『ドラゴンクエストウォーク』DQMじげんりゅう装備ふくびきは引くべき!?敵単体、敵全体の特大ダメージブレス攻撃が使える

2021-12-13 15:05 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ドラゴンクエストウォーク

『ドラクエウォーク』おすすめ記事
『ドラクエウォーク』攻略まとめ
『ドラクエウォーク』プレイ日記
『ドラクエウォーク』最新記事

DQMじげんりゅう装備ふくびきは引くべきか

『ドラゴンクエストウォーク(#ドラクエウォーク)』で、2021年12月9日より登場したDQMじげんりゅう装備ふくびき。敵単体へのイオ属性ブレス特大ダメージ、敵全体へのヒャド属性ブレス特大ダメージのほか、ブレスダメージを2段階上昇させるスキルも使えるなど、ブレス攻撃に特化した武器になっている。ここでは武器、防具の性能を解説するので、ふくびきを引くか悩んでいる人は参考にしてほしい。

 
01

■じげんりゅうの闘扇(ブーメラン)
この武器の主力となるスキルは以下。
・かがやくいき(消費MP40)・・・敵全体にヒャド属性のブレス特大ダメージを与える
・閃光バズーカ(消費MP22)・・・敵単体にイオ属性のブレス特大ダメージを与え、たまに幻惑状態にする
・ブレスの極意(消費MP25)・・・自身のブレス攻撃の威力を2段階上昇させる(使用後4ターン効果)
・次元跳躍(消費MP6)・・・戦闘開始時に発動し、2ターンのあいだ自身のみかわし率を2段階上昇させる(いきなりスキル)

属性は統一されていないものの、敵単体、敵全体のブレス攻撃を持つ初の武器となっている。ブレス攻撃は、以下のような特徴があるので“物理攻撃主体の職業の必中攻撃手段”として優秀だ。

【ブレス攻撃の特徴】
・攻撃が必ず当たる(ミスやガードされない)
・会心の一撃、呪文暴走などはなく、ダメージが大幅に上昇することがない
・ダメージは“ちから+きようさ”の合計値が影響する
・斬撃・体技・じゅもんダメージ上昇系のスキルは影響しない
・“〇〇属性ダメージ”と表記されたスキルのみ、ダメージ上昇に影響する

ブーメランなので、レンジャー、スーパースター、海賊、賢者が得意武器となっているが、ブレス攻撃は前述したように“斬撃・体技・じゅもんダメージ上昇系のスキルは影響しない”ので、得意職ボーナスの恩恵を受けにくい。そのため、得意職以外が使っても十分なダメージを出せる、というのもブレス攻撃の特徴のひとつだろう。

メインスキル“かがやくいき”は、ヒャド属性の全体攻撃の中ではもっとも高いダメージを出せる。これまでに登場しているヒャド属性の全体攻撃スキルが少ないこともあり、非常に貴重なスキルだ。また、サブスキル“閃光バズーカ”は、イオ属性のブレス攻撃で幻惑も付加できる。どちらも特大ダメージで主力として使えるほどの性能なので、フィールド戦闘やメガモンスター、強敵、ほこらなどあらゆる場面で活躍が見込める武器となっている。

とくに、影縛りを狙えるレンジャーの得意武器となっていることが大きい。現状、レンジャーは多くの戦闘でパーティに組み込まれるほど人気の職業なので、必中で特大ダメージを与えられるこの武器は、かなり頼もしい存在となるだろう。

しかし、レンジャーの得意武器としては、フロストスティンガーでヒャド属性の全体攻撃“アイシクルバースト”を使える。必中ではないものの、かがやくいきと遜色ないダメージを出せるので、フロストスティンガーを所持している場合は、ふくびきを引かず少し様子見してもいいだろう。

【敵全体へのおもなヒャド属性攻撃スキル】
●フロストスティンガー
アイシクルバースト(消費MP31)・・・敵全体に攻・魔複合の威力185%のヒャド属性ダメージを与え、まれに睡眠状態にする

