モンスターストライク攻略まとめ

(C)XFLAG
モンスターストライクの攻略記事

【モンスト攻略】8周年の獣神化、獣神化・改を予想!モンタナ獣神化が遅れた理由も考えてみた

2021-10-03 20:51 更新

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

モンスターストライク

想像を膨らませて勝手に大予想!

2021年10月で間もなく8周年を迎える『モンスト』。毎年この時期には新たな獣神化などが大量発表されることもあり、心待ちにしている人も多いハズだ。

今年は10月3日の“MONST FREAK 2021”の『モンストニュース』にて大きな発表があると見られているため、本稿ではその予想を紹介していきたい。

なお、昨年の周年イベントである“XFLAG PARK 2020”で発表された獣神化、獣神化・改は以下。

【獣神化】
・マナ(分岐)
・弁財天(分岐)
・シリウス
・ペルセポネ
・アトランティス
・猿飛佐助

【獣神化・改】
・ハーレー
・ハーレーX
・坂本龍馬

獣神化発表の内訳は限定入手2体、常設4体。そして獣神化・改の内訳は、X含む同名モンスター2体、常設が1体という形だ。また、ある程度の偏りはあるものの、5属性が網羅されておりバランスも感じられる。

今年2021年は、スケジュール自体が昨年2020年とほぼ同じ流れを辿っているため、これらに準じ分岐獣神化2体、獣神化4体、獣神化・改3体を予想していく。

8周年(2021年)獣神化、獣神化・改の予想

【獣神化・改】
織田信長
織田信長X
アーサー

小野小町

IMG_0697

【性能予想(分岐1)】
属性:火
ヒットタイプ:貫通
アビリティ:アンチワープ/超マインスイーパーEL+アンチ減速壁/ダッシュM/超SSターン短縮
友情コンボ:超強状態異常回復ブラスト(※新)+超強攻撃ダウンブラスト(バランス型)
SS:スピードとパワーがアップ&ふれた敵をHP吸収状態にする(24/28ターン)
ラックスキル:クリティカル

【性能予想(分岐2)】
属性:火
ヒットタイプ:貫通
アビリティ:超アンチ重力バリア/超MS/ドレイン+アンチブロック/毒キラーM
友情コンボ:クロススティンガー+反射衝撃波12(バランス型)
SS:スピードとパワーがアップ&ふれた敵を毒状態にする(16/20ターン)
ラックスキル:クリティカル

まず獣神化未実装の限定キャラではやや古株の小野小町。両形態とも決して悪い性能ではないが、直近ではそこまで姿を見るわけでもないため、この節目で強化が図られてもおかしくない。

進化ベースの分岐1は、使い道が限られる状態異常回復ブラストが刷新され、威力・範囲がアップした“超強”状態異常回復ブラストが新実装され、これを持つものと予想。また、現状ではイグノーしか持っていない超強攻撃ダウンブラストも手に入れ、さらに高難度向けの性能になるのではないだろうか。アンチ減速壁は昨今の風潮から「とりあえず追加するならコレだろう」という安易さはあるが、案外堅い気はする。

神化ベースの分岐2のほうは、毒キラーMと超アンチ重力バリアにより直殴り性能の強化がなされると予想。また、火属性・貫通で重力バリア、地雷、ブロックに対応できるのは、モンストローズ(進化)、フォーミュラアクセル、バラン(竜魔人)と層が薄いので、ここを補強する枠としては有力だとも思える。超究極入手だった、バランと合わせられる可能性も否定できない。

モーセ

IMG_0698

【性能予想(分岐1)】
属性:水
ヒットタイプ:貫通
アビリティ:超アンチダメージウォール/魔法陣ブースト/弱点キラー+飛行/SSターン短縮
友情コンボ:放電+電撃弾(スピード型)
SS:スピードとパワーがアップ&ヒットした敵の弱点をすべて出現させて弱点の効果をアップ(20/28ターン)
ラックスキル:クリティカル

