文豪とアルケミスト(文アル)攻略まとめ

文豪とアルケミスト攻略まとめ【文豪とアルケミスト(文アル)攻略】文豪図鑑No.055☆三好達治

文豪とアルケミスト攻略まとめの攻略記事

【文豪とアルケミスト(文アル)攻略】文豪図鑑No.055☆三好達治

2017-01-23 14:27 更新

文豪図鑑まとめページに戻る

三好達治 声: 寺島惇太
武器派閥
代表作測量船駱駝の瘤にまたがって
回想歌のわかれ夫婦善哉

感情が表に出てしまうタイプで、何事においても白黒はっきりさせずにはいられない純情少年。彼の独特の口調はその反骨精神の現れのようだ。自身の高い理想と未熟な現在のギャップに苦しんでおり、詩だけに生きる萩原朔太郎を自身の目標として、日々彼を追いかけている。唐辛子は毎日摂取するほど辛いものが大好き。

モデルになった三好達治はこんな人!

筆名:三好達治
本名:筆名と同じ
出身地:大阪府大阪市西区
生年月日:1900年8月23日
没年:1964年4月5日(満63歳没)

生涯

印刷業を営んでいた一家に生まれる。

家は貧乏なうえに、小学校時代から病弱で学校を休みがちだった。

しかし図書館に通いさまざまな文芸に親しんでいたという。

1920年に陸軍士官学校に入学するが、翌年に北海道まで大脱走をして退校処分となる。

親戚の援助で第三高等学校に入学し、詩作に打ち込んだ。

卒業後は東京帝国大学文学部仏文科に入学。梶井基次郎らの同人誌『青空』に参加する。

その後梶井の転地療養先で知り合った萩原朔太郎に師事し、『詩と詩論』の創刊に携わった。
その後萩原の紹介で入社した会社が倒産するなどの憂き目に遭いながらも、処女詩集『測量船』を刊行。

これをきっかけに、多くの詩集や手引書、随筆集を発表した。

作品の特徴

「母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり」(『測量船』より)

抒情的な詩を多く残した詩人。

文芸評論でも高い評価を得ており、吉川幸次郎との共著『新唐詩選』は現在も重版を重ねている。

人間関係

【萩原朔太郎】

師匠。

彼の18歳下の妹のアイと大恋愛をした。

【佐藤春夫】

彼の姪の智恵子と結婚したが、アイと結婚するために離婚している。

趣味・嗜好

【恋愛観】

若いころに萩原朔太郎の妹のアイと出会い、大恋愛をするが萩原の両親の反対に遭う。

その後萩原の紹介で就職をしたことでアイと婚約したが、会社の倒産によって縁談は破談。

佐藤春夫の姪の智恵子と結婚生活を送る。

しかしアイが再々婚した夫がなくなると智恵子を離縁。

萩原の三回忌に夜どおしアイを説得して、アイと再婚した。このとき三好は41歳、アイは37歳になっていた。

しかし福井の単調な暮らしにアイの不満がたまり、三好は手ひどい暴力を振るってしまう。

アイは東京に逃げ帰り、離婚することになった。

この一件はアイの姪で萩原の娘の萩原葉子が、『天上の花』として小説にした。

なお、萩原家に迫害された萩原葉子に、三好は自分の印税の半分が渡るように工面している。

代表作

『測量船』
処女詩集。

『駱駝の瘤にまたがって』
晩年期の詩集。

三好の詩の遍歴を巡る内容となっている。

もっと詳しく知りたいなら?

三好達治記念館

三好の墓がある大阪府高槻市の本澄寺に存在。

文豪図鑑まとめページに戻る