ポケモンGO攻略まとめ

ポケモンGOの攻略記事

【ポケモンGO日記#87】メガレイドって本当にあったんだ / サボり倒したシーズン10のツケを払い始める(ケチャップ山もり男編)

2022-01-12 18:41 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ポケモンGO

ついにメガレイドを攻略!

ケチャップ山もり男です。いきなりですがメガレイド、ようやく成功しました。

ポケモンGO日記220112383a

初日に4回参加し、メガエナジーを290個ゲット。とりあえず初回のメガシンカ+αのメガエナジーは集まったので、成功と言っていいでしょう。

やはり集めるなら初日だったんですね……。この近所でメガレイドに13人も人が集まっているところ、はじめて見ました。そして翌日には誰も参加して来ませんでした。偏りが極端過ぎる。

あとはメガシンカさせるだけなのですが、どうせならより個体値の高いプテラを選びたいところ。ここは慌てず、メガプテラが活躍できるレイドイベントが来る日までに、できるだけいい個体が手に入るのを待とうと思います。

ひさびさのGOバトルリーグに挑戦!

さて、“高まるエネルギー”の話題……といきたいところなのですが、ここらでひとつGOバトルリーグの話を。

GBL

GOバトルリーグがシーズン10に入って1ヵ月と少々経ちましたが、現在の参加状況は……なんと1回。

1回

1ヵ月でたったの1回。年末年始の忙しさにかまけて思いっきりおろそかになっていました。正直なところ、ポケモンがまだ仕上がっていないこともあって以前からあまり遊べていなかったのですが、それにしたってここまで放置してたのははじめてです。

さすがにこれじゃいかん、と一念発起。ちょうど11日からスーパーリーグとシンオウカップが始まりましたし、これからはコツコツと参加していくことに決めました。ほしのすなも欲しいですしね。

そんなわけで、今回のスーパーリーグへ挑むためにピックアップしたのは以下の3体です。

ヨクバリス

ポケモンGO日記220112389

【弱点と耐性】
弱点:かくとう
耐性:ゴースト

【通常わざの相性】

タネマシンガン
ばつぐん:みず、じめん、いわ
いまひとつ:ほのお、くさ、どく、ひこう、むし、ドラゴン、はがね

【ゲージわざの相性】
のしかかり
ばつぐん:なし
いまひとつ:いわ、ゴースト、はがね

かみくだく
ばつぐん:エスパー、ゴースト
いまひとつ:かくとう、あく、フェアリー

ニンフィア

ポケモンGO日記220112390

【弱点と耐性】
弱点:どく、はがね
耐性:かくとう、むし、ドラゴン、あく

【通常わざの相性】
あまえる
ばつぐん:かくとう、ドラゴン、あく
いまひとつ:ほのお、どく、はがね

【ゲージわざの相性】
サイコショック
ばつぐん:かくとう、どく
いまひとつ:エスパー、あく、はがね

ボスゴドラ

ポケモンGO日記220112391

【弱点と耐性】
2重弱点:かくとう、じめん
弱点:みず
耐性:こおり、エスパー、むし、いわ、ドラゴン、フェアリー
2重耐性:ノーマル、ひこう、どく

【通常わざの相性】
アイアンテール
ばつぐん:こおり、いわ、フェアリー
いまひとつ:ほのお、みず、でんき、はがね

【ゲージわざの相性】
ヘビーボンバー
ばつぐん:こおり、いわ、フェアリー
いまひとつ:ほのお、みず、でんき、はがね

正直なところヨクバリスはぜひ編成しようと決めていたのですが、ほかの2体は挑戦にあたってはじめてCPを調整。完全な急増チームです。

選出理由としては、ニンフィアは年末のコミュニティ・デイ進化でサイコショック持ち&個体値がスーパーリーグに向いてそうな見た目だったこと。ボスゴドラはシャドウポケモンを使ってみたかったことです。完璧にノリで選出しました。

実戦で狙う流れとしては、以下のような流れを想定しています。

先鋒:ヨクバリス
タネマシンガン⇒のしかかり連打で敵にバリアを使わせつつ、相手のゲージ技を耐えてバリアの枚数差によるアドバンテージづくりを狙うのが基本戦術。あわよくば、かみくだくでの敵防御ダウンも狙っていきます。

