『ドラクエウォーク』大魔王デスタムーアは楽勝!? 転ばせて行動を止める戦いかたの詳細について【プレイ日記第640回】

2023-07-14 12:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ドラゴンクエストウォーク

『ドラクエウォーク』おすすめ記事
『ドラクエウォーク』攻略まとめ
『ドラクエウォーク』プレイ日記
『ドラクエウォーク』速報・最新記事

ファミ通Appドラクエウォーク攻略チームによる、人気アプリゲーム『ドラゴンクエストウォーク( #ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届け。

⇒ドラクエウォークプレイ日記まとめ

ゴジライラスト本日の担当:ゴジラ太田

⇒Twitter

今回の超高難度はまさかの2本立て!

皆さんこんにちは、ゴジラ太田です! 2023年7月13日に“DQVIイベント”が更新され、超高難度クエストが登場しました。驚いたことに今回はクエストがふたつ用意されていたんですよね。

21

筆者は、超高難度クエストは“どこでも目的地”で自宅近くに置いて挑戦しているのですが、1日1回しか使えないので(雨の日に異世界ドラキーが出れば2回使えますが)まずは限定称号が手に入る“超高難度クエストその2”から挑戦したところ、それほど危険な状況になることなくクリアーできました!

1戦目は“タックル戦法”で危なげなく勝利、2戦目はひだりてを倒してから頭部を集中攻撃という流れ。戦闘状態(HP、MPや強化など)を引き継いでの連戦になるので、1戦目は撃破目前になったら、強化をかけ直したりしてスムーズに2戦目を戦える準備をしたほうがいいかも。

 
01
 
02
 
03

▲デザインは……良くもなく悪くもなく?w

ちなみに上で触れた“タックル戦法”ですが、大魔王デスタムーアを転ばせて行動を止めながら戦えるという超お手軽な戦いかたのこと。

ここでは筆者が行っている“タックル戦法”の準備や流れなどを軽く紹介したいと思います。

まず、ニンジャに以下のこころを装備。

 
04

▲心珠は“ちから+20”を2個つけています。状態成功率アップの心珠があったら、それを装備しましょう。

ポイントとしては、

・よろいのきし(覚醒)を装備してスキル“よろいタックル”を使えるように
・状態異常成功率の上がるこころを装備(ここでは大神官ハーゴン、キャプテン・クロウ、妖魔ゲモン)
・こころ道で“すべての状態異常成功率+10%”を発動させる

こんな感じ。オートで“よろいタックル”を使わせたい場合は、大魔王デスタムーアが耐性を持っている属性スキルの武器を装備するのがオススメ。防具も“状態異常成功率アップ”があったら優先。ここでは“妖魔のボンテージ上”を装備しています。

 
05

これで“転び成功率+30%”と“すべての状態異常成功率+35%”で、合計65%に。この状態でニンジャが大魔王デスタムーアに“よろいタックル”を使うと、ほぼ確実に転ばせられるんですよね。ちなみに、“妖魔のボンテージ上”を外して合計62%で試してもほぼ確実に転ばせられたので、上記のこころさえ揃っていればこの戦いかたは可能です。

 
06

大魔王デスタムーアを転ばせることでパーティの被弾が激減するので、回復役はひとりで十分。それどころか補助しまくれるほどの余裕が。なのでパーティはアタッカー×2、ニンジャ、大神官という構成に。

 
07

ここからは実際の戦いかたですが、各ターンごとに解説します。

■ニンジャの行動
1ターン目・・・よろいタックル⇒吹き飛ばしを防げる
2ターン目・・・フバーハ⇒ここでブレス攻撃と大地砕きの予兆
3ターン目・・・よろいタックル⇒大地砕きを防げる
4ターン目・・・フバーハ⇒ブレス耐性を2段階上げてダメージを最小限に

よろいタックル⇒吹き飛ばしを防げる

1ターン目からニンジャは“よろいタックル”で大魔王デスタムーアを転ばせます。これで大魔王デスタムーアの3回行動すべてを止められるので、アタッカーは攻撃や強化、大神官もバイキルトなどの補助行動が可能に。

