バンドやろうぜ!特集

バンドやろうぜ!記事まとめ【写真100枚】『バンやろ!』ドリームマッチ デュエル・ギグ 3・17@赤坂BLITZ BLAST vs. OSIRIS ライブリポート:後編

バンドやろうぜ!記事まとめの攻略記事

【写真100枚】『バンやろ!』ドリームマッチ デュエル・ギグ 3・17@赤坂BLITZ BLAST vs. OSIRIS ライブリポート:後編

2017-05-13 17:05 更新

リポート後編はOSIRISの出番から!

048

2017年3月17日に都内のライブハウス“赤坂BLITZ”にて開催された、リズムアプリゲーム『バンドやろうぜ!』に登場するふたつのバンド、BLAST(ブレイスト)とOSIRIS(オシリス)によるデュエルギグ。

リポート後編は、中盤でOSIRISが再登場したところからお伝えします。

▼リポート前編はこちら
ドリームマッチ デュエル・ギグ 3・17@赤坂BLITZ BLAST vs. OSIRIS ライブリポート:前編

盛り上がりは最高潮へ

嵐のような雷鳴の音と光とともに、再登場したOSIRIS。

BLASTのミドルテンポのナンバーでしっとりしていたステージを、一気にダークな雰囲気に塗り替えます。

京「さぁ、宴のときだ……踊り狂え!」

049

京の言葉から始まったのは“Bloody Masquerade”

ハードなナンバーに、観客もヒートアップ。ギターソロでは「頭振れー!」と、ヘッドバンギングを煽ります。

続いて、“Way of Light”“Silent Crisis”と、OSIRISのなかでは明るめの曲を披露したところで、BLASTがステージに戻ってきました。

大和「うぉーーーーっ! OSIRISすげーな!」

京「BLASTこそ」

大和「そっか? ありがと! ……水飲んでいい?」

京「今出てきたばかりだろ……」(客:笑)

……と、再登場するなり、マイペースな大和です(笑)。

大和「えーと、なにしゃべろうと思ってたんだっけ(笑)。なんか俺、しゃべろうと思っていま出てきたんだよ……なんだっけ」

京「本当に忘れたんだな(苦笑)……たしか、つい最近までやっていたような……」

MCの内容を忘れた大和に、京が助け舟を出します。

大和「あーーー! 思い出した! 最近、ホワイトデーっていうのがあったんだけど」

京「(しみじみと)あったね……」(客:笑)

大和「あったよね! でね、『バンドやろうぜ!』ってゲームでイベントがあったの! やってくれた人?」(客:はーい)

……という流れで、ホワイトデーイベントの特別楽曲へ。

まずはBLASTのターンで“Lullaby”

観客もイントロから「ハイ! ハイ!」と声をあげ、今日がライブ初披露とは思えない盛り上がりです。

続いて、OSIRISの“Heavenly Breeze”

心が洗われるような京の歌声に、大和は最初、立ったまま体を左右に揺らしていたのですが、途中からはステージ前方前に置かれた機材に腰掛けて、ゆらゆら揺れながら完全に聴き入っていました。

そして、大サビの高音を大迫力の地声で歌う箇所では、大和が口をあんぐり開けて「すげぇ……」と京を見つめる場面も歌声に感動しつつも、なんだかほっこりしちゃいました(笑)。

050

バラードの余韻も束の間、ふたりのボーカルが観客を煽ります。

大和「赤坂! 俺ら、つぎで最後の曲だ!」

京「まだ体力あり余ってる? 行けるか、赤坂!」

大和「最後、俺ら1曲ずつやる。先にBLASTの番だ。お前ら、今日ここに楽しみに来てるんだろ? 最高だって言いに来たんだろ? じゃあここでみんなで、最後に「最高だ」って叫んで帰ろうぜ! 歌ってくれ、Shout for life!」

BLASTのラストは学園祭イベントの特別楽曲“Shout for life”

大和がサビの「All right」の部分でマイクを向けると、観客が大きな声でそれに応えます。

大盛り上がりで曲が終わると……

京「俺たちOSIRISの最後の曲だ、ついてこい!」

すぐにOSIRISのターンへ……曲は同じく学園祭イベントの特別楽曲“Desire”

京の声に応えるように、会場が大きく揺れます。

盛り上がりが最高潮になったところで本編終了。楽しすぎて、あっという間でした!

