『ヘブンバーンズレッド』失敗しないイベントダンジョンの回りかた5箇条(優しさと切なさと心強さと)【ヘブバン攻略ブログ#10】

2022-02-23 13:49 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ヘブンバーンズレッド

(Text/竹中プレジデント

イベントダンジョンで効率よくメダルを集めよう

『ヘブンバーンズレッド』の攻略情報が「だいたいざっくりわかる」を合言葉にお届けしていくヘブバン攻略ブログ。

今回はイベント“優しさと切なさと心強さと”で2月22日より実装されたイベントダンジョンの回りかたを解説していく。

プリズムバトルに比べて多くのメダルを獲得できるこのイベントダンジョンだが、テキトーに敵を倒しながら落ちているメダルを回収してフィニッシュするだけではモッタイナイお化けが出てしまう。

ただでさえなかなかゲットできないダンジョンチケット、どうせなら最大限活用してメダルを集めよう。

イベントダンジョンの基本知識

イベントダンジョンは、通常ダンジョンとは異なりライフを消費しての挑戦ができない。挑戦するには、イベントプリズムバトル勝利時の報酬として確率で入手できる“ダンジョンチケット”が必要となる。

まあ、このダンジョンチケット、

 

マ ジ で 全 然 ド ロ ッ プ し な い

 

最高難易度のSを10回クリアーしても1枚も手に入らなかったという話も聞くくらい、わりと渋めのドロップ率。

その分(と言っていいのかわからないが)、イベントダンジョンではプリズムバトルに比べて多くのメダルを獲得できる。

難易度Dでは最大80、難易度Bだと最大100のメダルがフィールドドロップとして入手可能。出現する敵を倒すことでもわずかばかり入手できるので、このイベントにおいてメダルを稼ぐ最大のチャンスと言っていい。

hb01_R

▲ヘブバン情報局で公開されていた獲得メダル数の情報。

失敗しないイベントダンジョンの回りかた

そんなイベントダンジョンを最大活用してメダルを集めよう、というのが今回のテーマ。

100枚や200枚のメダルを一気に稼げるようなものではなく30~40枚程度上乗せできる程度の効果なので、お得感が薄く見えるかもしれないが、このチリツモが大事になってくる。面倒くさがらないでコツコツ集めていこう。

■失敗しないイベントダンジョンの回りかた5箇条
その1:基本的に難易度はBを回る
その2:当然だけどメダルのフィールドドロップは全回収
その3:1ターン撃破で可能な限り多くの戦闘を行う
その4:エクストラターン、SP+系のエンチャントで安定させる
その5:エネルギーが尽きてから5回はがんばれる

その1:基本的に難易度はBを回る

前述した通り、ダンジョンチケットの入手機会が限られているため、好きなだけダンジョンに挑戦できるわけではない。

そのため、1回の挑戦でできるだけ多くのメダル獲得を狙いたい。そうなると、必然的に最大獲得数の多い難易度Bを回るというのが稼ぎの基本となる。

hb02_R

▲ダンジョンチケットが配布されているが、ゲームを始めたばかりのプレイヤーはすぐに使わないほうがいい。

もし、難易度Bが戦力的に難しそう……という状況なら、しばらくメインストーリーを進めるなりプリズムバトルでレベルを上げるなり、戦力強化に意識を向けたほうがいい。急いで難易度Dを回る必要はない。イベント期間(3月8日まで)はまだまだあるのだから。

ただし、踏破報酬(マップを100%にする)のために、1回だけ難易度Dに挑戦するのはアリ。2回目以降の難易度Bより多くのメダルを獲得できる。

その2:当然だけどメダルのフィールドドロップは全回収

イベントダンジョンは広く、油断するとマップの端にあるメダルを取り逃してしまう、なんてことがあり得る(1回やりかけた)。挑戦中は、取り逃しがないか、しっかり確認しておこう。

hb03_R

▲イベントダンジョンのマップ雑に切り貼りしたもの。広いので奥のほうにあるメダルを見逃さないように。

また、先ほどと似たような話にはなるが、もし戦力的に全部回収するのがきびしそうなら、一旦戦力強化を行うのがおすすめ。難易度Bの推奨戦力である5500付近なら、プリズムバトル(通常のほう)を何戦かするだけでレベルがぐんぐん上がり、戦力もあっという間に伸びる。

