バンドやろうぜ!特集

バンドやろうぜ!記事まとめ『バンやろ!』近すぎてヤバっ……これぞスタンディングライブの醍醐味! “OSIRIS”8thライブリポ

バンドやろうぜ!記事まとめの攻略記事

『バンやろ!』近すぎてヤバっ……これぞスタンディングライブの醍醐味! “OSIRIS”8thライブリポ

2017-01-23 16:18 更新

8thライブは新宿!

2016年11月29日に新宿Zirco Tokyoで開催された“Zirco Tokyo Presents「歌舞伎ロックズ! vol.2」”。こちらのライブに、『バンドやろうぜ!』から“OSIRIS”が出演ということで、行ってきました♪

写真たっぷりで、リポートをお届けします!

【バンやろ】オシリス_キービジュアル

まずは最新情報

リポート前に、先日発表されたばかりのリアルライブの最新情報もお届け!

【OSIRIS主催イベント第2弾  2nd GIGS『Darkness』の出演者解禁】
12月21日に開催されるOSIRIS主催イベント第2弾の出演者情報が解禁。

・OSIRIS
・Lotus Juice
・カヨコ
・凸凹凸凹 ‐ルリロリ‐

Lotus Juiceはゲーム内に登場する“Freezing”の歌唱を担当、さらに“スリルを頂戴”の作曲者であるカヨコ、リアルバンドCure²tronでのギター・ドラムを擁する凸凹凸凹の参戦が決まって、『バンやろ』づくしのイベント間違いなし!

こんなに近くて……本当にいいの?

何度か『バンドやろうぜ!』のリアルライブに参加していますが、参加するようになってからこんなに近いライブハウスは初めてでした。

驚くくらい近いっ! 

あまりにも近いので、「ここで本当に歌うの? それ見て失神しない?」と意味不明な不安感が湧き上がります。

ドキドキして失神できる

幕が上がっていつも通り、キャラクターの衣装に身を包みメンバーが登場。何度見ても、登場シーンは「彼らは本当にいるんだ……。」とドキドキします。

KO3_1669

京が登場し観客のテンションは急上昇。手でハートを飛ばし、スタートをいまか、いまかと待ちます。そして、京のおなじみの「極彩色の魂を鳴り響かせよう」のひと言で、ハロウィン曲“Bloody Masquerade”を熱唱!

KO3_1714

近いのはステージと観客だけじゃないステージが近く、小さい箱だからこそ、ギターやドラムの振動が全身に響く! 体にズシっとくる感覚に全身でドキドキしました。メンバーも曲もかっこよすぎて失神しそう!

すでに聞いたことある人はわかると思いますが、最初に披露した“Bloody Masquerade”はアップテンポでテンションが上がりやすい曲。観客はもちろん、バンドメンバーも演奏中、聴いてるこちら以上にテンションが上がってるはず!

だからか、彼らも!ちょっと近い!

ライブの醍醐味のひとつとして、演奏している彼らが仲良くしていたり、肩を組むなどのアクションをする瞬間を目撃。この瞬間が見たとき、すごく得した気分になります。

KO3_1828
KO3_1794KO3_2283

続いて、1stシングル“Voice”を披露。『バンやろ!』ファンにはおなじみのこの曲。何度聞いても、ノリノリになりますが今回、レイのギターソロがとても印象的でした。

ギターやベース、マイクを持つ手。ステージと観客が近ければ近いほど、耳は音楽に集中しながら、目では細かいところまで見れる……これもライブの醍醐味ではないでしょうか!

最後まで全力で走る!

“Voice”の後は、京による挨拶とライブ情報のお知らせがありました。その後、「OSIRISのライブに来た人はおなじみの。初めて来てくれた人もノれる曲」として、シドの“モノクロのキス”をカバー!

サビに入る瞬間に、唇を指にあてて投げキスを披露しさらに観客を熱狂させて、“Darkness”へ。

KO3_2318

最後は、学園祭イベントでプレイした人も多い“Desire”。ライブでは、もちろんフルコーラス!

KO3_2119
KO3_2155
KO3_1956

“Desire”は現在、好評配信中! 購入はこちらから→【購入サイト】

全曲終わって、メンバーが袖にはけるときも拍手や歓声はやみませんでした。そんなとき、進がドラムスティックを観客へプレゼント! なんとも羨ましい限り!

一度は足を運んでほしい

『バンドやろうぜ!』をプレイして、実際にライブに行こうかな、と思う人もいると思います。その中には、どんなところかわからないから……と、腰が重くなる人も少なくないはず。

しかし、ゲームの中に登場するキャラクターがそのまま出来てきたような感動が味わえて、何より『バンドやろうぜ!』のハイクオリティの楽曲をぜひ生で聞いて欲しい!

ズシっと響く音楽にわくわくして、歌っている彼らの姿に感動し、近くで見る手や汗にドキドキする(若干、フェチで燃え上がった)。そのすべてを体感できるのは、ライブに行った人の特権。

今後もリアルライブを控えているOSIRIS。もし、機会があれば彼らの“生の声”を体感してみはいかがでしょうか。

【こちらのリアルライブリポートもチェック】
OSIRISリアルライブリポート

BLASTリアルライブリポート

 「Halloween GIGS!」リポート

「BANYARO Fes」リポート

ライブリポまとめはこちらから

ピックアップ