ウマ娘 プリティーダービー攻略まとめ

ウマ娘 プリティーダービーの攻略記事

【ウマ娘攻略】カプリコーン杯ルームマッチ定点観測(後半)|人気ウマ娘・脚質・スキル・ステータス傾向のトレンドを分析

2022-01-21 15:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ウマ娘 プリティーダービー

差し、先行が有利

バナー

『ウマ娘』にて2022年1月22日から開催されるチャンピオンズミーティング“カプリコーン杯”。

【カプリコーン杯 開催期間】
2022年1月22日12時~2月28日11時59分

本記事では、グレードリーグの予選環境を想定した、ルームマッチでのランダム50戦(1月中旬計測)のデータを掲載。育成度合やトレンドの参考にしてほしい。

レース情報

・1月19日~20日間に計測
・やる気は“普通”で統一
・プレイヤー3人、各3体出し
・自身の検証用ウマ娘3体は固定出走

⇒検証に使用したウマ娘はこちら

カプリコーン杯予想まとめ

・脚質は差し先行が有利
・差しはオグリキャップ、先行はサクラバクシンオーカレンチャンヒシアケボノが有力
登山家は全脚質でほぼ必携
乗り換え上手(差し)真っ向勝負(先行)なども合わせて取得したい
・運要素は強いが、スプリントターボが終盤で発動すると強力
・適正Sよりもスキル構成を重視

ウマ娘の採用率(対象300体/100プレイヤー)

※検証用ウマ娘は除く

ウマ娘採用数
サクラバクシンオー62
オグリキャップ55
スマートファルコン39
カレンチャン24
ヒシアケボノ19
キングヘイロー11
ファインモーション10
エアグルーヴ10
タイキシャトル8
エルコンドルパサー7
ナリタタイシン6
カワカミプリンセス5
マルゼンスキー5
オグリキャップ(クリスマス)5
マルゼンスキー(水着)4
メジロドーベル3
サイレンススズカ3
タマモクロス3
スーパークリーク(ハロウィン)3
ライスシャワー2
ヒシアマゾン2
サクラチヨノオー2
エアグルーヴ(ブライダル)2
テイエムオペラオー1
ビワハヤヒデ(クリスマス)1
メジロライアン1
マヤノトップガン1
ナイスネイチャ1
ハルウララ(着物)1
マチカネフクキタル1
ゴールドシチー(和服)1
フジキセキ1
トウカイテイオー1

サクラバクシンオーの人気は前半の集計とほぼ同等。やはり自前でスプリントターボを覚えられる点は魅力的であり、多くのプレイヤーが編成していた。作戦を先行にしての採用が多数となっている。

次点のオグリキャップは、前半の集計から大きく数を伸ばすことに。なお、オグリキャップの短距離適正はEながら、因子を揃えれば育成開始時からAにすることが可能だ。

スマートファルコン、カレンチャン、ヒシアケボノといった、短距離適性が高いウマ娘は引き続き採用率が高い。ただし、今回の集計では逃げ有利の結果とならなかったため、スマートファルコンに関しては採用数に反して勝率は高くなかった。

キャラ勝数(50戦)

ウマ娘勝数
(うち検証用ウマ娘)
オグリキャップ19(10)
サクラバクシンオー11
カレンチャン6(2)
ヒシアケボノ3
カワカミプリンセス2(2)
スマートファルコン2
ナリタタイシン1
オグリキャップ(クリスマス)1
エルコンドルパサー1
ハルウララ(着物)1
メジロドーベル1
スーパークリーク(ハロウィン)1
ヒシアマゾン1

1位ウマ娘の脚質分布

グラフ

前半の集計と比べるてみると、逃げが勝率を落とし、先行にシェアを奪われていることがわかる。これは、本レース場における終盤有効な加速スキルの選択肢が、先行・差しに比べると少ないことが響いてのことと思われる。なお、差しの勝率にはさほど変化はない。

検証に使用したウマ娘の中では、前半集計で高い勝率を見せたカワカミプリンセスが大きく順位を落とした。オークスの勝利で確実に登山家を入手できるというメリットこそあるものの、同脚質のオグリキャップの固有スキルが強力なこともあり、ステータス・スキル構成に大きな差がなければオグリキャップに軍配が上がることになりそうだ。

1位ウマ娘のステータス平均とスキル保有率(差し)

