1. サイトTOP>
  2. 特集>
  3. 刀剣乱舞>
  4. “舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺(再演)”開幕初日リポート! 迫力満点の殺陣に圧倒されてきました

“舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺(再演)”開幕初日リポート! 迫力満点の殺陣に圧倒されてきました

2016-12-15 22:59 投稿

新キャストも加入しパワーアップした舞台『刀剣乱舞』

2016年12月15日から天王洲銀座劇場にて、“舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺(再演)”が開幕となりました!

この公演は今年5月に公演されたものの再演となり、以前観られなかった方やもう一度観たかったという方には、何ともありがたい限り。

2017年1月17日には全国の映画館にてライブビューイングも予定されており、会場に足を運べなくても楽しめるようになっています。

舞台『刀剣乱舞』”虚伝 燃ゆる本能寺”再演のライブビューイング詳細が明らかに

今回はそんな“舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺(再演)”に潜入!! 実写化された刀剣男士たちの勇士をじっくり観察してきました!

▼前作の内容はこちら
舞台『刀剣乱舞』最終リハーサルをチェック! 不動行光たち12振りの刀剣男士が本能寺で大活躍

舞台『刀剣乱舞』は初心者にこそ観てほしい!

“舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺(再演)”は、華麗な12振りたちのアクションや、殺陣が堪能できる舞台公演。

内容は、織田信長の刀であった宗三左文字、不動行光、薬研藤四郎、へし切長谷部を中心に、“織田信長とは何者か?”をテーマに物語は進んでいきます。

本能寺の変で死ぬはずだった織田信長を助けて歴史を改変しようともくろむ時間遡行軍。そして、その異変に気付いた主の命で本能寺へと向かう12振りたち。

織田信長の刀であった刀剣男士たちだが、史実に基づいた歴史を迎えるために、前の主君を討った明智光秀を守らなければならない……そんな苦しみや葛藤が描かれた、かなりシリアスな内容になっています。

4

『刀剣乱舞』を知らないという方でも、刀剣男士たちのバッググラウンドについては、ストーリー内でしっかりと説明してくれるので安心です。

じつは、わたしは『刀剣乱舞』に詳しくなかったので、物語についていけるのか少し不安だったのですが、しっかり内容も理解することができましたよ(まぁさすがに、何の予備知識もなく観に来る方はいないかもしれませんが……)。

むしろ、『刀剣乱舞』になじみのない人が世界観を理解するには、舞台から入ったほうがわかりやすいかも!

そしてとにかく、刀剣男士たちがイケメンです!! ひゃー!

18

とくに戦闘が激しくなると衣装がはだけてくる刀剣男士たちに、ニヤニヤが抑えられませんでした。マスクしててよかった~(笑)。

10

細身なのに、さすがに皆体が鍛え上げられていて、高台からの大ジャンプや、殺陣など見ごたえ抜群! あまりにアクロバティックな場面が多く、ハラハラしてしまって気が気ではありませんでした。

個人的には舞台版『おそ松さん』で一松を演じた“薬研藤四郎”役の北村諒さんに釘づけでした(笑)。

17

内容としても、本能寺の変という有名な事件をモチーフとしているので、歴史に詳しくないという人でも、かなり入りこんで楽しめると思います。

また、緊張感が続く場面が多くてシリアスな本作ですが、クスッとわらえるコメディパートが、ひとときの安らぎをもたらしてくれたり。

最後には、信長の刀たちのそれぞれの熱い思いと迫真の演技に、ホロリとくる場面も。

己の過去と向き合うもの……目をそらすもの……さまざまな心の内を迫力のある演技で表現したキャストたち。

ぜひこの感動を生で味わってみてくださいね!

前作はもう観たという方は、新キャストの“鶴丸国永”役の健人さんと“江雪左文字”役の瀬戸祐介さん、このふたりが物語にどう絡んでいくのか注目ですよ!

とくに、小夜左文字と江雪左文字の掛け合いや、鶴丸が参加した軍議は必見です。

前作との違いをぜひ見て感じてほしい

ゲネプロの後、刀剣男士12振りのキャストによる囲み会見が行われました。

“三日月宗近”役の鈴木拡樹さん
“山姥切国広”役の荒牧慶彦さん
“宗三左文字”役の佐々木喜英さん
“江雪左文字”役の瀬戸祐介さん
“小夜左文字”役の納谷健さん
“薬研藤四郎”役の北村諒さん
“へし切長谷部”役の和田雅成さん
“不動行光”役の椎名鯛造さん
“一期一振”役の廣瀬大介さん
“鯰尾藤四郎”役の杉江大志さん
“燭台切光忠”役の東啓介さん
“鶴丸国永”役の健人さん

16

まずは、今回の公演の見どころを聞かれると、“山姥切国広”役の荒牧慶彦さんは「前作との違いが何点があるので、DVDなどを見返してから観に来てもらうといいかも。山姥切の殺陣もパワーアップしています」とコメント。

再演から加入となった“江雪左文字”役の瀬戸祐介さんは「とにかく髪の毛の扱いがたいへんだったので、髪の毛さばきを見てほしい」と話し、会場の笑いを誘いました。

同じく、新キャストの“鶴丸国永”役健人さんは「自分が初演を観たときに感じたゾクゾク感を、今作ではパワーアップさせられたと思う。鶴らしく舞えるように自分なりに練習してきたので注目してほしい」と語った。

そして、これから“舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺(再演)”を観る方へということで、「座組としてのテーマは戦い続ける座組。それを目標に今作も演じていきたいと思っています。世の中にはさまざまな形で戦っている人たちが大勢いるなか、そんな方々の勇気になるように作品になるようにがんばりたい。全員そろって千秋楽まで戦い続けると誓います!」(“三日月宗近”役・座長の鈴木拡樹さん)として、会見は終了しました。

新キャストも加入し、殺陣などの見どころも増えた“舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺(再演)”。前作からひと皮むけた刀剣男士たちの熱き戦いを観に、ぜひ会場に足を運んでみてくださいね!!

【舞台『刀剣乱舞』関連記事】
舞台『刀剣乱舞』”虚伝 燃ゆる本能寺”初演のVRコンテンツがDMMにて配信開始

舞台『刀剣乱舞』”虚伝 燃ゆる本能寺”再演のライブビューイング詳細が明らかに

VR体験もアリ『刀剣乱舞-ONLINE-』舞台とミュージカルがコラボした2.5Dカフェが12/9より

舞台『刀剣乱舞』再演×ナンジャタウン20周年の記念コラボイベントが2017年1月開催

※『とうらぶ』に関する情報まとめはこちら

⇒舞台『刀剣乱舞』公式サイトはこちら

ban

↑あんスタ、刀剣、おそ松さんなど
女子向けコーナーオープン!

刀剣乱舞-ONLINE- Pocket

ジャンル
刀剣育成シミュレーション
メーカー
DMMGAMES/ニトロプラス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金有り)
対応機種
iPhone5以降(推奨OSバージョン、iOS7.0以上)/Android4.1以上
刀剣乱舞の最新記事
刀剣乱舞のニュース一覧
アクセスランキング

過去24時間のPV数が高い記事

今週話題の記事

ツイート数が多い記事