ゲーム情報

サクラ革命 華咲く乙女たち
配信日2020年
価格無料(アプリ内課金あり)
メーカーセガ

事前登録

投稿日 2020.09.02

『サクラ大戦』シリーズ新作アプリ『サクラ革命 華咲く乙女たち』始動!セガ+ディライトワークスが共同開発

セガ+ディライトワークスが『サクラ大戦』新作を発表

セガ新規プロジェクト『B.L.A.C.K.』、そしてディライトワークス新作RPG“日本、奪還。”プロジェクトが、共同開発による『サクラ大戦』シリーズの新作アプリ『サクラ革命 華咲く乙女たち』であることが発表された。公式サイト、公式ツイッターもオープンし、アプリの事前登録もスタート。

 Eg59w1rUYAEJxmN

●物語の舞台は太正100年
●帝国華撃団、帝国華撃団B.L.A.C.K.などが登場
⇒公式サイト
⇒公式ツイッター

【サクラ革命 華咲く乙女たちの事前登録はこちら】


 S__50618404
 S__50618405
 S__50618406
 S__50618407

『サクラ革命』登場人物

『サクラ革命』に登場するキャラクター、2組6人が現在公開されている。

 名称未設定 1

●帝国華撃団

 名称未設定 2

●帝国華撃団B.L.A.C.K.

 名称未設定 3

発表会生放送では20分超のアニメを公開

01

▲番組開始前にはカウントダウンも流れていた

02

2020年9月2日20時より始まった、同作の発表会。壇上でのトークに先駆け、ストーリーの冒頭部分をもとにCloverWorksが制作したという約25分にもおよぶアニメーションムービーが公開され、視聴者を大いに驚かせていた。

03
04
05
06
07
08

▲エンディングテーマとともに流れるスタッフロールには、キャラクター原案にオハラミサオ氏、曽我部修二氏、いとうのいぢ氏、ERIMO氏、片桐いくみ氏、草野裕朗氏などそうそうたる絵師たちの名前も……

舞台は太正100年! テーマは“日本奪還”

09

続いて、壇上でのトークへ。まずは『サクラ革命』のメインキャストである岸本萌佳さん(咲良しの役)、松浦愛弓さん(青島ふうか役)に加え、セガの木原卓プロデューサー、そしてディライトワークスの岡村光プロデューサーが登場。ゲーム概要や収録時のエピソードなどを語ってくれた。

タイトルにあるように、『サクラ革命』は『サクラ大戦』シリーズにつながる作品だが、ゲームの舞台となるのは遠い未来、太正100年の帝都、東京。あくまでパラレルワールドではあるが、太正を大正と考えて現代に換算すると、西暦2011年という計算になる。レトロでどこか懐かしいような雰囲気を漂わせつつも、現代風の街並みや文化が展開する世界観のようだ。舞台は東京だけにとどまらず、プレイヤーが知っているような各地の街が登場することもあるかもしれないとのこと。

10

冒頭のアニメに登場した咲良しの、青島ふうかに加え、事前に公開されていた神子浜あせびを加えた“青ヶ島3人娘”が“帝国華撃団”を名乗り日本に笑顔と桜を取り戻すために活躍することになるという。

11

咲良しのを演じる岸本さんによると、しのは「元気でコロコロとさまざまな表情を見せてくれるため、演じていても楽しい」キャラクターとのこと。スイッチが入ると凜々しくなるが、ふだんはワガママだったり抜けている部分もあって、そんなギャップが愛おしいのだそうだ。

12

一方、松浦さんが演じる青島ふうかは「メカ好きで、サバサバしている性格もあって男らしい」ところがある女の子。ふだんは妹系などかわいらしい役が多い松浦さんも、ふだんより意識して声を低めに演技しているとコメントしていた。

13

『サクラ』シリーズと言えば、スチームパンクを地で行く“蒸気”の演出が特徴の、“霊子甲冑”や“霊子戦闘機”というメカに登場してのバトルシーンも有名だが、『サクラ革命』では“霊子ドレス”と呼ばれる装備を身にまとって戦うことになるようだ。

15

先行してビジュアルが公開されていた“B.L.A.C.K.”。彼女たちは正式名称を“大帝國華撃団B.L.A.C.K.”といい、しのたちの大きな壁として立ちはだかることになる。ちなみに“B.L.A.C.K.”は“Brilliant、Legislative、Artistic、Celebrity、Knights”の頭文字をそれぞれ取ったもので、国民から大きな支持を得ているグループなのだという。

16

発表会では“B.L.A.C.K.”のセンターを務める“統星プラナ”を演じるLynnさんからビデオメッセージが届いていた。プラナは圧倒的存在感を持ったキャラクターで、自信に満ち溢れている女性。もちろん、それを裏付ける実力を持ち、歌も踊りも戦闘もすぐれているのだとか。そんな彼女に付けられたコードネームは“ダイヤモンド”。“B.L.A.C.K.”のメンバーはそれぞれ宝石をモチーフとしたコードネームがつけられているのだそうだ。

17

現在公開されているほかの“B.L.A.C.K.”のメンバーたち、夷守メイサは小清水亜美さんが、最明クルミは東山奈央さんが演じているとのこと。この3人だけでなく、ほかにもたくさんのメンバーが登場するようだ。

畑亜貴×田中公平による主題歌も!

