『ドラゴンクエストウォーク』ストーリークエスト11章2話のボス攻略!獣系耐性を上げて受けるダメージを減らそう

2021-11-09 11:31 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ドラゴンクエストウォーク

『ドラクエウォーク』おすすめ記事
『ドラクエウォーク』攻略まとめ
『ドラクエウォーク』プレイ日記
『ドラクエウォーク』最新記事

ダークペルシャ戦のポイント

『ドラゴンクエストウォーク(#ドラクエウォーク)』で、2021年11月8日にストーリークエスト11章が解放された。ここでは11章2話に登場するボス“ダークペルシャ”の攻略を解説する。

■ダークペルシャ(獣系)
弱点:ヒャド
耐性:ギラ
※その他の属性は等倍

01

耐性を持つ属性はギラのみ。それ以外の属性ならば十分なダメージを与えられるので、手持ちの武器と相談して決めるといいだろう。重要なのは防具。ダークペルシャは獣系なので、獣系耐性を上げる防具を装備すれば受けるダメージを大きく減らせるので格段に戦いやすくなる。獣系耐性を持つ防具は入手しやすいものが多いので、火力よりも耐性を意識した防具を身につけよう。

■オススメ防具(獣系耐性)
凱歌シリーズ、ワイルドシリーズ、まほうシリーズ(★4)、無法者シリーズ(★4)、ルーンバックラー など

レンジャーは全体攻撃で影縛りを狙っていこう

ダークペルシャの行動は、おもに以下のものがある。

■ダークペルシャの行動(1ターンに1回行動)
・メラゾーマ
・イオラ
・魔力集中
・マホトラ
・イオナズン(HPが半分以下になると使用)

ダークペルシャは1回行動だが、3体いるうえ強力な攻撃呪文を使ってくるので大ダメージを受けやすい。前述した獣系耐性を十分に上げていれば回復役はひとりでも間に合うが、そうでない場合は回復役がふたりいると安心だ。

また、ダークペルシャはHPが半分以下になるとイオナズンを使ってくる。魔力集中を使われていると危険なので安全に戦いたい場合、全体攻撃は影縛りを狙うレンジャーだけにとどめ、残りの火力要員は単体攻撃で1体ずつ集中攻撃して倒していこう。うっかり3体のHPを半分以下にしてしまいイオナズンを連発されたら、獣系耐性を上げていても非常に危険だ。

02
 
03

グリンガムのムチの“情熱の裂空乱打”が超オススメ

グリンガムのムチを所持している場合は、レンジャーに装備させてバギ属性全体攻撃“情熱の裂空乱打”を使っていこう。影縛りを狙いつつ、追加効果でダークペルシャの呪文威力を下げられる。ダークペルシャの攻撃手段は呪文が主体なので、呪文威力を下げてしまえば一気に戦いやすくなるぞ。

 
04

また、ルカニも非常に入りやすいので、回復役の手が空いたときは積極的に使っていこう。

05

属性を合わせられる場合は、魔法戦士をパーティに入れてフォースバーストを使えば盤石だ。

 
06
 
07

グリンガムのムチを持っている場合はダークペルシャの呪文威力を下げられるので、火力要員全員が全体攻撃で押し切ることも可能。グリンガムのムチ未所持の場合は、レンジャーの全体攻撃で影縛りを狙いつつ、残りの火力要員は単体攻撃で1体ずつ倒していこう。

08

▲呪文威力が2段階下がったメラゾーマ。ダメージを気にせず戦える。

 
09

パーティ構成は影縛りを狙えるレンジャー、回復役の賢者は必須。攻撃の属性を合わせられるならば、残りの火力要員は魔法戦士。属性が異なる場合はバトルマスターがオススメ。少しでも受けるダメージを減らしたい場合は、海賊もいいだろう。

回復役をふたり入れたい場合は、賢者ふたりがベター。手が空いたときにルカニでダークペルシャの守備力を下げられる。賢者がふたり育っていない場合は、パラディン、スーパースターどちらでもいいだろう。

ファミ通Appディスコードに『ドラクエウォーク』チャンネル開設!

ファミ通Appディスコードサーバーにおいて、『ドラクエウォーク』のチャンネルを開設しました。本作の攻略から雑談など『ドラクエウォーク』に関わるコミュニケーションがとれる場として運用しております。 興味のある方はお気軽にご参加ください。

【ファミ通Appディスコードはこちら】

ドラゴンクエストウォーク

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカースクウェア・エニックス
公式サイトhttps://www.dragonquest.jp/walk/
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