●蒼竜のやり
凍てつく竜槍(消費MP26)・・・敵全体に威力250%のヒャド属性斬撃ダメージを与える

●鎧の魔剣、パプニカのナイフ
海波斬(消費MP23)・・・敵全体に威力200%のヒャド属性斬撃ダメージを与える

●書聖のつえ、オーシャンウィップ、ゴシックパラソル
マヒャド(消費MP24)・・・敵全体にヒャド属性の呪文中ダメージを与える

【敵単体へのおもなイオ属性スキル】
●いかずちのつえ
イオマータ(消費MP38)・・・敵単体にイオ属性の呪文小ダメージを4回(特大ダメージ相当)を与える

●世界樹のつるぎ
導きの天光(消費MP28)・・・敵単体に威力400%のイオ属性斬撃ダメージを与える

●霊獣のつえ
ソルフレア(消費MP21)・・・敵単体にイオ属性の呪文特大ダメージを与える

●クリスタルクロー
ゴッドスマッシュ(消費MP15)・・・敵単体に威力300%のイオ属性体技ダメージを与える

02
 
03

■じげんりゅうの戦冠
おもなスキルは以下。
・ヒャド属性ダメージ+5%
・【レンジャー】ヒャド属性ダメージ+5%
・【海賊】ヒャド属性ダメージ+5%
・水系への耐性+10%
・物質系への耐性+5%
・ドラゴン系への耐性+5%
・きようさ+10

ヒャド属性ダメージを上昇させる効果なので、ブレスだけでなく斬撃・体技・呪文にも適用される汎用性の高い防具。また、多くの防具は天候や時間など特定の条件下による効果があるのに対し、この防具は職業がレンジャー、海賊ならば無条件でヒャド属性ダメージを10%も上昇させられる。現状、ブレスダメージを上昇させられるのは、上記の“〇〇属性ダメージ+〇%”スキルのみなので、じげんりゅうの闘扇を使う場合は、ぜひとも手に入れておきたい防具だ。

 
04

■じげんりゅうの装束上
おもなスキルは以下。
・ヒャド属性ダメージ+5%
・【レンジャー】ヒャド属性ダメージ+5%
・【海賊】ヒャド属性ダメージ+5%
・ドルマ属性耐性+10%
・ヒャド属性耐性+5%
・デイン属性耐性+5%

05

■じげんりゅうの装束下
おもなスキルは以下。
・ヒャド属性ダメージ+5%
・【レンジャー】ヒャド属性ダメージ+5%
・【海賊】ヒャド属性ダメージ+5%
・守備減耐性+20%
・混乱耐性+10%

 
06

レンジャー、海賊が上記の防具を3ヵ所装備すれば、スキル“かがやくいき”のダメージが30%も上昇するため、じげんりゅうの闘扇を使う際には、防具の有無でダメージ量が大きく異なる。また、別のヒャド属性スキルにも使いまわせる防具なので、手に入れば活躍の場は多いだろう。レンジャー、海賊以外の職業でも1部位につきダメージを5%上昇できるので、十分な性能だ。

以上のことを踏まえて、DQMじげんりゅう装備ふくびきを引くか悩んでいる人は

●フロストスティンガーを持っていない
●必中のブレス攻撃スキルが欲しい

今回のふくびきは、武器、防具どちらも優秀。上記どちらかに当てはまる人は、ジェムを使ってでも手に入れる価値のある装備だ。とはいえ、間もなく年末年始ふくびきが開催される。DQMじげんりゅうふくびきは2022年1月14日まで開催されているので、あまりジェムを使えない、という人は、年末年始のふくびきのラインアップを確認してから引くかどうか判断するといい。

ファミ通Appディスコードに『ドラクエウォーク』チャンネル開設!

ファミ通Appディスコードサーバーにおいて、『ドラクエウォーク』のチャンネルを開設しました。本作の攻略から雑談など『ドラクエウォーク』に関わるコミュニケーションがとれる場として運用しております。 興味のある方はお気軽にご参加ください。

【ファミ通Appディスコードはこちら】

ドラゴンクエストウォーク

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカースクウェア・エニックス
公式サイトhttps://www.dragonquest.jp/walk/
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