ここからはスペシャルゲストとして音楽家の田中公平氏が登場。

じつはこのプロジェクトはゲーム『新サクラ大戦』が発売される前から長らく進めていたものだが、諸事情により正式発表ができない日々が続いていたため「やっとここまで来られたか」という感覚だったのだそう。

18

主題歌の『SAKURA HIKARU Revolution』および劇中歌の『Wonderful Future』は作詞を畑亜貴氏、作曲を田中公平氏が担当。今回は“詞先”の方式で楽曲を作っていったのだが、スタッフから資料として畑さんに「読むのに1ヵ月くらいかかるだろうという量」を送ったにもかかわらず、わずか数日でそれらを完全に昇華させた詞を作り上げてきて、全員が大いに驚いたという。「畑亜貴さんは10人いるんですよ。私は3人くらいかな」と、田中氏もいつもの調子で笑っていた。

19
20

『SAKURA HIKARU Revolution』は、しのたちの“日本奪還”の応援ソングにもなっており、曲中にも“三三七拍子”の拍手が入っているなど、元気になるような曲になっている。また、『Wonderful Future』についてはすでにMVが公開されているが、ほかにもさまざまな楽曲がすでに収録済なのだそうだ。

なお、『SAKURA HIKARU Revolution』と『Wonderful Future』は各種音楽ストリーミングサービスにて配信されることが決定している。詳細は後日発表されるとのこと。

21

また、この日から公式サイト、公式Twitterアカウントもオープンされ、今後ゲーム情報はそちらで公開されていくことになる。

22

“10大キャンペーン”がスタート

事前登録も併せてスタート。今後“10大キャンペーン”が予定されており、今回はそのうちふたつが公開された。

まずは、事前登録数に応じてゲーム内アイテムなど豪華報酬がもらえる“事前登録キャンペーン”。30万人達成で、ガチャ30回分にあたる“霊子水晶(りょうしすいしょう)”がもらえるほか、ログインボーナス“スタートダッシュの支給品”で、さらにガチャ最大20回分の霊子水晶がもらえる。

23
24

【開催期間:2020年9月2日~『サクラ革命』サービス開始まで】

もうひとつは“『サクラ革命』正式発表記念! 日本、奪“缶”。キャンペーン”。『サクラ革命』公式Twitter(@sakura_kakumei)で、抽選で5000名に“Coke ONドリンクチケット(お好きなコカ・コーラ社製品1本)”がその場で当たるキャンペーンとなっている。

<参加方法>
1.『サクラ革命』公式Twitterアカウント(@sakura_kakukmei)をフォロー
2.キャンペーン対象のツイートをリツイート
3.キャンペーン対象のツイートに記載されている応募用URLから応募
※キャンペーンは期間中、毎日1日1回、最大4回応募できます。

25

【開催期間:2020年9月2日~6日23時59分まで】

公式応援大使による応援番組が配信開始

VTuberとして活躍中の白上フブキさん、宝鐘マリンさんが『サクラ革命』の公式応援大使に就任。彼女たちによる応援番組の配信も決定している。発表会中にも中継がつながっており、とくに『サクラ』シリーズの超ファンだというマリンさんはテンションが上がりすぎて、マイクがハウリングを起こしていたほどだった。

【白上フブキさんのチャンネル&Twitterアカウント】
YouTube
Twitter

【宝鐘マリンさんのチャンネル&Twitterアカウント】
YouTube
Twitter

26

彼女たちの公式応援隊氏就任を記念してのTwitterキャンペーンも実施中!

27

ゲームの配信は2020年中を予定しているとのこと。太正100年の日本に何があったのか? ゲームシステムは? 歌は? アニメは? 今後の発表が待たれる。

28

また、番組の終わりに新たなPVが公開されていた。気になるゲームの中身も……。

29
30
31
32
33
34
35

ゲーム情報

タイトルサクラ革命 華咲く乙女たち
対応OSiOS/Android
配信日2020年
価格無料(アプリ内課金あり)
メーカーセガ
コピーライトOriginal Game Ⓒ SEGA / Ⓒ DELiGHTWORKS
公式サイト https://sakura-kakumei.sega.jp/