【性能予想(分岐2)】
属性:水
ヒットタイプ:反射
アビリティ:超アンチダメージウォール/火属性キラー/アンチ減速壁/アンチブロック
友情コンボ:超強跳弾+超強スプリットバレット(※新)(スピード型)
SS:貫通タイプになり、味方にふれると自身と味方の位置を順番に移動し攻撃(8/16ターン)
ラックスキル:シールド

続いては同じく限定入手のモーセ。いまだに適正上位のクエストはあるものの、かつてほど活躍していると言うには、ややきびしいものがある。

分岐1は、進化の電撃を引き継ぎつつより特化した形に。また、水属性・貫通でダメージウォール、魔法陣、地雷に対応できるのが、コラボ入手の轟焦凍(獣神化・改)しかいないため、そろそろコラボ以外で埋めてくるのではないだろうか。

神化ベースの分岐2だが、使い勝手が大きく変化することは考えにくいためすべて素アビ。汎用性は高いものの、ゲージ外しでのギミック利用ができないところでバランスを取りそうだ。

そして友情のスプリットバレットだが、じつはいまだにモーセ(神化)しか持っていない。獣神化の副友情は威力減衰がなく、メイン友情と同じ威力になるので十分に強力だろうが、ここはフックを利かせていきなりの“超強”でのお目見えと予想。メイン友情にした時点での2倍の威力があればインパクトは十分だろう。

IMG_3760

▲似ているが、スプリットバレットと反射増殖弾は異なるもの。反射増殖弾は貫通しないが、スプリットバレットは弾が貫通することから攻撃範囲が広い。また、スプリットバレットは近くの敵を攻撃し、反射増殖弾は弱った敵を狙うという違いもある。

なお、“味方にふれると自身と味方の位置を順番に移動”するSSは配置依存で安定性に欠けるが、このタイプのSSはモーセが初実装。そのアイデンティティを潰すことも考えにくいため、撃ち分け可能かつ2巡に1回使える形での採用を推したい。

モグディガー(エミル・ゾルゲ)

IMG_0699

【性能予想】
属性:木
ヒットタイプ:反射
アビリティ:マインスイーパーM/アンチ魔法陣/アンチダメージウォール/幻竜封じL
友情コンボ:超強ショットガン+超絶貫通拡散弾EL3(バランス型)
SS:スピードとパワーがアップ&ブロックを無効化する(4/16ターン)
ラックスキル:ガイド

同期のベビーアーク、アンソニー・Dともに獣神化を果たしているモグディガー(エミル・ゾルゲ)も、そろそろ獣神化が解放されておかしくない。

性能面は進化と神化のいいところ取りのタイプ。どちらかと言えば禁忌8に適正のあるメカメカしい進化のイメージが強いが、中身のエミル・ゾルゲはしっかりとかわいいため、顔出しをした状態で強化版モグディガーを駆る勇姿に期待したい。

宮本武蔵

IMG_0700

【性能予想】
属性:光
ヒットタイプ:貫通
アビリティ:超アンチ重力バリア/闇属性キラーM/闇属性耐性M+超アンチ減速壁
友情コンボ:ツインバーティカルレーザー+ツインホライゾンレーザーEL(バランス型)
SS:ふれた最初の敵で爆発し、周囲の敵を巻き込み大ダメージ(20ターン)
ラックスキル:クリティカル

武蔵と言えば、やはり闇属性特化。そして獣神化にあたっては大抵追加のアンチアビリティがあるので、昨今の流れからするとどうしてもアンチ減速壁が堅い。爆発SSは、ソロモン式の爆発範囲が大きなタイプになるのではないだろうか。