※集計対象のべ23体。うち検証用娘ウマ12勝

スピードスタミナパワー根性賢さ
11975001071461986

距離適性:S(17体)、A(6体)
バ場適性:S(2体)、A(21体)
脚質適性:S(1体)、A(22体)

スキル名保有数
登山家23
乗り換え上手22
アオハル点火・速19
勝利の鼓動(固有)17
アガってきた!17
スプリントターボ14
尻尾上がり13
差し直線◎12
ぐるぐるマミートリック(継承)10
差しのコツ○10
弧線のプロフェッサー9
中京レース場9
垂れウマ回避9
紅焔ギア/LP1211-M(継承)8
短距離コーナー◎5
シンパシー3
差しコーナー◎3
短距離直線◎3
姫たるもの、勝利をこの手に(固有)2
コーナー巧者○2
アオハル燃焼・速2
末脚2
冬ウマ娘○2
集中力2
昇り龍2
ノンストップガール2
スプリントギア2
差し直線○2
詰め寄り2
差しコーナー○2
聖夜のミラクルラン!(固有)1
勝利の鼓動(継承)1
113転び114起き(固有)1
彼方、その先へ…(固有)1
静かな呼吸1
ラッキーセブン1
スリーセブン1
函館レース場○1
根幹距離○1
姫たるもの、勝利をこの手に(継承)1
小休憩1
直線加速1
ヴィクトリーショット!(継承)1
白い稲妻、見せたるで!(継承)1
コーナー巧者1
道悪◎1
一陣の風1
臨機応変1
迅速果断1
直線巧者1
コーナー加速○1
短距離直線○1
ペースアップ1
努力家1
アオハル点火・力1
読解力1

ほとんどの勝利ウマ娘が終盤加速に必要な登山家、乗り換え上手を採用。合わせてスーパークリーク(ハロウィン)の“ぐるぐるマミートリック”や、マルゼンスキーの“紅焔ギア/LP1211-M”を継承が有効なようだ。

差しの勝数の大半を占めたオグリキャップに関しては、残り200mで発動する固有スキル“勝利の鼓動”がとにかく強力。直線で加速力が上がるスプリントターボを合わせて発動できれば、最後尾からのごぼうぬきを見せるケースもあった。

ただし、スプリントターボの発動地点はランダムなため確実性はない。結果としては、最終直線で加速スキルを重ね掛けしたうえで固有スキルを発動できたオグリキャップが勝利を掴むことが多く、少々のステータス差ならば覆せるほどの爆発力を見せつけた。

とはいえスプリントターボを含めた発動には運が絡むため、ハイレベルに仕上がったオグリキャップを育成できたとしても、ほかにもエースを用意しておいたほうがいいだろう。

1位ウマ娘のステータス平均とスキル保有率(先行)

※集計対象のべ20体。うち検証用ウマ娘2勝

スピードスタミナパワー根性賢さ
119148210614021014

距離適性:S(6体)、A(14体)
バ場適性:S(7体)、A(13体)
脚質適性:S(2体)、A(18体)

スキル名保有数
弧線のプロフェッサー14
ぐるぐるマミートリック(継承)14
登山家14
尻尾上がり13
真っ向勝負12
プランチャ☆ガナドール(継承)10
アガってきた!10
スプリントターボ9
アオハル点火・速9
優等生×バクシン=大勝利ッ(固有)8
抜け出し準備7
先行コーナー○7
先行直線○7
#LookatCurren(固有)5
道悪○5
左回り◎5
一陣の風4
コンセントレーション4
短距離コーナー◎4
先行コーナー◎4
I’M☆FULL☆SPEED!! (固有)3
スピードスター3
短距離直線○3
地固め3
巧みなステップ3
先行のコツ○3
先行のコツ3
プランチャ☆ガナドール(固有)2
貴顕の使命を果たすべく(継承)2
根幹距離○2
優等生×バクシン=大勝利ッ(継承)2
ヴィクトリーショット!(固有)2
勝利の鼓動(継承)2
冬ウマ娘◎2
左回り○2
直線加速2
冬ウマ娘○2
仕掛け準備2
短距離コーナー○2
スプリントギア2
プランX2
一匹狼2
栄養補給2
#LookatCurren(継承)1
ぐるぐるマミートリック(固有)1
汝、皇帝の神威を見よ(継承)1
究極テイオーステップ(継承)1
ヴィクトリーショット!(継承)1
G00 1st.F∞;(継承)1
コーナー巧者○1
外枠得意○1
直線回復1
好位追走1
雪の日○1
根幹距離◎1
対抗意識○1
トリック(前)1
準備万全!1
準備万全1
先行直線◎1
かく乱1
先行のコツ◎1
スリーセブン1
ラッキーセブン1

