1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 斎藤・土方・沖田は超仲よし!? 舞台「薄桜鬼SSL」宮城紘大&山田ジェームス武&中尾拳也インタビュー

斎藤・土方・沖田は超仲よし!? 舞台「薄桜鬼SSL」宮城紘大&山田ジェームス武&中尾拳也インタビュー

2017-04-19 14:00 投稿

いまをときめく若手俳優が織り成す
舞台「薄桜鬼SSL ~sweet school life~ THE STAGE ROUTE 斎藤一」!

オトメイトの人気作『薄桜鬼』のスピンオフ作『薄桜鬼SSL ~sweet school life~』。
その舞台化作品の第2弾「薄桜鬼SSL ~sweet school life~ THE STAGE ROUTE 斎藤一」が4月21日より公演されます。

それに先駆け、メインキャストのお三方に意気込みを伺いました。
今回語っていただいたのは、主演の宮城紘大さん(斎藤一 役)、山田ジェームス武さん(土方歳三 役)、中尾拳也さん(沖田総司 役)。

和やかなムードで行われたインタビューの様子をご覧ください。

▼公演情報はコチラ
薄桜鬼SSL ~sweet school life~ THE STAGE ROUTE 斎藤一

▼単独インタビューはコチラ
【宮城紘大/斎藤一役】インタビュー特集第1回

【山田ジェームス武/土方歳三役】インタビュー特集第2回

【中尾拳也/沖田総司役】インタビュー特集第3回

和気あいあい! 3人から漂う現場のいい雰囲気

補正_IMGP7865
▲左から山田ジェームス武さん(文中:山田)、宮城紘大さん(文中:宮城)、中尾拳也さん(文中:中尾)。

――4月21日が初演となりますが、本番を控えての気持ちをお聞かせください。

宮城 演出家さんからお客様にこう観てほしい、こう感じてほしいという意図をお聞きしながら、それに応えられるように稽古をがんばっています。
また、作品の冒頭と公演の時期もちょうど合っていますよね。
学生の方だったら、これから1年間、学校生活に期待を持って送れるような、そんな刺激を与えられるといいですね。

中尾 ええっ! 紘大どうしたの、すごい真面目なこと言って。

山田 テンション低いの?

宮城 絞り出してたの! じゃあ、どうなの? 本番を控えてのいまのお気持ちは。はい、中尾拳也くん。

中尾 僕は『薄桜鬼』の沖田総司というキャラクターが好きなので、演じていてすごく楽しいですし、それを早くお客様に観てほしい気持ちもあります。キャスト全員でひとつの作品を作り上げていくのが楽しみですね。
ぜひ舞台を観にきてください!という気持ちでいっぱいです。はい、つぎはジェーくんです~。

山田 本番まであと少しなのですが、実はまだ深いところまで作りきれていない部分があるんです。今回はラブストーリーなので、お客様にいかに楽しんで観てもらうか、いかにモヤモヤさせられるかが重要だなと思っています。
キュンキュンさせることより、モヤモヤさせるほうが僕は難しいのかなって思っています。

中尾 もどかしい感じね。

山田 そうだね、そのいい具合のラインを見つけ出すのはすごく難しいと思うんですけど、全体を通していかに自然に出せるかというのが僕らの課題のひとつでもあるかなと思っています。

――では、ご自身が演じられるキャラクターの魅力や、役作りにおいて工夫されている点を教えてください。宮城さんはPS Vitaを購入して『薄桜鬼SSL』をプレイされているそうですね。

宮城 そうなんです。でもミニゲームで失敗しまくって、結果的に女子会ルートに突入して(笑)。バレンタインイベントのときなんか、千鶴が「私がチョコを渡したい人は……、とくにいない」って終わったの(笑)。

山田&中尾 あははは!

宮城 でも、ゲームをしてより一層、斎藤一という人物を知ることができました。彼は真面目だけど1本芯の通った突き抜けた人だし、自分の正義を貫いてきた人だと思うんです。
そうやって貫いている斎藤はカッコイイと思うし、何気にかわいらしい部分もある。そんな彼のギャップを表現できたらと思います。

また、舞台ではゲームなどではまだ知られていない、斎藤一の一面を見せられたらと思っています。
今回はアクションシーンもあるんですが、避ける動作ひとつにしても、芝居としては大きく動いたほうが観る人にとってはわかりやすいのですが、斎藤一は最小限でかわすと思うので、首をヒョイっとやるだけで避けられるだろうなと。

