1. サイトTOP>
  2. 平野綾への独占インタビューも 『アヴァロンの騎士』CM撮影現場潜入レポート

平野綾への独占インタビューも 『アヴァロンの騎士』CM撮影現場潜入レポート

2013-02-23 00:00 投稿

●現在放映中のテレビCM、その撮影現場の様子をお届け!

2013年2月22日に発表された通り、CROOZがMobageで配信中のソーシャルゲーム『アヴァロンの騎士』のテレビCMが放映されることになった。CMに関する詳細については、既報の記事をチェックしていただくとして……じつは先日、ファミ通App編集部員が、この『アヴァロンの騎士』のテレビCM撮影現場に潜入することに成功していたのだ。と言うことで、本記事ではCM撮影当日の現場での収録風景をお届けするとともに、『アヴァロンの騎士』のテレビCMに登場している平野綾さんへのインタビューも掲載。『アヴァロンの騎士』ユーザーはもちろん、平野綾さんのファンも注目してほしい。

まずは、撮影現場の様子から。収録が行われたのは、2013年1月下旬の都内某スタジオ。今回のテレビCMだが、『あしたのジョー』や『ピンポン』などを手掛けた曽利文彦氏が監督、『ファイナルファンタジーXIII』や『サガ・フロンティア2』の楽曲を手掛けた浜渦正志氏が作曲、そして平野綾さんがアーサー王役として出演するという、豪華な布陣によって制作される意欲的なCMとなっているのだ。そしてCMがCGをフルに活かした内容になっていることから、ドラマや映画のように実物のセットではなく、CG撮影用のグリーンバックを配置。そんな一面緑が広がるスタジオ内では、撮影現場のスタッフたちが、テキパキと撮影の準備に臨んでいた。

さて、編集部員が撮影現場に到着すると、平野綾さん扮するアーサー王が、城の上から城下を見つめるというシーンを撮影中。城の上ということで、平野綾さんが高さのある台に上がり、勇ましい表情で城の下に視線を送っていた。実際、現場でその様子を見ただけでは、グリーンバックなのでイメージが湧かないが、CMでこのシーンを見たときに、きっと「あぁ、ここか!」と感動するに違いない。このシーンがCMで放映されるのが、いまから楽しみである。

●勇ましくも美しいアーサー王を演じた平野綾にCM撮影の感想を聞いた!

撮影現場で、CM収録の様子を取材した編集部員だったが、せっかくの機会なので、本CMに出演している平野綾さんに直撃インタビューを敢行。撮影中で忙しいのは重々承知ながら、平野綾さんにその合間を縫ってもらい、お話を伺った。

▲平野綾……1987年10月8日愛知県生まれ。身長157センチ、O型。声優、歌手、女優などで活躍中。主な代表作は、『涼宮ハルヒの憂鬱』(涼宮ハルヒ役)、『DEATH NOTE』(弥海砂役)、『NANA』(芹澤レイラ役)など。

――今回は『アヴァロンの騎士』というソーシャルゲームのCMになりますが、ふだんソーシャルゲームで遊ばれることはあるんですか?

平野綾(以下、平野) ふだんはあまり遊ばないのです。ただ、最近Mobageのゲームで声で起用されることが増えて、慣じみができました! MobageのテレビCMを観ない日はないくらい流行っていますし、気になっていたんです。私自身、すごくゲーム音痴なんですけど、これを機会にソーシャルゲームで遊んでみようかなと思います。

――ソーシャルゲームは老若男女問わず、気軽に遊べる作品が多いので、ぜひ遊んでみてほしいですね。

平野 そうですよね。私の中では、女性の方もたくさんプレイされているイメージが強いので、今度やってみようと思います。

――平野さんはCMの中でアーサー王を演じられていますが、印象的な衣装ですよね。

平野 いままで映画やドラマで、これだけ作り込まれた衣装を着たことがなかったので、実際に着てみて感動しました。ふだん、コスプレはやらないので、テンションも上がりました(笑)。

――ふだん、アニメキャラクターに声をあてている平野さんですが、今回のCMではご自身がそのままアニメのキャラクターのようですね。撮影ではどんなところを意識して臨まれましたか?

平野 声の質はもちろん、体全体でアーサー王を演じるように意識しました。

――平野さんが演じられたアーサー王について、どのような印象を持たれましたか?

平野 すごいボスの役だとお聞きしていて、CMではボスvsボスの戦いもあるんです。私は、良いほうのボスだと聞いたので、
悪いボスに倒されないようにがんばります(笑)。

――CM撮影の感想はいかがでしたでしょうか?

平野 今回のCMは、CGを取り入れているので現場のセットはすべてグリーンバックなんです。だから私自身、出来上がりが本当に楽しみです。それから曽利監督には、以前別の作品でお世話になっていまして、4~5年ぶりにまたご一緒させていただきました。前作もCGがものすごかったので、『アヴァロンの騎士』のCMにもかなり期待しております。

――CGの撮影ですと、セットがグリーンバックだったりと、演じづらさのようなものは感じないのでしょうか?

平野 いままでもバラエティー番組などで、CGを使った撮影はあったんですけど、ここまでの設定が細かい撮影は初めてでしたので戸惑いつつも、視線をおくる場所などを注意しながら演じさせていただきました。

――これからもソーシャルゲーム系のCMのお仕事が増えるかもしれませんが、また挑戦してみたい気持ちは?

平野 もちろんです。とくにソーシャルゲームのCMは、シリーズもので続いていく印象があるので、また新しいシリーズになるときもチャレンジしたいです。

――ありがとうございます。では、最後にファンの皆さんへメッセージをお願いします。

平野 ソーシャルゲームが好きな方がご覧になったら、かなりテンションが上がるCMになっていると思いますので、その世界観のままで、ゲームをプレイしていただければうれしいです。

【アヴァロンの騎士】
プラットフォーム:Mobage
メーカー:CROOZ
アクセス:※アクセスはこちら
プレイ料金:アイテム課金制

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