中堅:ニンフィア
ゲージ有利を作ったら弱点の少ないアタッカーのニンフィアに。高火力のあまえるで敵を削りながら、バリア差のアドバンテージを活かして敵の3体目を引きずり出し、できるだけ削っておきます。

大将:ボスゴドラ
互いにバリアが切れた最終盤は、耐性が多く耐久力に長けたボスゴドラで持久戦。シャドウボーナスの火力で敵より早く削り切ることを祈ります。

……こうして書き出してみると、いきあたりばったりで組んだパーティーのわりには、なんだか現実味がありそうな気がしてきますね。なんとも都合のいい展開ではありますが。

せっかくなので都合のいい展開をより引き寄せやすくなるよう、調整を行っていきましょう。

要注意ポイント1:かくとうタイプ

最初に気になったのが、かくとうタイプへの対処。初手で相手がかくとうタイプを出してきた場合、ヨクバリスが早期に倒れてしまい、全体のプランが崩れてしまう可能性があります。

これに関してはいちおうニンフィアへ交代することで対策はできるのですが、その場合は敵のバリア削りが難しくなるうえ、再度交代可能になるまでにニンフィアが倒れてしまうと火力不足に。

やや初動が遅れますが、先鋒でニンフィアを出して相手がかくとうタイプなら戦闘続行、それ以外なら即ヨクバリスに交代、という戦術も試してみて、どちらがいいか検討してみようと思います。

要注意ポイント2:はがねタイプ

書き出したデータを眺めていてちょっと危険だなと感じたのが、全体的にはがねタイプに火力を出せないわざばかり揃っている点。等倍のかみくだく以外はすべて耐性で受けられてしまいます。これはさすがにマズいので、スロット解放とわざマシンでどうにかしていきましょう。

ただニンフィアに関しては、はがねタイプに通るわざをそもそも覚えません……。必然的にボスゴドラではがねタイプを受ける形になるのですが、こうなると選択肢に上がるのはゲージわざのかみなりですね。はがねタイプに等倍で入るほか、苦手なみずタイプに対する対抗手段ともなります。ぶっちゃけこれ以外に選択肢がないので、これを覚えるしかありません。

それから、ちょっとおもしろそうなのががんせきふうじの存在です。このわざ、今回のシーズン10から追加効果として敵ポケモンの攻撃ダウン(確定)が追加されているんですよね。ボスゴドラの耐久性能を補助してくれるため、かみなりと併用することでなんとかはがねタイプにも対抗できるのではないでしょうか。

まあこの組み合わせにしてしまうと、今度はじめんタイプに為す術がなくなってしまうのですが……。じめんタイプに関してはヨクバリスとニンフィアになんとかしてもらいましょう、うん。

スロット開放

▲わざ調整後。ボスゴドラはスロット解放コストが安くてありがたいですね。

実戦に挑んでフィードバック

さて、そんなわけで挑んだスーパーリーグ初戦ですが、初戦は狙いが思うように決まり圧勝。続く2戦目もやや苦戦しましたが、同じような流れで勝利しました。

そして3戦目、序盤は接戦ながらなんとか先に相手のペリッパーを落とすことに成功。「あれこのパーティーわりとイケてんじゃね?」と思ったのもつかの間、相手が出した2体目のポケモンがこちらでした。

ポケモンGO日記220112382

出ましたガラルマッギョ、タイプはじめん/はがね

……じめん/はがね?

はい、見事に3タテ喰らいました。対戦ありがとうございました。

ポケモンGO日記220112381

実際に戦ってみてわかったことを言いますと、“まず実際の環境を見よう”ってことですね。めっちゃおるやんけガラルマッギョ。めっちゃは言い過ぎにしても、1日で複数回マッチングするのは無視できません。

さすがにこの環境でこのパーティーは厳しいと思うので、もうちょっと相性補完を考えたパーティーを組んでリベンジしようと思います。使いたかったんだけどなぁ……。

ポケモンGO日記220112384

▲その後、ヨクバリスを見て初手から即カイリキーにチェンジしてきた敵にも想定通りボコられました。負け筋の読みは完璧。

 

 

ポケモンGO

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルその他
メーカーナイアンティック
公式サイトhttp://www.pokemongo.jp/
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る