1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 木村昴・浅沼晋太郎・速水奨・白井悠介ら出演のラップバトル『ヒプノシスマイク』ステージリポート【AGF2017】

木村昴・浅沼晋太郎・速水奨・白井悠介ら出演のラップバトル『ヒプノシスマイク』ステージリポート【AGF2017】

2017-11-04 20:36 投稿

ファミ通App for girlsのTwitterやってます!
女性向けコンテンツ最新情報をチェック!
@girlsApp_m

UZIやオリラジの藤森が……!?

2017年11月4日、“アニメイトガールズフェスティバル2017”の2日目に開催されたイベント『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』1st LIVE@イケブクロ。

会場の池袋サンシャインシティ・噴水広場を熱狂させた、アツいイベントの模様をお届けします。

【随時更新】AGF2017ブース&ステージリポートまとめ記事へ戻る

 s20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_ALL2

『ヒプノシスマイク』は、男性声優12人によるラップソングプロジェクト。

イケブクロ、ヨコハマ、シブヤ、シンジュクの4つのディビジョンに属するキャラクターたちがラップバトルをくり広げるというもので、すでにCD第1弾イケブクロ・ディビジョン『Buster Bros!!!』が発売中です。

hm_ikebukuro_cdpkg_inray_nuyko_ol

今回のイベントでは、各ディビジョンからこちらのキャストが出演されました。

【イケブクロ・ディビジョン Buster Bros!!!】
木村 昴(山田 一郎役)/石谷 春貴(山田 二郎役)/天﨑 滉平(山田 三郎役)

【ヨコハマ・ディビジョン Mad Trigger Crew】
浅沼 晋太郎(碧棺 左馬刻役)

【シンジュク・ディビジョン 麻天狼】
速水 奨(神宮寺 寂雷役)

【シブヤ・ディビジョン Fling Posse】
白井 悠介(飴村 乱数役)

UZIのサプライズメッセージ

噴水広場は、開演前から熱気がムンムン。

というのも、大型ビジョンにてYoutubeで公開中のオールスター楽曲『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』のPVが流れていましたが、ホスト・伊弉冉一二三のパートになると、観客から「シャンパンタワー」のコールが湧き上がりました。タイミングも完璧。

そんな中、ビジョンにラッパーUZIさんのメッセージ動画が流れ、会場は騒然。

「伝説の幕開けを見逃すな」、そして「Division Rap Battle 1st LIVE、かませー!」の声とともに、ステージ上のDJブースから曲が流れると……。

キャストたちが『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』を歌いながら登場します。

s20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_ALL

こちらの楽曲は、キャラクターの自己紹介とも言えるパートで構成されており、キャストがひとりひとりラップを披露していきます。

しかし、ここで木村 昴さんにハプニングが!

歌詞が飛んでしまい「アー!」と叫ぶ木村さんでしたが、そのリアクションが楽しくて、ますます会場は盛り上がっていました。

曲の後のMCでは、「会場に美女が揃っていてリリック(歌詞)飛びました」とお茶目な一面を覗かせていました。

そんな木村さんはすでに汗びっしょりで、浅沼晋太郎さんがハンカチを貸すという心和む場面も。

20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_kimura2

今回の司会は木村さんが担当。キャストの皆さんに、これまでラップをしたことがあるかを尋ねると、間髪入れずに名乗りを上げたのは速水 奨さん。

「ご飯を炊いて……」とキッチンラップのボケをかまし、会場は笑いの渦に。ちなみに、速水さんはクレラップ派だそうです。

白井悠介さんは、カラオケでもラップの曲を歌うこともあるそう。

木村さんは小学生くらいのときからラップファンだそうで、やっと時代が来たと喜びもひとしおの様子。

浅沼 晋太郎さんからのリクエストで、ラップのメジャーなハンドサイン“ウェッサーイ(WEST SIDE)”、“イーサイ(EAST SIDE)”を観客にレクチャーしてくれました。

s20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_ALL4
 20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_ishiya

美声で世界観を知る“初めてのヒプノシスマイク”

ここで、速水さんが本作の世界観を朗読。

途中、アドリブで語りかけるなど、観客を引き込んでいました。世界観は公式サイトをチェック。

 20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_hayami2

続いて、それぞれのディビジョンリーダーがキャラクターを紹介。

イケブクロ・ディビジョンは、山田家の3兄弟。

石谷 春貴さんによると、収録ではドラマパートでの掛け合いで兄弟感が生まれ、いまではすっかり息が合うようになったとのこと。

ここで、3兄弟が揃ってポーズを決めて仲のよさをアピールしますが、浅沼さんからツッコミが入ります。

好きなラーメンの味を問われ、3兄弟が「せーの」で言うと、見事にバラバラ(笑)。けっきょく、長兄・木村さんがイケブクロは味噌だとまとめました。

20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_ikebukuro

そして、浅沼さんがヨコハマ・ディビジョンをアブナイ奴らと紹介。収録もたいへんだったそう。

シンジュク・ディビジョンの紹介では、キャラクターイラストとキャストのアーティスト写真が映し出されると、速水さんみずから神宮寺 寂雷とポーズが同じことを指摘。僕が先だから、と念を押されていました。