アンコールではカバー曲も!

アンコールの大歓声のなか、再びステージに戻ってきたBLASTとOSIRIS。

BLASTとOSIRIS、どちらを目当てに来たお客さんが多いのか調査(両者互角でした(笑))した後……

大和「アンコール、なにやろうかと考えたんだけど、俺ら、曲少ねーんだ……」

京「そうなんだよね……」

大和「うちの宗介、まだそんなに曲作ってくんねーからさ」

その言葉に、宗介がギロッと大和をにらみます(笑)

大和「めっちゃにらんでる(笑)」

京「お前のところのギター、大丈夫か? ……怒ってるぞ」

大和「あの表情がデフォルトだから大丈夫!」

京「そうか……」

大和「ふだんからずっとあんな目つきだからね! 徹平にも負けねーぐらいの目つきしてるからね!」

悪魔顔でおなじみの徹平もにらみをきかせます。すると、客席から大歓声が! 徹平、大人気です(笑)。

そして、アンコールでやる曲の話へ。

大和「OSIRISはけっこうライブやっていて、カバーもやってるじゃない?」

京「そうだな……けっこうやらせてもらった」

大和「でしょ? BLASTさぁ、あんまり最近ライブやってなくて、なにしようかなーって考えた結果……」

京「結果……」

大和「うちのギターの宗介がさ、3月8日に1stフルアルバム『敗者復活戦自由形』をリリースしたPENGUIN RESEARCHが好きみたいでさ! みんなで会議したときに、PENGUIN RESEARCHの曲やりてーんだよって、大和お前歌ってくれねーかって頼まれたのさ……。で、聴いたの。曲……めっちゃむずいね! 俺びっくりしちゃった、あんなバンドいるんだって!」

京「俺はそれよりも、そんなにサラッと告知をぶっこんでくると思わなかったぞ……(客:爆笑)

大和「えっ、告知ってなんのことだ? 3月8日発売の……」

京「(驚いた声で)また言うのか?」(客:笑)

大和「というわけで、俺ら、今日、PENGUIN RESEARCHの曲をカバーします! それでは聴いてくれ、“敗者復活戦自由形”!」

PENGUIN RESEARCHはBLASTのファーストライブでも対バン相手だった、縁の深いバンド。

▼BLASTのファーストライブのリポートはこちら
BLAST初ライブ! 9/7“BLAST×PENGUIN RESEARCHリリースライブ”リポート

3月1日にバンやろのアルバム『デュエル・ギグ VOL.1』では、PENGUIN RESEARCHの『敗者復活戦自由形』とのダブル購入キャンペーンが行われていたため、楽曲を知っているお客さんも多かったようです。

まるで持ち歌のように堂々としたパフォーマンスでBLASTが魅せた後、後攻のOSIRISは、シドの“モノクロのキス”をカバー。

OSIRISのこれまでのライブでも何度か披露している、おなじみのナンバーです。

051

そして、カバー曲対決が終わると……。

大和「楽しい時間ってあっという間だね」

京「本当に早いな……」

大和「アンコールもつぎで最後なんだ」

お客さんの「えーっ」という嘆きの声のなかに、「最初から!」という声があり……(笑)。

大和「最初から? ……俺はいいけどさー、たぶん京が体力もたねーと思うんだ! だって、俺より年上だもんね! いくつ?」

京「……まだ若いよ」

……と、不機嫌そうに言う京(笑)。

大和「俺らまだやってない曲あるじゃん? で、俺の後ろ、見て。2バンドがこんなふうにステージ上に集まることってなかなかないよね」

京「そうだな」

大和と京の後ろでは、ドラムの徹平と進がにらみあってスティックを振り回し、火花を散らしています(笑)。

大和「闘ってる(笑)。演奏で闘ってください(笑)。ということで、ふだんはできない、ひとつの曲を……」

大和&京「ツインドラムで、ツインベースで、ツインギターで、ツインボーカルで!

