#コンパス攻略まとめ

#コンパスの攻略記事

2022年のグランドスラム覇者は“よぴmise・コングルゥ”に決定!“大炎上#コンパスグランドスラム”決勝戦リポート

2022-12-07 15:40 更新

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

#コンパス 【戦闘摂理解析システム】

#コンパスアートブック2018(小)『#コンパス 戦闘摂理解析システム オフィシャルアートブック2018』好評発売中!【Amazonでこの本を購入】 【Amazonで電子書籍を購入】

2022年最強が決定!!報酬300万円の行方は?

2022年12月3日、“#コンパスフェス6th ANNIVERSERY”内で“大炎上#コンパスグランドスラム決勝戦”が行われた。2022年の大会シーンの最高峰を決める本決勝戦のリポートをお届けする。

 
grandslam

▼配信アーカイブはこちら

決勝戦はBO5 BANルールあり

決勝戦のルールは以下の通り。BO5に加えて準決勝リーグ戦同様ヒーローBANルールを採用している。

BANルールとは各ラウンドの開始前にBAN権利を持つチームが1ヒーローを指定して以降のラウンドでは両チームともそのヒーローを使用不可とするもの。

※1戦目のBANヒーローは1位通過のチームが指定する権利を持つ。

BANルールを採用することで現状の環境で強いヒーローや構成を使用することが出来なくしたり、相手チームプレイヤーの得意とするヒーローをBANするなど戦略の幅が広がる。

今回の決勝戦では2戦目以降も1度BANしたヒーローを受け継ぐため、ラウンドが進むほどに使用可能なヒーローが減っていきさまざまなヒーローを使用するスキルが求められることになる。

 
決勝ルール

 

▲決勝戦ルール。BAN以外は昨年のルールを踏襲している。

報酬300万円を含む豪華優勝賞品

優勝はなんと報酬300万円!!!さらにヒーローオーダーコスチューム権、プロフィールラベルが贈られる。

 
costume

▲優勝チームにのみ与えられるオーダーメイドコスチューム!

 prize_item01prize_item02

▲副賞にWEGOブランドによるコーデセット、カラオケ利用券

出演者紹介

実況MC 夜代太郎解説 太陽王ムハハーンステージMC トンピ

出場チーム紹介

WELLPLAYED LEAGE代表ルミナス

 
ルミナス

#コンパス甲子園代表よぴmise・コングルゥ

 
よぴ

決勝戦リポート!

第1ラウンド

第1ラウンドの配信の模様はこちら→https://youtu.be/7KUgZTkeUy0?t=18868

 IMG_8536_result
IMG_8537_result

第1ラウンドのステージ選択、BAN選択は1位通過のルミナスに選択権。ステージはケルパーズ、BANヒーローは仕事人選手の得意なルルカをBAN。

ステージ構成が大きくふたつに分かれているケルパーズ。序盤は全ヒーローがA,Eポータル側で戦闘。お互いの1陣を奪い合うがお互いの総力を尽くして1陣を奪わせない。

徐々に陣が広がり安定したころに両チームのトマスを除く2名がB-Dポータル側に移動。残り3点の奪い合いとなる。ここで優勢を取ったのはよぴmise・コングルゥ。狐ヶ咲甘色、アインズのコンビでルミナスのアイズ・コクリコを上手くしのぎ切り3点すべて取得、4-1でよぴmise・コングルゥ有利とする。

戦士選手のアインズのHAとカウンターによる防御が巧みにきまり、後一歩のところでルミナスがポータルを奪えない。仕事人選手の甘色のカウンターも見事でルミナスは3-2まで盛り返すものの時間切れ。3-2でよぴmise・コングルゥの勝利。