 
08
 
09

フバーハ⇒ここでブレス攻撃と大地砕きの予兆

転びは重ねがけできないので、2ターン目は大魔王デスタムーアが攻撃してきます。大魔王デスタムーアのHPが半分以下になっていなければ“しゃくねつ→大地砕きの予兆”という流れに。ここでのフバーハは“しゃくねつ”のダメージを抑えるためですね。大神官はこのターンも暇なので、バイキルトやスカラなど適当に仲間を強化しておきましょう。

 
10
11
 
12

よろいタックル⇒大地砕きを防げる

3ターン目は再び“よろいタックル”を使い大魔王デスタムーアを転ばせます。これで大地砕きを防ぐことが可能。アタッカーは攻撃し、大神官は“しゃくねつ”で受けたダメージを回復。

 
13
 
14

再びフバーハを使い“しゃくねつ”対策

4ターン目は、再びフバーハでブレス耐性を2段階に。大魔王デスタムーアはこのターンに“ふきとばし”を使ってくるのでニンジャに“うけながしの構え”を使ったいたのですが、別の仲間が吹き飛ばされることもあり安定しなかったのでフバーハに変更しました。

吹き飛ばされても1ターンで戻ってくるので、それほど戦況が悪化するわけではありませんしね。もし「絶対にニンジャを吹き飛ばされたくない」という人は保険で“うけながしの構え”を使っておくのはアリ。その場合はパーティにゴッドハンドを入れないようにしましょう。ニンジャを庇ってゴッドハンドが吹き飛んでいきます(笑)。

 
15

大神官はアタッカーにバイキルトなど強化効果を使い効果ターンを延長。アタッカーはひたすら攻撃です。

 
16

きせきのつるぎ、世界樹のつるぎなど、それなりに火力を出せる武器が2本あれば、ソロで戦っても4ターン目には大魔王デスタムーアの残り体力はわずかなはず。同じように“よろいタックル”を使いながら押し切れば勝てるでしょう。

ただ注意したいのが、“3回目以降のよろいタックルは効かない場合がある”ということ。耐性がつくのかどうか謎ですが、転ばない場合があるので油断しないように戦いましょう。

上記の戦いでの注意点をふたつ

“よろいタックル”を使った戦いかたは非常に楽ですが、注意したい点がふたつあります。

■稀に1ターン目で“よろいタックル”が効かない場合がある
非常に稀ですが、1ターン目で“よろいタックル”を使っても転ばない場合があります。ですが、1ターン目なので転ばなかったら逃げて再戦すれば問題なし。1ターン目で転ばせられないまま続けると吹き飛ばしや全体攻撃などをモロに食らいパーティが危険な状態に。さらにスカラも使われるので物理ダメージを与えにくくなってしまいます。

■“影縫い”が入った場合を想定してこころ道で強化
たまに“転び”と“影縫い”が同時に入ることがあります(HPバーのアイコン部分に×印が一瞬ふたつ表示される)。この場合は“影縫い”効果が優先された場合、こころ道で“影縫いの1ターンに強化”しておかないと、大魔王デスタムーアが攻撃してきてしまう点に注意。

もし大魔王デスタムーアが3回行動してくるターンに“影縫い”が発動した場合、影縫いを強化していないと1回目の行動だけ止まり、2回目、3回目の行動を行ってくるということですね。

17

▲影縫い効果の1ターン強化は忘れずに!

この2点だけ注意しておけば、大魔王デスタムーア戦はとても楽になります。苦戦している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

今週のボーナスダンジョン

 
18
 
19
 
20

最近ドラキーしか揃わなくなったな……(´・ω・`)

それでは、また!

【ドラゴンクエスト関連商品をAmazon.co.jpで見る】

ファミ通Appディスコードに『ドラクエウォーク』チャンネル開設!

ファミ通Appディスコードサーバーにおいて、『ドラクエウォーク』のチャンネルを開設しました。本作の攻略から雑談など『ドラクエウォーク』に関わるコミュニケーションがとれる場として運用しております。 興味のある方はお気軽にご参加ください。

【ファミ通Appディスコードはこちら】

ドラゴンクエストウォーク

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカースクウェア・エニックス
公式サイトhttps://www.dragonquest.jp/walk/
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