『ドラクエウォーク』メガモン‟大魔王デスタムーア”のソロ安定攻略法(ラミアスのつるぎなし)【プレイ日記第639回】

2023-07-08 08:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ドラゴンクエストウォーク

『ドラクエウォーク』おすすめ記事
『ドラクエウォーク』攻略まとめ
『ドラクエウォーク』プレイ日記
『ドラクエウォーク』速報・最新記事

ファミ通Appドラクエウォーク攻略チームによる、人気アプリゲーム『ドラゴンクエストウォーク( #ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届け。
⇒ドラクエウォークプレイ日記まとめ

松脇本日の担当:松脇さんば
⇒(ツイッター

メガモン>ギガモン

『ドラゴンクエストVI』イベントも終盤戦に差し掛かり、7月6日にはメガモンスター大魔王デスタムーアとギガモンスター幻魔王デスタムーアが登場しました。

S__48570372

そして強いと言われているのが、ギガモンではなくメガモンの大魔王デスタムーア。

全体に600前後のダメージを与えてくる‟はげしいほのお”、味方ひとりを戦闘から離脱させる‟ふきとばし”、予兆から繰り出される大技“大地砕き”は、バイキルト後だと1200ダメージも食らうなど、かなりのパワーメガモン。

新武器である、ラミアスのつるぎで攻撃アップ状態を解除すれば、‟大地砕き”もなんとか耐えられるようになりますが、引けていない……という人も多いはず。

ということで、今回はまったり勢でも無理やり組める大魔王デスタムーア(メガモン)安定攻略編成(ラミアスのつるぎなし)を紹介します。

パーティー編成

魔剣士(アタッカー)

S__48570376S__48570375

ニンジャ(攻撃ダウン、影縛りなど)

S__48570377S__48570378

大神官(攻撃ダウン、バフなど)

S__48570379

大神官(回復)

S__48570381S__48570383

筆者コメント
アタッカー、攻撃ダウン役ふたり、回復役という編成。攻撃ダウン役は手持ち次第ですが、武器かこころで攻撃ダウンスキルを使えるようにします。

こころに関しては、魔剣士はとにかく火力を出せるように。攻撃ダウン役は職業にもよりますが、ランプのまじんとブレアはステータスが優秀なうえ、今回有効な耐性を持つので優先度高め。回復役はいつものやつで大丈夫です。

防具は、凱旋頭(メラ耐性5%)、バトルドレス上(ジバリア耐性10%)、凱旋下(メラ耐性5%)のセットを基本に、それ以上の耐性を持つ防具があれば適宜変更。ジバリア耐性を優先した方がいいかもしれません。

立ち回りと注意点

編成を見て察した人も多いでしょうが、物理攻撃主体の大魔王デスタムーアに効果的な攻撃ダウンを常に入れていく作戦です。攻撃ダウンを常に入れるよう立ち回れば、“大地砕き”も驚異ではなくなります。

僕の編成では、攻撃ダウン役を担っているのが、ニンジャ、大神官ですが、大魔道士に変えてもオーケー。

ニンジャに黒嵐のツメ(テンペストブロウ改)、大魔道士に光創神のつえ(女神の閃光)を持たせれば、オートプレイも可能です。というかそっちの方が火力も出るのでよいです。筆者は大魔道士の枠が育っていなかったために、大神官になっています。

そして、安定プレイを崩される原因となるふきとばし対策ですが、ふたつあります。

①魔剣士のすばやさを1番高くしておく
ちゃんと検証できたわけではないのですが、今回のふきとばしは“すばやさ”がひとつの基準になっていそうです。

S__48570384S__48570386

▲この編成の場合には、ニンジャにふきとばしが飛んできた。

バイキルト⇒ふきとばしで攻撃ダウン役がひとりになると、戦況が崩れてしまうので、アタッカーである魔剣士に“ふきとばし”が来るようにしておきます。ニンジャを採用する場合は、すばやさに気を付けましょう。

②とっしん後にうけながし(例外あり)

“ふきとばし”をしてくるのは、とっしんの後か、とっしん&予兆⇒大地砕きの後が多いです。今回のふきとばしは1ターンで戻ってくるので、くらってしまってもそこまで影響はないのですが、戦闘時間が伸びていいことはないので、魔剣士に“ふきとばし”が来ることが確認できたら、‟うけながしのかまえ”でしのいでおきましょう。

さて、肝心の“大地砕き”ですが……。攻撃ダウン役ふたりがちゃんと動いていれば、正直気にしなくていいレベルです。

▲スクショ撮るの下手すぎん…?1枚目だと900ダメージとかもらっていそうに見えますが、じつは90ダメージくらいしか受けていません。

まぁこれは、攻撃ダウン2段階に味方はスカラ状態という、こちらにとって最高の状態で受けた“大地砕き”なので、ふつうはもう少しダメージをくらいます。が、1発でやられるようなダメージをもらうことはありませんし、この状態を作るのもそこまで難しくありません。

バイキルトで攻撃ダウンを相殺されたあとが1番ダメージをくらいやすいですが、ニンジャの影縛り、分身の術、呪文系ならやまびこなど、攻撃ダウンの試行回数を稼ぐ要素も結構あるので、ふきとばしさえ食らわなければ、攻撃ダウンを再度入れるのも難しいことではないでしょう。

ということで、攻撃ダウンさえ入ればじつは結構安定するデスタムーア戦。ただ、この作戦はアタッカーによっては時間がかかっちゃうのが難点ですね。

それこそ、攻撃ダウン役を大魔道士+光創神のつえ(女神の閃光)にできれば、サブアタッカー兼フォースブレイク役として活躍してくれるので、組める人は大魔道士入れると時間短縮になると思います。

とはいえ時間も大事ですが、まずは倒せてなんぼですからね! 大魔王デスタムーアに苦戦している人は、今回の編成&作戦を参考にしてみてください。

デスタムーア戦まとめ
・こころと防具でジバリア耐性、メラ耐性を盛る
・攻撃ダウン役をふたり編成して、常に攻撃ダウンを打ち続ける
・“ふきとばし”はアタッカーに飛ぶように調整。すばやさを高めた方がよさそう
・攻撃ダウンが入れば“大地砕き”は脅威にならない

【ドラゴンクエスト関連商品をAmazon.co.jpで見る】

ドラゴンクエストウォーク

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカースクウェア・エニックス
公式サイトhttps://www.dragonquest.jp/walk/
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