 IMG_8594_result IMG_8595_result

▲移動速度が遅く体力も低く貫通に弱いアインズを巧みに操作して耐久していた

IMG_8598_result

▲仕事人選手のカウンターも要所要所でしっかり決まっていた。

第2ラウンド

第2ラウンドの配信の模様はこちら→https://youtu.be/7KUgZTkeUy0?t=19810

 
IMG_8543_result
IMG_8545_result

第2ラウンドは第1ラウンドで敗北したルミナスがステージとBANを選択。ステージはかけだせじっぱか城、BANヒーローはアインズを選択。現状のガンナーの中で火力がトップクラスのアインズを封じ込めてきた。

お互いスプリンターが1陣を確保したのちワープポイントからB、Dポータルへ互いのアタッカーとタンクが向かう。ルミナスはソル、グスタフで初手から敵側ポータルを狙う。

先んじてルミナスが敵2陣を確保するも戦士選手のUR“モモンナーベ”からのUR“ソード・オラトリア”を起点にソルを撃破。グスタフとリヴァイにとろさーもん選手のグスタフひとりの2対1の状況になってしまう。

不利な状況であるがとろさーもん選手がリヴァイ・グスタフに対してUR“絢爛の美”、UR“アイウォントアウト”の周囲2枚を連続でふたりにヒットさせる。取得したポータルを守って広げることに成功する。復帰したソルと援護に来たVoidollと協力してルミナスは数的有利をここから確保。B,Dポータルを取得して3-2の有利。

大きいポータルを3点取得したルミナスは大幅有利。まだ時間は残っていたがこの有利を終始守り切りそのまま3-2での勝利となった。

 
IMG_8601_result

 

 
IMG_8602_result

 

▲序盤の2対1をしのぎ切って大きいポータル3点を確保できたのが大きかった。

第3ラウンド

第3ラウンドの配信の模様はこちら→https://youtu.be/7KUgZTkeUy0?t=20739

 
IMG_8551_result
IMG_8553_result

よぴmise・コングルゥがステージ、BANヒーローを選択。つっぺる工事現場・リリカを選択。HSゲージを貯めやすい本ステージで、HSを溜める方が強いリリカ・マルコス構成を使用させない意図かと思われる。

ルミナスは1回目の崩落終に合わせて早々にコクリコのHSを使用。さらにUR“空駆け”で加速して自陣2陣を取得せずに敵陣に強襲する。HSとカードを駆使してコクリコがステリア、ニーズヘッグを撃破。残るジャンヌもルミナスが撃破してルミナスは敵2陣を獲得しての3-1とする。

 
IMG_8612_result

▲コクリコHSを絡めた強力な攻めで早々に敵2陣の確保に成功するルミナス。

ここで2回目の床崩落。床復帰後、ルミナスは一旦確保した敵2陣を敵に譲りわたして自陣2陣を確保。HSを溜める。

その後ルミナスはコクリコ以外が撃破されてしまい一時的に3対1の状況となるがとろさーもん選手のコクリコがUR“オールレンジ”を複数に当ててHSを使用せずに耐久に成功する。3度目の床崩落が発生。

ここでルミナスはコクリコHS、のほHSを発動。3点の防衛に入る。残り20秒まで粘ってディズィーのHSを発動。よぴmise・コングルゥ3人を強制スタンしてCポータルを守り切る。ルミナス3-2で勝利。

 
IMG_8617_result

▲残り20秒までディズィーHSを温存できたことにより3人スタン。ポータルを守り切った。

第4ラウンド

第4ラウンドの配信の模様はこちら→https://youtu.be/7KUgZTkeUy0?t=21532

 
IMG_8556_result
 
IMG_8557_result

後がないよぴmise・コングルゥは光と闇のライブステージ・BANヒーローに忠臣を選択。とろさーもん選手が光と闇のライブステージで使用することの多い忠臣を封じ込める作戦だろう。

さらによぴmise・コングルゥはこれまでの大会でも大きな活躍を残してきた戦士選手のリヴァイを投入。後のない状況で逆転を狙う。

序盤からこの戦士選手のリヴァイの活躍が始まる、、、!自陣1陣をルミナス春麗に獲得されるも素早くHAで強襲。通常攻撃につなげてキルを取る。

さらにその後フォローに来たグスタフ、甘色をUR“モモンナーベ”、UR“小さな刃”の連切りからの連携で2タテに成功!これをきっかけによぴmise・コングルゥはCポータル以外の3点の確保に成功する。

