『FF7FS』シーズン2でバハムートが降臨!新スタイル“ドラグーン”や新武器“フレアスロアー”、“インフェルノキャノン”をチェック!【先行プレイ】

2022-02-25 12:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー

編集部おすすめの『FF7FS』攻略記事

新スタイルも登場し環境が一変するシーズン2

スクウェア・エニックスより配信中の『FINAL FANTASY VII THE FIRST SOLDIER(ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー)』(以下、『FF7FS』)にて、近日シーズン2が開幕となる。

無題

シーズン2からは新スタイルとしてドラグーンが登場。また、新モンスターのバハムートが出現するなど、環境が大きく変わりそうなアップデートが入る。

そんなシーズン2を実装に先駆けてプレイする機会を得たので、本記事にて詳しい内容を紹介していこう。

入手難度は高いがハイパワーな新武器は探す価値アリ!

これまで5種類あった操作キャラのスタイルに、シーズン2からはドラグーンが追加される。

ドラグーンは空中での操作方法が豊富で、機動力に長けているのが特徴だ。

Screenshot_20220222-092551559

最初から使用できるアビリティは、上空高くに飛び上がるハイジャンプ。

エアロに乗ったときのように高く飛べることに加え、その後の落下スピードが緩やかになる。使い勝手はエアロに近いので、最序盤から移動が楽になる便利なアビリティだ。もちろん、エアロも装備すれば2連発でハイジャンプを使えるような状態になるので、移動や敵から逃げるのも容易になる。

ハイジャンプ
ハイジャンプ2

そして、高く飛ぶだけではなく、そこから滑空ができるのもドラグーンの魅力。

スタイル特性の“エアマスター”により、一定高度でジャンプ操作をするとグライダーが展開する。滑空中の速度も速く、緩やかに落下していくので移動がとにかく楽。バイクやクルマを入手できなくても困らないほどの移動能力を持つ。投下物資が近くに落ちた際は、周囲の索敵をしながらいち早く向かえるので装備収集もしやすい。

グライダーはハイジャンプと組み合わせる必要はなく、高い建物や山から落ちても同じように発動できる。ウォールランと組み合わせても使えるので、使い勝手もよく移動が楽しくなるスタイルだ。

ハイジャンプ3

また、一定高度にいるときに攻撃アイコンをタップすれば、落下攻撃も使用可能。

少しのあいだ照準を合わせながらその場に留まり、一気に落下して範囲内の敵にダメージ&ノックバックを与える。移動中の敵を狙うのは難しいが、空から奇襲を仕掛けるときに使えそうだ。

ハイジャンプ4
ハイジャンプ5

新スタイルだけでなく、新たなマテリアや武器もシーズン2から登場する。

新武器のフレアスロアー、インフェルノキャノンは新しいタイプの宝箱からドロップ、またはバハムートを倒した際にも入手可能。

新しい宝箱は禍々しい外見をしているので、一目でわかるはず。マッピングペンではほかの宝箱と同じ色で表示されるので、新武器の入手を狙って散策をしてもよさそうだ。

ちなみに、新武器が確定ドロップするわけではないが、20個ほど開けた限りでは毎回なんらかの金装備がドロップした。レア装備をゲットできる確率が非常に高いので、これまで以上に宝箱の表示には意識を向けたほうがいいだろう。

Screenshot_20220223-190423338
フレアスロアー2

新武器のひとつ、フレアスロアーはいわゆる火炎放射器。射撃アイコンをタップし続ける限り、弾薬が尽きるまで前方に炎を出し続ける。

威力も高いので、相手に直撃させ続ければ一瞬で撃破まで持ち込むことが可能。建物内をはじめ、近距離戦に持ち込める場面なら随一の性能になるだろう。狙いやすく、ダメージも高いショットガンのようなイメージだ。

フレアスロアー4

もうひとつのインフェルノキャノンは、広範囲の照準を持つ銃。

ほぼエイムの必要はなく、照準内に敵が収まった瞬間に銃を撃つと、後は発射されたエネルギー弾が自動的に敵を追尾してダメージを与えてくれる。

インフェルノキャノン2

▲照準が広く、覗く必要すらないインフェルノキャノン。ただ前方に敵がいたら撃つだけで弾が当たる超強力な武器だ。

弾速も速く、自動追尾なので精密射撃も不要という便利すぎるインフェルノキャノン。

ただ撃つだけでも強いのだが、この武器はチャージも可能で、溜めた時間に応じて弾の威力がアップする。さらに、最後までチャージすると一定時間ビームを放射するようになり、継続的に大ダメージを与えられるように。