趙雲

IMG_0701

【性能予想】
属性:
ヒットタイプ:反射
アビリティ:マインスイーパーL/超アンチワープ+アンチ減速壁/幻妖キラー
友情コンボ:超絶貫通拡散弾EL3+中距離拡散弾9(スピード型)
SS:スピードとパワーがアップ&ふれた敵の攻撃ターンを増加させる(24/28ターン)
ラックスキル:シールド

禁忌15の適正が少なかった頃にお世話になったという人も多いのでは。そして最近の禁忌の獄はかつての覇者の塔よろしく、新ステージの追加などで登頂のハードルを下げようする傾向にある。

というわけで、禁忌15だけでなく、30にも適正を持つ進化ベースの形態と予想。最適とは言えないまでも、中ボスたちに刺さる幻妖キラーで道中の活躍できる形になってほしい。

モンタナ(ボルチモア)

IMG_0702

【性能予想】
属性:闇
ヒットタイプ:反射
アビリティ:魔人キラーL/神王封じL/アンチワープ/カウンターキラー+アンチ減速壁/底力
友情コンボ:超絶ホーミング12+超強爆破拡散弾(バランス型)
SS:スピードとパワーがアップ&ビットンとシールドンに大ダメージ(8/24ターン)
ラックスキル:シールド

そして獣神化をもらっていないモンスターの中ではダントツ最古のモンタナ。「なぜここまで引き延ばすのか?」とだれもが疑問に思いつつ、その獣神化した性能は幾度となく話題にのぼったことだろう。

モンタナと言えば、2021年は“モンストグランプリ”でもワンパン要員として採用されていたため記憶に新しいが、少なくとも今年に関してはここに事情が隠されている気がする。

同大会の“光魂の暗黒神”では、ワープが登場しつつもワープ非対応のモンタナ(進化)を配置し、キラー対象であるエレボス(魔王)のワンパンを狙うチームが続出。その熟練したテクニックは大きな見どころのひとつでもあった。

では、もしモンタナの獣神化が、進化の魔王キラーを引き継ぎつつ神化のワープに対応していたらどうだったろう。ミスをしてもワープに翻弄されずの配置が可能となり、試合の盛り上がりやピックによるバランスはかなり変わってきたのではないだろうか。

というわけで実装が“遅れた”理由としては、「大会との兼ね合いのため」という陰謀論に片足を突っ込んだようなものと、「そのうえで期待値が高いからこそ、周年の節目に大々的に登場させて盛り上がりを狙う」の二軸なのではないだろうか。

性能面では、キラーELはLへと弱体化しつつも、カウンターキラーと底力でより上振れを狙える直殴り特化と予想した。

織田信長

IMG_0703

【性能予想】
属性:闇
ヒットタイプ:反射
アビリティ:魔法陣ブースト/カウンターキラーM+アンチブロック
コネクトスキル:超アンチダメージウォール
友情コンボ:超絶斬撃+超絶次元斬(超バランス型)
SS:仲間たちを率いて打ち込む(16/28ターン)
ラックスキル:ガイド

織田信長X

IMG_0704

【性能予想】
属性:水
ヒットタイプ:貫通
アビリティ:超マインスイーパーL/友情ブースト+アンチ減速壁
コネクトスキル:超アンチ重力バリア
友情コンボ:新友情+ダブルエナジーサークルL(超バランス型)
SS:味方を動かし敵へ撃ちこむ(16/24ターン)
ラックスキル:友情コンボクリティカル

ここからは獣神化・改の予想。

Xの形態もあるガチャ限では、アポロ、織田信長、ランスロットの獣神化・改が残されているが、これらはアポロXを除いて2019年内に上方修正が実施されており、当初よりは性能が底上げされている。

とはいえ、適正クエストという点から見れば、織田信長はどちらの形態も近年の高難度に即しておらず、活躍の場に恵まれていない。

また、無印の織田信長に関して言えば、そもそも闇属性・反射でダメージウォール、魔法陣、ブロックに対応できるのがコラボ限定の空閑遊真しかいないので、流石にそろそろ常設での実装があってもいいのでは。