下3点を広げ切ったらほぼ勝利は揺るがないのが光と闇のライブステージのセオリー。よぴmise・コングルゥは獲得したポータルを守りきりつつ勇者のジャンプも使用してCポータルも確保。

このまま守り切ってよぴmise・コングルゥの勝利。

 
IMG_8620_result

▲1陣確保に成功した春麗にHAでポータル取得モーションのスキを撃破。

 
IMG_8621_result

▲返す刀でグスタフ・甘色を倒すリヴァイ。

 
IMG_8622_result

▲早々に3点目の確保に成功。リヴァイの行動が輝くラウンドとなった。

第5ラウンド

第5ラウンドの配信の模様はこちら→https://youtu.be/7KUgZTkeUy0?t=22347

 
IMG_8559_result
IMG_8560_result

決勝戦はついに最終ラウンドまで突入。選択権のあるルミナスは大会用でらクランクストリート・BANヒーローディズィーを選択。HSの貯めやすくディズィーの得意な“捲り構成”を封じ込めた。

ルミナスはコクリコ、リムル、ルチアーノ。HSが強くかつHAで受けの状況の強いリムルもいることからHSを溜めて後半に逆転する構成。対するよぴmise・コングルゥはデルミン、忠信、アタリ。デルミンと忠信がドアとテレパスで飛んでそのあいだにアタリが自陣を確保して有利状況を守り切るタイプだ。

序盤はデルミンがドアで敵2陣、忠信がテレパスで敵1陣を襲撃。ルミナスは忠信の移動を読み切って3人で即時撃破。しかしこのあいだにデルミンがある程度2陣を広げきる。

 
IMG_8630_result

 

▲2陣確保の成功後、残った1陣に乗り込んでルチアーノにHSを溜めさせない作戦。

ここからUR“ぶじゅつか”を所持するアタリが防衛に加わる。ただでさえ移動力が早いアタリにUR“ぶじゅつか”が相まって厄介な相手。よぴmise・コングルゥはとにかくルチアーノのHSを溜めさせまいとルミナスが唯一確保している1陣でHSを溜めさせまいと妨害に入る。

ただでさえ防衛が強い構成に忠信のカウンターが光る!コクリコを撃退したうえに瀕死ギリギリんの状態でルチアーノもカウンターで撃破!ここで試合の大勢が決まったように思える。2陣が安定しリスポーンしたルチアーノは時間ギリギリまでHSが溜まらなかった。最後にルチアーノがHSを使用するも逆転に至らずよぴmise・コングルゥの勝利となった。

 
IMG_8632_result
 
IMG_8633_result

▲忠信の的確なカウンターが防衛を決定づけた。

3本を先取したよぴmise・コングルゥが2022年グランドスラムの覇者に決定した。

優勝はよぴmise・コングルゥ!!!

IMG_8638_result

 

▲九州大会・甲子園全国大会を経てグランドスラムの覇者となった。大きなガッツポーズで勝利を喜ぶ仕事人選手。

IMG_8645_result

優勝賞品の目録とトロフィーが林Pより贈呈された。

BAN制、BO5の導入によりプレイヤーのスキルはより求められる時代に

BANルールが採用されたことで特定のヒーローだけが採用され続ける場面が増えてバリエーションの多い見ごたえの多い試合が増えたように思われる。反面、プレイヤーはさまざまなヒーローを使いこなす必要が出てよりPSが求められるようになってきていると思われる。来年以降のプレイヤーのヒーロー研究、練習の方向性はまた今年とは違ったものになっていくだろう。新しい大会シーンに期待したい。

▼配信アーカイブはこちら

#コンパス 【戦闘摂理解析システム】

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクション
メーカーNHN PlayArt/ドワンゴ
公式サイトhttp://app.nhn-playart.com/compass/
公式Twitterhttps://twitter.com/cps_niconico
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る