『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』カードイラストからアイドルたちの重厚なバックボーンを垣間見る【アイマス日記第200回】

2022-12-10 07:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ

『SONG FOR YOU!ガシャ』によって深みが増すストーリー

バンダイナムコエンターテインメントが展開する『アイドルマスター』シリーズ関連の話題を取り上げる『アイマス日記』をお届け。

担当:東響希

3

『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』では、現在『SONG FOR YOU!ガシャ VOL.35』が開催中である。こちらはアイドル名とともに、それぞれの曲名を冠したカードがピックアップされるガシャとなっており、一部のカードについては登場と同時にゲーム内に同名のソロ曲が実装される形となっている。1回のガシャで2名のアイドルにクローズアップする形で、すでに全アイドルが1回は取り上げられており、現在は2巡目になっている状況だ。

 
1

この『SONG FOR YOU!ガシャ』の特徴は、覚醒前のカードイラストでピックアップされているアイドルのバックボーンが見られることだ。とくに一部のアイドルについては幼少のころのワンカットが登場しており、アイドルたちの両親や家族の姿も観られる。一部のアイドルについては、現在の状況と照らし合わせると、よりドラマチックに見えてくるのもおもしろい。

まずは、“Precious Grain 最上静香”の覚醒前は、小さいころのピアノの発表会の様子で、観に来てくれていた父に褒められて喜んでいる姿である。一方で、現在はアイドル活動に難色を示している父と反目しあっており、“プロデューサー”の説得によって、父親の態度はやや軟化したような描写はあったものの、完全に和解しているという感じでもない。小さいころの関係性の対比をすると、キャラクターがより立体的に見えて複雑な設定が立ってくる。

 
3

また、“絵本 北沢志保”では、幼い“北沢志保”が赤ん坊の弟を抱えて、どこか決意めいた表情で佇んでいる。詳しい原因は描かれていないが、父親とは数年以上の別居状態で、現在も母親と弟の3人暮らし。カードのテキストから、小学生ながらも自分が家族を支えるという決意を固めている様子が見られる。結果として、ストイックで自分に厳しい性格が形成されていったのだろう。彼女の持つバックボーンの重さが感じられる。

 
4

“デコレーション・ドリ~ミンッ♪ 周防桃子”では、仲睦まじい一家の団らんが描かれているが、現在、“周防桃子”は祖母と暮らしており、父母ともに別居状態で家族はバラバラ。子役として活躍し始めた後に家族関係が壊れており、自分ががんばることで関係が修復される可能性を夢みている重い設定だ。メインストーリーでは、どちらかが引き取るので本人に選ばせるという連絡が来ており、公演を前にして悩むというエピソードがさらに胃をキリキリさせてくる。イラストで昔の幸せを描くことで、いまの切ない心境がより際立って見えてくる。

 
5

ここまではとくに設定が重い3人を紹介したが、おもしろいイラストとして“水中キャンディ 馬場このみ”では、あったかもしれないもうひとつの物語が描かれている。本来は、事務員の面接に来たはずが“プロデューサー”の勘違いを発端にアイドルデビューした経緯があり、このカードのイラストはそのまま事務員になっていたらという想像のワンシーンだ。

6

このように『SONG FOR YOU!ガシャ』では、これまでは明確に描かれなかった設定が解禁されることもあるため、今後も要注目のガシャとなっている。

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーバンダイナムコエンターテインメント
公式サイトhttps://millionlive.idolmaster.jp/theaterdays/
公式Twitterhttps://twitter.com/imasml_theater
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