【新作】内に秘めたる本当の自分と向き合う診断アドベンチャー『ALTER EGO(オルタエゴ)』

投稿日 2019.01.19

深層心理をえぐりだすモノクロの世界

男性と女性ふたつの顔を併せ持つ規範を司るエゴ王。その呼びかけに導かれモノクロの世界をただひたすらに歩き出す。

エゴ王曰く、そこは日常から離れた観想的生活を送る場であり、“わたしはなにものなのか”と自身を問う果てしなき旅の始まりだった。

本記事で紹介する『ALTER EGO』は、これまでの生きかたを問うさまざまな言葉に触れ、EGOなるものを集めてエスという女性が待つ書庫で己の秘めたる人格をあらわにしていく診断アドベンチャーだ。

alterego01

ゲームの見どころ
●名高い作家たちの世界に触れEGOを集める探索
●興味深い診断結果が興味を引くエスの世界
●記録室に集められる診断記録と書物たち

名高い作家たちの世界に触れEGOを集める探索

エゴ王が導くのは無機質ですべてがモノクロの世界。

何もない廊下らしき空間を漂う吹き出しをタップしてEGOと呼ばれるポイントを集め、太宰治の“人間失格”やデルマンヘッセの“デミアン”など、誰もが1度は聞いたことのある名高い作家の作品をアンロック

それを放置系ゲームのような感覚で強化しながら、毎秒自動的に付与されるEGOの数を上げていく。

とても作業的だが自己診断を行うために欠かせないプロセスだ。

alterego02書き込みalterego03書き込み
alterego04書き込みalterego05書き込み

閉鎖的な世界で“他人と自分はわかりあえない”や“きっといつか自分は失敗する”など悲観的な言葉に触れていく。

タップするだけの簡単な作業も相まって、平常心を保っていたはずなのにどんどん不安な気持ちが膨らんでいくのだが、そうした効果も本作の世界観にマッチしていて、とてもいいのだ。

alterego06書き込みalterego07書き込み

興味深い診断結果が興味を引くエスの世界

エスのいる世界では彼女自身が突き付ける問いに答え、その内容によって診断が下される。

1枚のイラストや無数に並ぶ言葉など、さまざまなシチュエーションから自分が想う言葉や感情を選択。心理テストのような感覚で自分の知らない人格が掘り起こされていく。

alterego08書き込みalterego09書き込み
alterego10書き込みalterego11書き込み

これはあくまでも筆者の感想だがこの診断結果に、思わず“そうかもしれない”と納得してしまうことが多かった。

また、彼女との距離感は診断を重ねるごとに縮まっていき、最初は不気味だった存在がとても心地よくすら感じてしまう。

エゴ王から彼女に気を許すなと忠告されるのだが、それはいったいどんな意味なのか。

数々の診断結果と自分自身を照らし合わせながら幾多のエンディングを目指していこう!!

alterego12書き込みalterego13書き込み

記録室に集められる診断記録と書物たち

画面右下にある記録室には診断結果とアンロックした作家の作品データが保存。診断記録はもちろん、“読書の記録”からその1文に触れることもできる

alterego14書き込みalterego15書き込み

いまさらいえないが、作者の名前は知っていても本を読んだことがないという人も多いはず。全編を読めるわけではないが少しでも知るにはいい機会だ。

基本設計は放置ゲームなのでプレイしていないあいだにもEGOは溜まっていく。

手の空いたときに少しずつプレイを進め、エスの診断を通じて自身の内面と向き合い自己分析をしてみよう。

alterego16書き込みalterego17書き込み

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

動画でも新作紹介しています

配信前の期待の新作アプリゲームをピックアップ!

毎週更新!ファミ通App的最新ゲームランキング

YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

ゲーム情報

タイトルALTER EGO (オルタエゴ)
対応OSiOS/Android
配信日iOS:2019年1月4日
Android:2018年12月28日
価格無料(アプリ内課金あり)
ジャンルアドベンチャー
メーカーカラメルカラム
コピーライト© 2018 Caramel Column Inc.
公式サイト http://alterego.caracolu.com/