1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』2017年展開発表除幕式イベントリポート【AnimeJapan 2017】

『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』2017年展開発表除幕式イベントリポート【AnimeJapan 2017】

2017-03-25 19:53 投稿

ファミ通App for girlsのTwitterやってます! 
女子向けコンテンツ情報をチェック!
@girlsApp_m

武侠ファンタジー新章への意気込みを語る!

続編制作が決定している武侠ファンタジー人形劇『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』

download

本作の2017年の展開を発表する除幕式が、2017年3月25日に“AnimeJapan 2017”にて開催された。

縮小

原案・脚本・総監修を務める虚淵玄氏(ニトロプラス)をはじめ、製作に関わる、小坂崇氣氏(ニトロプラス)、陳義方氏(霹靂社)、安藝貴範氏(グッドスマイルカンパニー)の4人が登壇。

2016年の第1期TV放送を終えた『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』。

続編制作が待たれる中、本イベントで『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』映像化決定が発表された。

本日の除幕式のために、台湾から来日した新キャラクターの布袋劇人形“鐵笛仙(てっきせん)”が初披露。

また“鐵笛仙”をはじめとする、“凜雪鴉”“殤不患”“殺無生”の計4体の布袋劇人形も展示された。

以下、各スタッフからのコメントをお届けする。

虚淵玄氏コメント

『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』について

続編というよりは外伝の扱いになります。

続編制作中ですが、がんばって作っているので時間がかかっており、せっかくだったら1期で登場するキャラクターでもう少し違う話もできないかなというところで始まりました。

1期ストーリーの前日譚をひとつ、後日譚をひとつというオムニバス形式で2話構成のスペシャル版にしようと思います。

新キャラクター“鐵笛仙(てっきせん)”について

AnimeJapanで先行発売となった外伝小説に登場する“殺無生”の師匠です。

なぜ殺無生があそこまで“凜雪鴉”に恨みを抱くようになったのかという前日譚に関わるキャラクターです。

外伝小説は“殺無生編”と“刑亥編”、“凜雪鴉”被害者の会のふたつの話が収録されています。

『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』は、その外伝小説で江波光則さんに書いていただいた“殺無生編”を基にした映像化で、もう1本は“殤不患”を主軸にすえた後日譚をご用意しようと思っています。

この2編で制作しておりますので、本日発売になった小説を読んだら『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』の話が全部わかるというわけではございません。

“形亥編”はまたいずれかのお楽しみ、“殺無生編”は出来上がってからのお楽しみということになります。

『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』への思い

続編制作も頑張っていますが、なにぶん頑張りすぎてしまい、もう少し時間がかかってしまいそうです。

ずっとお待たせするのも心苦しく、(『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』のために)霹靂さんのスケジュールもどうにか組んでいただきました。

こうして1期で語り残した物語を改めて語る機会をいただけて本当にうれしく思ってます。

じつはTVシリーズ2期に登場するキャラクターも、顔みせのシーンを作っております。

もちろん作品としても完結した形でお楽しみいただけるように作りますので、ぜひご期待いただければと思います。

『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』をどうぞよろしくお願いいたします。

小坂崇氣氏コメント

『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』企画化の経緯

本編制作中に外伝のアイディアがでてきまして、それを僕としては形にしたいなと思い、続編を作りながらも小説にしたらどうかということで立ち上がった企画が、今日から先行発売となった外伝小説です。

そちらを霹靂さんにご覧いただいて、非常に気に入っていただき、陳さんを通じ映像化しませんかとお話をいただきました。

僕らとしても、ぜひということで、今回皆さんに映像をお届けすることになりました。

安藝貴範氏コメント

『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』はどのような形でユーザーに届けられるのか

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』を皆さんに劇場で試写していただく機会があったと思いますが、劇場で見たときの迫力や音響はとても頑張っていて、声優さんの演技もすばらしく、映像の解像度も霹靂さんの技術で非常に高いものになっています。

戦闘シーンなどやはり劇場で観ていただきたく、劇場尺で作ろうと思っています。

イベント毎になるかもしれませんが、できるだけ多くの方にストレスなくみてもらえるよう、また、かなりハイクオリティな作品になると思いますので、大きな画面で観られることを楽しみにしておいてください。

陳義方氏コメント

『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』の制作状況

私が皆さんにすばらしい映像をご覧いただくために、我々はいま、一生懸命制作を続けております。

現在は人形の制作およびセットの制作、そして小道具・大道具の制作などを行っております。

これからクランクインをするという状態です。

ファミ通App for girlsのTwitterやってます! 
女子向けコンテンツ情報をチェック!
@girlsApp_m

ban

↑あんスタ、刀剣、おそ松さんなど
女子向けコーナーオープン!

ニュースの最新記事
ニュースのニュース一覧
アクセスランキング

過去24時間のPV数が高い記事

今週話題の記事

ツイート数が多い記事