大和「やりたいと思うんだよ! 最後に1曲ずつ!」

京「みんないけるかー!」

大和「それじゃ、いっしょに歌ってくれ! “Dreamer”!」

2バンド合同による大迫力の演奏で、BLASTの“Dreamer”が始まりました。

052
053

メンバーがそれぞれ向かい合って煽ったり、背中合わせになったりと、見たいところが多すぎです。

それにしても、ツインボーカルのハモリが本当に素敵すぎて、鳥肌が立ちました!

京「つぎが本当に最後の曲! 心に残していってください!」

そして、OSIRISの“Voice”へ。この曲でもハモりまくりです。

どちらの曲も、各バンドにとって、バンやろで最初にリリースされた大切な曲。

両バンドのパワーが合わさったことで、そのメッセージやグルーブが何倍にもなって届けられました。

すべての曲の演奏が終わり、観客からは鳴りやまぬ歓声と拍手が……。

メンバーを改めて紹介し、全員並んで手をつなぎ、バンザイ&お辞儀をします。

最後まで残った大和と京は感謝の言葉を述べ、笑顔でハイタッチをし、左右に分かれてステージをあとにしました。

054

【Live Photo】

後編ではOSIRISと、アンコールで2バンド合同で演奏した場面の写真を中心にセレクトしました。

055
056
057
058
059
060
061
062
063
064
065
066
067
068
069
070
071
072
073
074
075
076
077
078
079
080
081
082
083
084
085
086
087
088
089
090
091
092
093
094
095
096
097
098
099
100

担当ライターの感想

デュエルギグってこんなふうに行われるんだ! ……というのが、よくわかったイベントでした。

そして、演奏を楽しむのはもちろんのこと、メンバーどうしが絡む様子を観察できたのが、とても楽しかったです♪

ぜひ、『バンやろ』を遊んでいるすべてのプレイヤーに見ていただきたいですね。

そして、BLASTとOSIRIS以外のバンドのデュエルギグも見てみたいなと思いました!

(ライター:あさみ666)

ドリームマッチ デュエル・ギグ 3・17@赤坂BLITZ BLAST vs. OSIRIS セットリスト

【OP】Sure Shot(BLAST&OSIRIS BAND)
【01】Alternative(BLAST)
【02】Darkness(OSIRIS)
【03】Objection(BLAST)
【04】Into the Madness(OSIRIS)
【05】Nightmare boogie(BLAST)
【06】Sparkler Song(BLAST)
【07】songwriter(BLAST)
【08】Bloody Masquerade(OSIRIS)
【09】Way of Light(OSIRIS)
【10】Silent Crisis(OSIRIS)
【11】Lullaby(BLAST)
【12】Heavenly Breeze(OSIRIS)
【13】Shout for life(BLAST)
【14】Desire(OSIRIS)

-アンコール-
【01】敗者復活戦自由形(BLAST)※PENGUIN RESEARCH カバー
【02】モノクロのキス(OSIRIS)※シド カバー
【03】Dreamer(BLAST&OSIRIS)
【04】Voice(BLAST&OSIRIS)

出演

【BLAST】
Vo.東雲大和:生田鷹司
Gt.巻宗介:堀江晶太
Ba.佐伯翼:神田ジョン
Dr.白雪徹平:新保恵大
(ゲスト)key:柴﨑洋輔 from PENGUIN RESEARCH

【OSIRIS】
Vo.高良京:小林正典
Gt.レイ・セファート:瑠
Ba.来栖真琴:さっしー
Dr.小金井進:バタヤン

【バンやろ!ライブリポート】

【写真大量公開】『バンやろ!』ボーカル4人が集合した“BANYARO Fes”詳細リポート:前編

【写真大量公開】『バンやろ!』ボーカル4人が集合した“BANYARO Fes”詳細リポート:後編

高良京(cv.小林正典)が熱唱! 9/4開催イベント『OSIRIS 1st GIGS “Voice”』リポート

BLAST初ライブ! 9/7“BLAST×PENGUIN RESEARCHリリースライブ”リポート

『バンやろ』攻略・グッズ・イベント情報まとめへ