プレイヤー同士の戦いはもちろんだが、大型のボス相手にはとくに活躍しそうな武器となっている。

インフェルノキャノン3

新マテリアのテレポも、宝箱からしか入手できないレア装備。入手難度が高いぶん、その効果が絶大で入手できたらバトルを有利に進められるようになる。

テレポは、指定位置まで瞬間移動できるワープポイントを作る効果を持つ。一定範囲内でワープの距離を指定でき、壁などは貫通できないもののある程度は高低差があっても設置可能。

テレポ
テレポ2

バトロワゲームに詳しい人なら、この効果がどれだけ強いかはよくわかるはず。

敵との距離を一瞬で詰められ、ピンチになったら撤退も可能なテレポは、チーム戦ではとくに重宝することになるだろう。ワープ後の硬直もほぼ0なので、フレアスロアーなどと組み合わせると脅威になりそうだ。

テレポ3

ソロでの攻略は至難の業?バハムートが強すぎる!

シーズン2で多くのプレイヤーがチャレンジすることになるであろう、バハムートについても判明した内容を紹介していく。

バハムートは突発的なイベントで出現するのではなく、毎試合で常時出現しているモンスター。つねに空を飛んでおり、マップ内の特定位置に停留しているタイミングでチャレンジできる仕組みだ。

バハムート2

▲マップにもつねにバハムートに位置が表示されている。

バハムートが停留するポイントは4つあり、いずれも山やプレート支柱の最上部など、高所に降り立つ。

これに併せて、バハムートの停留所付近にはテレポも設置されている。このテレポに入れば高い場所まで登る必要がなく、即座にバハムートのいる位置までワープできる仕組みだ。エアロやドラグーンのハイジャンプがなくてもすぐに移動できるので、どのスタイル、装備でもチャレンジ自体は気軽にできる。

 

バハムートテレポ

▲テレポ付近での出待ち漁夫が流行りそうな予感……。

バハムートが停留所にいる場合は、その周囲にバリアのようなものが展開される。

このバリアは侵入は可能だが、銃弾などの攻撃を通さない仕組み。遠距離からスナイパーでチクチクダメージを与えることができないので、正々堂々と戦うしかない。

バハムート3

肝心のバハムートの強さだが、ソロで10回以上挑んで一度も勝利することはできなかった。

立ち回りの工夫はもちろんだが、ほかにもレベルアップ、投下物資や宝箱からレア装備をゲットするなど、できる限りパワーアップした状態で挑む必要があるだろう。少なくとも、序盤に手に入る装備だけで挑んで勝てる相手ではなかった。

バハムート4

バハムートに苦戦を強いられる最たる理由は、相手が使ってくるホーミング攻撃の“ヘビーストライク”。

両手に作り出したエネルギー弾を順番に二回投げ飛ばしてくるのだが、この攻撃がとにかく痛い。当たり判定も広く、近くに着弾したらダメージを受けてしまう。

バハムート5
バハムート6

この攻撃の恐ろしいところは、その追尾性能。

弧を描きながら飛んでくるので、岩陰に隠れていようが問答無用で被弾するのだ。走っていると運よく当たらないこともあるが、銃を撃っていたり、立ち止まっているとほぼ確実にヒットする。

バハムート7

▲岩を挟んでポーションで回復。互いにまったく姿が見えない位置なので安全かと思いきや……。

バハムート8

▲横から驚異的なカーブを描いて剛速球が! 回復の余裕すらろくに与えてくれない鬼難度のバハムート。

加えてバハムート自体のHPも高く、ひとりで弾も撃ちこみ続けても中々倒せない。

3人で挑めば回復の余裕があるので倒せるビジョンは見えるのだが、ソロだと攻略の糸口すらつかめなかった。移動速度を上げて攻撃を回避するか、ドッジなどのアビリティを使うか……。

テレポを設置して追尾弾を避けるという手段も使えそうだが、いずれにしても入手難度の高い装備を集めてからでないと勝利は難しそうだ。

バハムート9

撃破できればバハムートの召喚マテリアが手に入るようなので、正式実装された際はぜひチャレンジしてみてほしい。

召喚獣

編集部おすすめの『FF7FS』攻略記事

ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカースクウェア・エニックス/エイチーム
公式サイトhttps://www.jp.square-enix.com/ffvii_fs/
公式Twitterhttps://twitter.com/FFVII_FS_JP
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