を贈る。それが漢(おとこ)のマナー。
 
▲発表会のラストでは内紛が勃発。軍団長であるはずのミスター☆ディバインが団員にボコボコにされる結果となった。「明日は負けない」と言い残して、ミスター☆ディバインは会場を後にするのであった。

さらに、9月19日の発表会直後にファミ通Appでは、ミスター☆ディバインへの特別インタビューを敢行。編集部員が「ミスター☆ディバインに会いたいから」という理由だけで実施されたそのインタビューでは、『ディバインゲート』の内容については”ほぼ触れない”という前代未聞のインタビュー内容になっている。謎に包まれたミスター☆ディバインの”核心に迫るインタビュー”は、後日公開するのでお楽しみに!

この記事のカテゴリー

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