ポケモンGO攻略まとめ

ポケモンGOの攻略記事

【ポケモンGO日記#127】カプ・テテフの暴力に屈するメガハガネール/4月のコミュニティ・デイでヌイコグマが初登場(タワラ編)

2022-03-24 18:26 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ポケモンGO

きあいだまで努力を消し飛ばすカプ・テテフ戦

タワラです。シェードジャングルイベントが始まって以降、ひたすらカプ・テテフを追いかけ続けています。

初日こそ人は集まったのですが、つぎの日以降はレイド参加者が少なくなる一方。毎日タマゴが割れる前に現地に到着⇒だれも集まらないので家に帰るという虚しい時間をくり返しています。

そんな苦労もありつつ、なかなかの良個体が確保できました。後はのんびりと個体値マックスを狙えたらいいかなという感じです。

IMG_5600

カプ・テテフはすでに10戦以上挑んでいますが、やはりはがねタイプのポケモンが大活躍ですね。

弱点がどく、ゴースト、はがねの3タイプなので、メタグロスが刺さりまくっています。

IMG_5590

【カプ・テテフのデータ】
タイプ:エスパー、フェアリー
弱点:どく、ゴースト、はがね
耐性:かくとう(二重耐性)、ドラゴン(二重耐性)、エスパー

今回のレイドははがねタイプが効くことがわかっていたので、イベント初日は前回の日記で書いた通りメガハガネールを導入してみました。

耐久力に優れたメガハガネールなら、カプ・テテフ相手でも長時間戦えるはず……というのが戦闘前の予想。

IMG_5587

対策パーティーはメガハガネールに加え、メタグロスとディアルガ、ルカリオを入れてみました。

メガシンカが解除された2日目以降は、メガハガネールの枠にゲンガーを編成しています。

IMG_5591

メガハガネール一体で戦闘が終わるまで持ちこたえる。戦闘前はそんな予想をしていたのですが、これがただの妄想だったことを数秒後に思い知ることになりました。

戦闘開始後、無慈悲に放たれたカプ・テテフのきあいだまでHPが6割ほど削れるメガハガネール。そのまますぐに2撃目ももらい、相手のHPバーが半分削られないうちにダウンしました。

エスパー、フェアリーのタイプ的にも、外見からもかくとうタイプのわざを使うのは完全な不意打ちです。ドヤ顔でメガハガネールを先頭にしていた自分が恥ずかしい。

IMG_5593

けっきょく、後続に控えていたメタグロスがすべて片づけてくれて、攻略自体は楽に終わったのですが……。

メガエナジー200個をムダに使ってしまったという残念な気持ちだけが残りました。メガシンカできる制限時間アリ、エナジーを集めるのがたいへんなのを考えると、メガレイドに人が集まらない理由も理解できます。

苦労してメガエナジー集めるより、メタグロス一匹強化したほうが圧倒的に楽。

IMG_5594

そんなわけで、事前のリサーチ不足によりメガハガネールの出番は終わりましたが、カプ・テテフ自体は順調に集められています。

メタグロス、ディアルガさえいれば大抵の相手はなんとかなる。汎用性が高すぎるので、またダンバルを大量に集められるイベントが来ることを待ち望んでいます。

IMG_5620IMG_5621

スーパーリーグへのリベンジ

シェードジャングルイベントは集めるべきポケモンも一通りゲットしたので、カプ・テテフ集めと併せてスーパーリーグへのリベンジを考えています。

前回はCP1500の強いポケモンが揃っていませんでしたが、あれから少しずつ戦力を拡張して準備は万全。新戦力として、高個体値のシャドウサーナイトを育てておきました。

わざ構成は、あまえる/サイコキネシス。おもにドラゴン、かくとうタイプのポケモンへの対処をしてもらいます。

IMG_5622

そのほかはスペシャルアタックの回転率が速いズルズキンと、フシギバナをはじめとするくさタイプ対策としてリザードンを採用。

でんきタイプへの対策ができず不安は残りますが、このパーティーでスーパーリーグでチャレンジしていきます。なお、先日のコミュニティ・デイでゲットしたサンドパンは上手く運用できなかったので、残念ながらパーティーから降りてもらいました。

IMG_5623

4月のコミュニティ・デイで新ポケモンが登場!

2022年4月23日に開催されるコミュニティ・デイで、『ポケモンGO』初実装となるヌイコグマが登場することが発表されました。

進化形のキテルグマの図鑑説明が怖いと評判のポケモンですね。

unnamed

新ポケモンがいきなり色違いも実装され、コミュニティ・デイでゲットできるということで、かなり注目を集めるイベントになりそうです。ただ、今回のコミュニティ・デイは14時から17時までの3時間開催に変更されています。変更というより、2020年ごろの仕様に戻ったというのが正しいのですが、最近は6時間開催が当たり前だったので短くなった気持ちになるのは否めません。

加えて、キテルグマに進化するのに必要なアメも400個必要になるので、3時間きっちり参加しないと取り逃しが発生しそうです。

時間が短くなったぶんイベントボーナスは充実しているため、お得感はあるのですが……。6時間あると余裕を持って参加できていたので、個人的には戻ってほしいところ。今回は試験的にもとの時間に戻すとのことなので、次回からはまた6時間になったらうれしいです。

ポケモンGO

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルその他
メーカーナイアンティック
公式サイトhttp://www.pokemongo.jp/
公式Twitterhttps://twitter.com/PokemonGOAppJP
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る