そういった、斎藤一だったらこうするだろうというのはいつも考えながら演じています。

――確かに、斎藤一は無駄な動きはしなさそうですよね。では、沖田総司としてはいかがでしょうか。

中尾 この作品のなかのほかのキャラクターたちがいい人で真っ直ぐすぎることもあって、沖田の小悪魔的なところが目立つんですよね。

王子様系とも言えるのかなあ。現実には、なかなかこういう人はいないだろうなって思うんですよ。
僕の友だちには、沖田のように女の子にストレートに行くような人はいなかったので……。でも、そこが沖田の魅力でもあるかなと。

そういった原作のイメージを守るために、とくに声を大事にしたいと思っているんです。
なので、原作で沖田役を演じられていた森久保祥太郎さんの声をずっと聴いています。生まれ持った声帯は違うので、まったく同じ声というのは無理ですが、声の輪郭が似ているようにお芝居したいなって思っています。

以前、違う作品で声優さんが観に来てくださったときに、「声の輪郭を大切にしてくれているのがわかった」とおっしゃってくださったので、それは間違っていなかったんだなって思って、いまも大切にしています。そして観た方が「あ、沖田だ」となってくれたらうれしいですね。

山田 僕も作品を通してお客様の心を揺さぶれたらいいなと思っています。

今回は斎藤一ルートですが、千鶴は誰に恋するんだろうというヒヤヒヤ感も出せたらいいですね。
「そっちの彼に行っちゃうのかな?」と観客に思わせられるような魅力を、ひとりひとりが出していけたらと。
千鶴の感情の動きはもちろん、全員の心の動きをはっきりと伝えられたら、すごく見応えのある作品になると思います。
結果的に、結ばれたのがあのふたりでよかったなと思えるものをみんなで作り上げたいですね。

土方の役作りとしては、原作では語られていなかった彼を作っていきたいです。もちろん、原作の土方も大事ですが、そこから派生して出てくる気持ちや生きかただったり、喜怒哀楽がもっとハッキリ見えたり。

お客様に「土方ってこんな表情をするんだ」という感覚になってもらえるようなお芝居ができたらと思っています。

中尾 そこは舞台ならではだね。

山田 うん。やっぱり僕らは板の上で動けるわけですから。声優さんの意思を引き継いだうえのプラスαとして、僕らが肉づけをしていく。そうすることで生きている土方、生きているキャラクターを皆さんの前に出せると思うんです。そこも意識しながらいい作品にしていきたいです。

 補正IMGP7879

稽古を通して見えてきたキャラクターの深み

――稽古が始まる前と後で、キャラクターの印象に変化はありましたか?

中尾 沖田は頭がいいので、僕も先を見なきゃいけないと思っていましたが、さらに先を見なきゃいけないなど、ある意味策略的というか。すごいなって、尊敬する部分も出てきましたね。

あと、沖田は意地悪というイメージが強いんですが、実はすごいやさしいんですよね、ドSなんですけど(笑)。
意地悪してしまうのも、それに対する千鶴の反応がうれしいんだろうなって思うんです。
それが彼の照れている仕草などに現れてくるんだなって思いますね。

山田 ギャップというよりは、もっと深みが見えてきたってことだよね。
土方歳三は厳格で真面目で、誠実な人間だなと思っていたんですが、台本を読むうちに、やさしさが垣間見える瞬間が多々ありました。

それも彼自身のなかで「こうしてやろう」と意図してやっていることではないんです。ひとりひとりに対してフェアに愛を持っているから、自然とそういうやさしさが出てくるのかなって思いました。大人の包容力というのでしょうか、そういうものを感じましたね。

いろいろ資料を見たなかでは、やさしさよりもきびしさが先行して出てくる、不器用な人間なのかなって思っていたんですけど、演じていて意外と真っ直ぐだなと感じました。
「そんなこと、俺はできないな」って恥ずかしさを感じる人ではなくて、素直に思ったこと、したいことをサラッとできちゃう、大人な瞬間が見えることが多かったです。

そこが役を作り上げるにあたって難しいところであり、ぶつかるところかなとも思います。でも、乗り越えて大人の余裕をうまく引き出せればと思っています。

宮城 僕もギャップというのはあまりなくて、見たままのイメージからズレたりはしなかったんです。でも、さっき中尾が言ったように、深みというか、台本を読むまで知らなかった部分がいっぱいあって。

斎藤は真面目で正義感溢れる人間なのに、恋愛感情に対しては鈍かったり。恋においては遠回りするタイプなんですよね。
かっこいいイメージのほうが強かったんですけど、カワイイなとも思うようになりました。

山田 斎藤一を見ていて思うんだけど、恋したときにキュンとしたりすることがあったら、「この胸の痛みはなんなんだ」とかって本気で考えそうな人だよね。「これは病気なのでは」と、思っちゃいそう(笑)。