イベントダンジョンはチケット制なので、極端な話、最終日に一気に回っても問題ない。無理して背伸びしたい……という気持ちがあるなら、プリズムバトルで背伸びするとよい。経験値バカウマなので、背伸びした分の恩恵がダイレクトに受けられる。

その3:1ターン撃破で可能な限り多くの戦闘を行う

通常のダンジョン同様、戦闘にかかったターン数ごとにエネルギーが消耗していくイベントダンジョン。敵を倒すごとにメダルを獲得できることもあり、可能な限りたくさん戦闘を行い敵をぶっ倒していきたい。

メダルの獲得数は1体の敵を倒して1枚(のはず)と微々たるものだが、最短の1ターンで全戦闘を勝利すれば、エネルギーがつきるまでに20戦行える(エネルギー消耗5×20回)。もし各戦闘で3体ずつ敵が出現したとすると、戦闘だけで60ものメダルを獲得できる計算になる。チリツモ。

もし戦闘にかかるターンが、2ターンや3ターンになってしまうと、戦闘できる回数はおよそ半数に。メダルにして20~30の差が生まれる。プリズムバトル1回近い量と考えるとバカにできない量だ。

hb04_R

▲ダンジョン前(左)と後(右)。全戦闘1ターン撃破(その5のロスタイム戦法も活用)して得られたメダルは158枚だった。

その4:エクストラターン、SP+系のエンチャントで安定させる

というわけで、すべての戦闘を1ターン(エネルギー消費5)で勝利することが理想となる。

そこでお世話になるのがエンチャント。このイベントダンジョン(難易度B)では、開幕1ターンの追加ターンを得られる“エクストラターン”やバトル中にSPを供給してくれる“SP+”系のエンチャントが配置されている。運営の優しさを感じずにはいられない。

通常のダンジョン攻略同様、まずはエンチャント、とくに“エクストラターン”取得を目指して動く。これが基本の動きになる。

hb05_R

▲「エクストラターン」と書いて「神」と呼ぶ

01_R

▲エクストラターンやSP+系を最初にとろう。

ワープを利用すれば、最初の戦闘前に1、2個は取得できる。

推奨戦力である5500付近だと難しいかもしれないが、二章をクリアーし、装飾の回廊5で星5アクセを集めようとしているくらいの戦力なら(9000くらい?)オートでも回れるくらいの難易度だろう。手動で戦闘を行えばもっと戦力が低くても可能なはず。多分。

その5:エネルギーが尽きてから5回はがんばれる

エネルギーが尽きたからといって、すぐに撤退してはいけない。もう少しがんばれる。

そもそもエネルギーが0になるとどうなるのか。簡単に説明すると、ターン開始時にHPに一定ダメージを受けてしまうようになる。そしてHPが尽きてしまうと、DPが満タンだったとしても戦闘不能に陥ってしまうわけだ。

hb06_R

▲このシステムがあるゆえ、ダンジョンに無限にこもれない。ぐぬぬ。

でも、ターン開始時のダメージは5回までなら耐えられる(自分の部隊で試したらそうだった)。

つまり……1ターン撃破を前提に考えれば、エネルギーが尽きてから5戦はできるということ。メダルにして10~15。細かいけど稼いでいこう。

まあ、もし力尽きたとしても、犠牲になるのは討伐点で得られるはずだったバトルレポートくらいなので、そのへん気にしないのであれば、力尽きるまで戦い続けるブラック部隊にしてオートで突き進む手もある。手動の手間が省ける。

ダンジョンチケットが落ちない

とまあこんな感じで、イベントダンジョンの回りかたを解説したわけだが、挑戦するために必要なダンジョンチケットがぜんぜん落ちなくて困っている。

何回か忘れたが、石をそこそこパリンパリンしてイベントプリズムバトルの難易度Sを周回し、得られたダンジョンチケットは……

 

1 枚

 

運営さん、2枚も配っていただき本当にありがとうございます。この2枚がなければこの記事は書けませんでした。

⇒『ヘブバン』攻略ブログまとめ

ヘブンバーンズレッド

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーWFS
公式サイトhttps://heaven-burns-red.com/
公式Twitterhttps://twitter.com/heavenburnsred
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