Xのほうは、当初こそ見た目にもハデな2種のエナジーサークルが特徴だったが、昨今ではエナジーサークルが強いという風潮は薄れてきている印象があるため、メイン友情はまったく新しいものになると予想。なお、信長系は獣神化するにあたって友情が大幅に変更になったこともあるが、Xは副友情がエナジーサークル系であることは一貫しているため、ここは遵守しそうではある。

なお、ハーレーXのように撃種が反射⇒貫通と変わる前例もあったことから、Xはその形式を踏襲している。

アーサー

IMG_0705

【性能予想】
属性:光
ヒットタイプ:反射
アビリティ:超アンチ重力バリア+アンチ減速壁/超アンチワープ/超SSターン短縮
コネクトスキル:超アンチダメージウォール/カウンターキラー
友情コンボ:ツインワンウェイレーザーEL+全敵ロックオンレーザーEL(超バランス型)
SS:狙った方向に8方向反射波動砲を放ち、すべての敵に剣で追い討ち(25/30ターン)
ラックスキル:クリティカル

ある意味『モンスト』の顔のひとりではあるアーサーが獣神化をしたのは2018年の9月。いまだに重力バリア、ダメージウォール、ワープに対応できる唯一のガチャ限ながら(降臨ではコラボ限定のオール・フォー・ワンが同ギミックに対応)、その器用貧乏な性能から汎用性こそ高いものの近年活躍する場は奪われてきている印象。

また、友情コンボも現環境では決して高性能ではなく、バランス型のワンウェイレーザー、そしてついに降臨にも付くようになってしまった全敵ロックオンレーザーでは物足りなさが強い。

とはいえ、アーサーを構成する要素そのものが決して弱いわけではない。あくまで火力が足りないだけなのだ。

そこで、既存の3アビリティを全部“超”にアップグレードしたうえで流行の減速壁を追加し、しばらくはだれも追いつけなさそうな脅威の汎用性をプラス。

SSはブラックリリーが初実装となった8方向反射波動砲を早くも取り入れつつも、固有である“剣で追い討ち”するモーションは続投し、“アーサーらしさ”を演出するのではないだろうか。



以上が、“MONST FREAK 2021”で発表される獣神化予想となる。期待を込めた予想となるため、賛否両論はあるだろう。

しかし、こうして予想を立ててみるのもイベントを楽しむひとつの要素となるので、これを読んだ読者諸兄もぜひ獣神化予想をし、その当たり外れで盛り上がってみてはいかがだろうか?

あわせて読みたい

⇒悪魔ほむらが新登場!ミッションや新キャラも追加|『まどか☆マギカ』コラボ
⇒スキッティ(獣神化・改)、ネム(獣神化)が10/11に実装
⇒アダマンタイト廻が降臨決定!副友情にはクロス爆撃やグロウスフィアも

⇒風神雷神(分岐獣神化)の評価と適正クエスト考察/弱点キラーMが乗る2種の砲撃型インボリュートスフィアが強力
⇒ツタンカーメン(分岐獣神化)の評価と適正クエスト考察/神化ベースが三日月宗近(獣神化)と相性バツグン
⇒アーサー(獣神化・改)の評価と適正クエスト考察/4ギミック対応で過去クエストの大半に連れていけるように
⇒アリス(獣神化)の評価と適正クエスト考察/ラルガメンテの適正に
⇒ランスロットX(獣神化・改)の評価と適正クエスト考察/属性キラーが闇⇒木に変更
⇒ランスロット(獣神化・改)の評価と適正クエスト考察/ダルタニャン(獣神化・改)と好相性
⇒ルー(獣神化)の評価と適正クエスト考察/加速役として引き続き役立つ
⇒打神鞭(獣神化)の評価と適正クエスト考察/新禁忌28に連れていけるように
⇒オベロン(獣神化)の評価と適正クエスト考察/4ギミック対応が可能に
⇒獣神化・改モンスターに関する情報はこちら
⇒獣神化モンスターに関する情報はこちら