宮城 本当にそう! 例えば、土方先生と千鶴がいる場面の稽古のときに、1回モヤっとすることがあったんですよ。
後ろで見ていて、ふたりからいい感じの空気感が見えたからちょっとモヤっとしたのね。僕自身は嫉妬ってわかるけど、斎藤はそのとき無意識に「なんだこれは」と思う人間だから、その表現が難しいなと思いました。

役者は見た! 知られざる演出家の情熱とロマン

――稽古も充実しているようですね。そんな稽古中での秘密のエピソードがあれば教えてください

山田 演出家の菅野臣太朗さんは、かわいらしいところがあるんです。僕は、ごいっしょするのが2回目なのでよくわかるんですが、自分が言ったことが相手に伝わったときに口まわりがピクピクして、うれしそうなんです。

中尾 わかる! 臣太朗さんサングラスも毎日違うでしょ。このあいだ「今日もサングラス違いますね」って言ったら、「やめろよお前、気を遣ってることバレるじゃねえか」って。そのときも口元がピクピクしてた!

宮城 サングラスね! 毎回稽古場にかけてきていて、おしゃれだよね。

山田 それに臣太朗さんは人が好きなんだなって感じるよね。ブログとかだとイカつい人に見えるけど、おもしろい方なんです。
例えばダメ出しのときに、僕が素直にお話を聞いていると、なぜか5秒くらい見つめ合いながら、お互いうなずき合うことがよくあるんです。

宮城 あー、あるよね。「何だろう、この間は」って思うことあった。

中尾 あるある! 「俺なんかやっちゃったかな?」と思うくらい顔を見られるよね。

山田 そのときは臣太朗さんはご自身のおっしゃったことが的確で、これ以上にいい言葉はないっていう気持ちなんじゃないかなと。
きっと臣太朗さんはロマンチストだと思うんですよ。だからラブストーリーの脚本も書けるんだと思う。

宮城 そうだよね、台本ですでにドキドキするもんね。僕、稽古では臣太朗さんから「俺が女だったら、お前とのデートは絶対イヤだ。俺のほうが女の子を楽しませる自信がある」って言われたことがあるんですよ。
そこで、どんなデートなんですかって聞いたら「俺は意外とロマンチストだよ」って言っていたし。

中尾 僕は臣太朗さんとは初めてだったので、ちょっと壁を作っていたんです。でも、そんな壁、すぐに取り払われましたね。
めちゃくちゃ楽しそうに沖田を表現してくださるんです。本当に演劇が好きなんだなって。

山田 何より演劇が好きなんだっていうのがわかるよね。だから僕らも臣太朗さんについていきたいって思うし、何よりお客さんをいちばん大事にする方なんですよ。
よく「お客様にお金を払ってもらって観に来ていただいている」っておっしゃるんですね。だからこそひとりひとりが観に来てよかったと思う作品を作りたいという人なんです。
稽古中も「この人といっしょにやりたい」と思う瞬間がいっぱいある。そんな演出家さんなんです。

宮城 指示もとても勉強になります。ひとつの指示でも1じゃなくて、100以上のものをもらっている気がします。どの舞台、どの現場に行っても通じるもの、大事なことを教わっているなって。

 補正_IMGP7915

――では、最後に舞台を楽しみにしているファンの皆さんにメッセージをお願いいたします。

中尾 まだ稽古が始まったばかりですが、みんなと話し合いながらやっているので、徐々にお芝居に厚みが出てきています。
僕はいま、本当に沖田が大好きになって楽しんで演っているので、観に来ていただけたらうれしいです。
僕らが最高の舞台をお届けしますので、4月21日までワクワクしながら待っていてください。

山田 観ていただくお客さんを全員揺さぶりながら、舞台の上で進んでいく1年間を体感してもらえたらなと思っています。
稽古では、「俺の千鶴だ」なんて互いに千鶴を奪い合ったりしています。それぞれが恋をして、そこから実る恋愛物語を作っていきたいですね。

まずはもっと完成度を上げ、最終的にはお客様に何か感じるものを持って帰っていただけたらうれしいです。全力で素晴らしい作品にするので、楽しみに待っていてください。

宮城 舞台のなかで1年の月日が流れていくという、おもしろい仕掛けになっています。
最初からラストにかけてキャラクターの成長もあって、きっとお客さんにも楽しんでいたただけると思うので、ぜひ注目してください。がんばります!

(C)2014 IF・DF / 2017 舞台「薄桜鬼SSL ~sweet school life~」製作委員会

■衣装協力:VOGUISH

■撮影協力:KAKULULU

ニュースの最新記事
ニュースのニュース一覧
アクセスランキング

過去24時間のPV数が高い記事

今週話題の記事

ツイート数が多い記事