1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 『キンプリ』×秋葉原ベイホテル スタッフの”はだけ”にかける異常なまでのこだわり

『キンプリ』×秋葉原ベイホテル スタッフの”はだけ”にかける異常なまでのこだわり

2016-12-25 22:25 投稿

混乱……以外の感想が出てこない『キンプリ』コラボ

ファミ通App for girlsが追いかけ続けている『KING OF PRISM(キンプリ)』×秋葉原ベイホテルのコラボ。

logo

そもそも最初からおかしかった。

スタッフ「見てください! オバレと添い寝ができるんですよ! これはファンの子に喜んでもらえると思うんですよ! ……なんてったって“はだけ”させますから!」

⇒『KING OF PRISM(キンプリ)』×秋葉原ベイホテルのコラボがスタート! オバレの3人と添い寝が実現!!

スタッフ「みなさん、そろそろ新たな刺激が欲しいと思うんですよ! ちょうど“はだけ”があるんで、これは入浴じゃないかと思って!」

⇒“シャワールーム in カヅキ”脱衣所なのに脱衣できない衝撃

なんでこんなに“はだけ”推しなんだろう……と、思ってはいたものの、あまり深入りしてはいけない気がして、大人しく取材を(ときに撮影して後から許諾を取ったり)してきた。

そして、またその狂気を目にすることに……

これだけ執拗に取材をしてきた甲斐あってか、ある日、ついに電話がかかってきた。

スタッフ「お客様にもっと楽しんで頂けないかと会議をしまして……」

(会議……? ホワイトボードに“はだけ”と書いて、“はだけ”について何時間も討論してるの……? 大丈夫か……?)

スタッフ「ついにね、カヅキの“はだけ”をシャワールームに入れることができそうなんですよ!!」

私「えっ? 脱衣所にいたじゃないですか!」

スタッフ「脱衣所は“はだけ”てないでしょ? シャワールームは“はだけ”を入れるんですよ!」

……“はだけ”がゲシュタルト崩壊しそうなので、とりあえず行ってみることにした。

お出迎えはヒロ様の裸……

秋葉原ベイホテルに到着し、慣れた足取りでシャワールームへと直行。件のカヅキ in 脱衣所のルームに入ると……ヒロ様がいた

P_20161221_143549
 P_20161221_143601
 P_20161221_143641

ドアの外のスタッフ「あれ!? これお伝えしてなかったですっけ!? ヒロが眺めてるって、ドキドキしませんか!?」

ルームに入ってドアを閉めると、目の前の鏡に自分とヒロ……。

混乱した私は、無言のまま良い角度を探して写真を撮影した。

このホテルの人たちは、私にモザイクでの公開ならOK”をよく強いるが、あまりに自分の顔から表情が抜け落ちていたため、今回は自分にモザイク処理を施した。会社で。フォトショップで……。

これって、ドキドキなのだろうか。世の乙女たちは、ここで何を考えているのか気になって仕方がない。このブースに入った乙女(勇者)は、その感想をぜひTwitterで拡散してほしい。

ヒロ様に表情を奪われていたら、ついにカヅキがin!

スタッフ「じゃあ、これからカヅキの“はだけ”を入れるんで、ちょっと見ていてください!」

その様子を無言で撮影したので、ここで公開しようと思う。そうじゃないと、私のデータフォルダに眠るこの画像が悲しいと言っている気がする。

P_20161221_144247
P_20161221_143951

スタッフは真剣な様子でカヅキをシャワールームへ、私は無心でシャッターを押すマシーンと化す。

数十分の無言が続き……

スタッフ「完成です! 特別に最初に見ていいですよ! 堪能してください! 僕たちは外にいるんで」

P_20161221_145256
 P_20161221_145322

シャワールームの中じゃ、全身がカメラに収まらない……。

どうにか収めようと、下からのあおりで撮影してみたところ、角度の関係で体格がよく(見えるように)なってしまったので、もう諦めた。

鏡に映すとこんな感じ。参考までにご覧あれ。

P_20161221_145342

つまりまとめると、こうなる

秋葉原ベイホテルのシャワールームのとある一室に入ると、こんなことが起きるというのをまとめてみた。

1.ドアを開けると左手にカヅキ(部屋着ver.)
2.ドアを閉めて前を向くと鏡にヒロ様(上半身裸ver.)
3.シャワールームに入ると左にカヅキ(はだけver.)

まとめてみたら、何か発見があるかと思ったが、結局のところ“はだけ”が多いということだけがわかった。何もわからないと同じだ。

だがスタッフさんたちは日々、ファンがどうしたら喜ぶか、もっと泊まりたくなるかを真剣に考え、必死にいろんなプランを考えていることだけは間違いない。

“はだけ”に共感した乙女(勇者)は、この刺激的なホテルで不思議な一夜を体験してほしい。

【秋葉原 BAY HOTEL
女性だけが泊まれるカプセルホテル 秋葉原BAY HOTEL

〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町44-4
TEL:03-5256-0015
チェックイン:17時~25時
チェックアウト:10時

【コラボ概要】
期間:2016年12月1日~31日 ※12月分のエントリー受付分
特典付ホテル宿泊券:6,000円~8,000円[税込]

※曜日により価格変動あり。詳しくは申込画面上にてご確認ください。
※非売品の記念グッズは料金に含まれております。別途販売はしていません。

予約は公式サイトより

また、最新情報はベイホテル公式Twitterアカウント(BAYHOTEL_Group)で随時更新。こちらもチェックを!

【日帰りプラン】
期間:2016年12月17日~2017年1月14日
料金:2500円(税込)
利用時間:12時~16時まで

※昼間の時間のみ滞在できるプラン。特典グッズ付き、コミュニティールームの使用が可能。
※予約は電話のみ受け付け。

▼こちらの記事をチェックしてから秋葉原BAY HOTELへ!

→秋葉原BAY HOTELに泊まってみた

ファミ通App for girlsのTwitter始めました!
女子向けコンテンツ情報をチェック!
@girlsApp_m

ban

↑あんスタ、刀剣、おそ松さんなど
女子向けコーナーオープン!

ニュースの最新記事
ニュースのニュース一覧
アクセスランキング

過去24時間のPV数が高い記事

今週話題の記事

ツイート数が多い記事