先行では、登山家に加えて真っ向勝負も所持しているケースが多かった。合わせてスーパークリーク(ハロウィン)の“ぐるぐるマミートリック”、エルコンドルパサーの“プランチャ☆ガナドール”を継承させることも人気。

なお、検証で使用したカレンチャンは50戦中2勝と奮わなかったが、これには終盤加速の乏しさも大きく影響していると見られる。また先行自体の数が多いため、中盤の速度スキルがないと前に出られず沈んでしまうことも多々あった。

各種直線・コーナースキルはもちろんだが、サポートカードにキタサンブラックを積んでいるならば、弧線のプロフェッサーは習得させておいたほうがよさそうだ。

1位ウマ娘のステータス平均とスキル保有率(逃げ)

※集計対象のべ5体

スピードスタミナパワー根性賢さ
11904871060406882

距離適性:A(5体)
バ場適性:S(2体)、A(3体)
脚質適性:A(5体)

スキル名保有数
プランチャ☆ガナドール(継承)4
地固め4
道悪○4
キラキラ☆STARDOM(固有)3
急ぎ足3
スプリントターボ3
登山家3
尻尾上がり3
逃げのコツ○3
アオハル点火・速3
弧線のプロフェッサー3
短距離直線◎2
コンセントレーション2
逃げ直線◎2
先頭プライド2
短距離直線○2
遊びはおしまいっ!2
左回り○2
集中力2
優等生×バクシン=大勝利ッ(固有)2
アガってきた!1
先駆け1
スプリントギア1
逃げ直線○1
先手必勝1
逃げコーナー○1
善後策1
短距離コーナー◎1
プランX1
危険回避1
ぐるぐるマミートリック(継承)1
中京レース場1
良バ場○1
道悪◎1
雪の日○1
直線回復1
コーナー巧者○1

逃げは従来のチャンピオンズミーティングでは猛威を奮った、セイウンスカイのアングリング×スキーミングがレース場の関係から発動しないことから終盤加速に乏しい。

さらに強力なオグリキャップが増えたことや先行有利の環境にあって差されてしまうことが多発しやすいため、採用は強くオススメできない。

また逃げ1体のみの採用は、結果的に相手の逃げを有利にしてしまうことにもつながり、逆に自身の逃げが1体のみの場合は基本的に勝つことは難しい。逃げを使いたい場合は、自前で2体用意したほうがいいだろう。

1位ウマ娘のステータス平均とスキル保有率(追込)

※集計対象のべ2体

スピードスタミナパワー根性賢さ
12005411153352802

距離適性:A(2体)
バ場適性:S(1体)、A(1体)
脚質適性:A(2体)

スキル名保有数
Nemesis(固有)1
タイマン!デッドヒート!(固有)1
勝利の鼓動(継承)1
ぐるぐるマミートリック(継承)1
一陣の風1
道悪◎1
ノンストップガール1
冬ウマ娘○1
迫る影1
コーナー巧者○1
スプリントターボ1
アガってきた!1
短距離直線◎1
直線一気1
短距離コーナー◎1
仕掛け準備1
追込直線○1
追込直線◎1
追込コーナー◎1
強攻策1
アオハル点火・速1

追込で勝利したのは、ナリタタイシン、ヒシアマゾンの2体のみ。まったく勝機がないわけではなかったものの、どうしても他脚質に比べて不利が目立った。追込での勝利にこだわりがない限りは、ムリに採用する必要はないだろう。

検証に使用したウマ娘

オグリキャップ(差し/勝率20%)

IMG_9921

カワカミプリンセス(差し/勝率4%)

IMG_9922

カレンチャン(脚質/勝率4%)

IMG_9923

ウマ娘 プリティーダービー

対応機種iOS/Android/ブラウザ
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://umamusume.jp/
公式Twitterhttps://twitter.com/uma_musu
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る