⇒選抜!8周年人気投票ガチャはどのグループを選ぶべき?オススメキャラクターと注意点まとめ
⇒リセマラ所要時間は約5分!最新のリセマラ方法とオススメキャラまとめ
⇒強友情キャラのオススメランキング(2022年4月版)
⇒2体目用の“魂の紋章”解放に必要な魂気と全解放までの日数

最新のイベント

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』コラボイベント

コラボバナー【攻略まとめ】
ガチャキャラ評価
アルティメットまどか(仮)

鹿目まどか

暁美ほむら

暁美ほむら

佐倉杏子

佐倉杏子

美樹さやか

美樹さやか

巴マミ

巴マミ

 

 

降臨キャラクター
ワルプルギスの夜

ワルプルギスの夜

委員長の魔女

委員長の魔女

薔薇園の魔女

薔薇園の魔女

【クエスト攻略】
(超究極)
【クエスト攻略】【クエスト攻略】
お菓子の魔女

お菓子の魔女

ハコの魔女

ハコの魔女

影の魔女

影の魔女

【クエスト攻略】【クエスト攻略】【クエスト攻略】
見滝原の結界
見滝原市の結界

魔法少女たちのお茶会

見滝原市の結界

真実の記憶

見滝原市の結界

叛逆の物語

【クエスト攻略】【クエスト攻略】【クエスト攻略】
その他のキャラ
悪魔ほむら

悪魔ほむら

【入手方法】
“まどか&ほむら”から進化

【備考】
チーズ引き換えで進化開放

巴マミ&ベベ

巴マミ&ベベ

【入手方法】
チーズ引き換えで入手

【備考】
イベント期間中はラック+99

ナイトメア ヤギノコノユメ

ナイトメア ヤギノコノユメ

【入手方法】チーズ引き換えで入手

【備考】
イベント期間中はラック+99

さやか&杏子

さやか&杏子

【入手方法】
コラボスターターパックを購入(※)

【備考】
イベント期間中はラック+99

まどか&ほむら

まどか&ほむら

【入手方法】
・ログインで入手(3体/1日)
・ミッション報酬で入手

【備考】
イベント期間中はラック+99

キュウべぇ

キュゥべえ

 【守護スキル(Lv.1)】
画面上すべての敵のHPを50,000削り、10%の確率で1ターン遅延

【守護スキル(Lv.10)】
画面上すべての敵のHPを500,000削り、99%の確率で1ターン遅延

【攻略】
⇒守護獣クエスト(究極)攻略
⇒守護獣クエスト(超絶)攻略

簡易まとめ
【開催期間】
10月2日0時~

【注目ガチャ限定】
・高難度でも低難度でも活躍できる鹿目まどかが特におすすめ
・佐倉杏子は轟絶エリミネイターのギミックを無視できる性能

⇒今回のガチャは引くべき?

【運極オススメ度】
・天魔1に適正を持ち、媽祖のコネクト発動役になれる委員長の魔女がもっともオススメ
・ワルプルギスの夜は攻撃性能は高いが代用が利く
・まどか&ほむらは希少なアンチ転送壁持ちなので運極を作っておきたい

⇒運極オススメ度の詳細はこちら


クエスト攻略

EXクエスト(今回の出現がラスト)

モンスト初心者最新画像

▲初心者&中級者向けお役立ち情報まとめ▲

高難度クエストの攻略と評価

攻略動画、やってます。

■ターザン馬場園のTwitter ■タイガー桜井のTwitter ■宮坊のTwitter

▲効率のいいラック上げの方法などの攻略テクはこちら▲

 

モンスターストライク

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクション
メーカーミクシィ
公式サイトhttps://www.monster-strike.com/
公式Twitterhttps://twitter.com/monst_mixi
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る