また、メンバーの伊弉冉一二三はホストのコスチュームを着ていないときは、ものすごく気弱という設定も明かされました。

これには会場もビックリで、皆さん、興味がさらに湧いた様子。キャスト陣は“移りディビジョン”を危惧されていました。

しかし、そんなシンジュクのメンバーは三者三様のバラバラだそう。これからの展開に期待したいところですね。

 20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_shirai

シブヤ・ディビジョンの紹介は、白井さんから。

担当する飴村 乱数のごとくポーズを取りながらの紹介に、客席からは歓声が上がりました。

s20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_ALL3

おつぎは、キャストによるドラマパート。

イケブクロ・ディビジョンの弟たちのケンカに始まり、ディビジョンリーダーたちが来訪するという展開に。

20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_amasaki2
20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_ishiya2
 20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_kimura

一郎の頼もしさや弟たちが兄を慕うさま、リーダーたちとの関係性が印象的でした。

ドラマ中には、対マンのラップバトルが盛り込まれており、キャストの技が光ります。

20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_shirai3
 20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_hayami3
20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_asanuma

ドラマの流れから、イケブクロ・ディビジョンのライブへ突入。3兄弟のソロ曲が披露されました。

まずは石谷さんによる『センセンフコク』。兄弟たちも、観客も「Buster!!!」のコールをしながらハンズアップで盛り上がります。

じつは石谷さん、これが初ライブということでしたが、硬さなども感じさせない堂々とした歌唱でした。

20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_ishiya3

その後は、天﨑 滉平さんの『New star』で、柔らかなムードに。お兄ちゃんたちは背後で飛行機のようにフワフワと踊り続けていました。

途中、木村さんのパントマイムが入ったりと楽しいワンシーンも。後奏は3兄弟みんなでバレリーナのようにダンス。

s20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_amasaki

最後は、木村さんの『俺が一郎』。

圧倒的なテクニックと熱いフローで会場はヒートアップ。観客も一郎のハンドサイン、人差し指で応えます。

そんな興奮冷めやらぬ中、CDの発売情報や公開生放送、CDリリースイベントの情報が公開されました。詳細はコチラ

さらに、楽曲制作を担当したクリエイター陣が聴きどころを語るメッセージ動画が届きました。

碧棺左馬刻の楽曲を担当されたサイプレス上野さん、入間銃兎の曲を手掛けられたHOME MADE 家族のKUROさん、おふたりともに「ラップの楽しみかたは自由、ぜひチャレンジして、好きになってもらえたら」というメッセージを投げかけられていたのが印象的でした。

サイプレス上野とロベルト吉野_アー写_web
▲サイプレス上野さん(写真右)。
 KURO_HOMEMADE家族
▲HOME MADE 家族のKUROさん。

また、オープニングにも登場したUZIさんからもコメントが。

前のお二方と同じく、キャストの声のよさを挙げていたり、横浜の世界観を盛り込めたことなどが語られました。

最後は冒頭の歌詞をラップして「うぇいよ~!」でシメ。

UZI
▲UZIさん。

さらに、オリエンタルラジオの藤森さんからもメッセージが届きました。

伊弉冉一二三の『シャンパンゴールド』の作詞を担当されており、ノリを重視され、とてもチャラく仕上がっているとのこと。

 藤森慎吾
▲オリエンタルラジオ・藤森慎吾さん。

会場では、ヨコハマ・ディビジョンのトレーラーも公開。クリエイター陣が語っていたとおり、カッコイイ楽曲に仕上がっていました。

最後はやっぱりこの曲! 『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』

エンディングでは、キャスト陣からの作品やラップへの熱い想いがこもったコメントが語られました。

20171104_LIVE_KNTKMI_ヒプノシスマイク_amasaki3

ラストは、再び『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』の楽曲でフィナーレ。会場が一体となった、すばらしいひとときとなりました。

photo by 粂井健太

【随時更新】AGF2017ブース&ステージリポートまとめ記事へ戻る

ファミ通App for girlsのTwitterやってます!
女性向けコンテンツ最新情報をチェック!
@girlsApp_m

ban

↑A3!、あんスタ、刀剣、おそ松さんなど
女子向けコーナー展開中!

ピックアップ

ニュースの最新記事
ニュースのニュース一覧
アクセスランキング

過去24時間のPV数が高い記事

今週話題の記事

ツイート数が多い記事