1. スマホゲーム情報ならファミ通App
    >
  2. ゲーム攻略
    >
  3. ドラクエウォークの攻略プレイ日記
    >
  4. ドラクエウォーク日記
    >
  5. 『ドラゴンクエストウォーク』格上の相手にどこまで戦えるか?“ゲリュオン”を相手に惜敗を喫する【プレイ日記第398回】

『ドラゴンクエストウォーク』格上の相手にどこまで戦えるか?“ゲリュオン”を相手に惜敗を喫する【プレイ日記第398回】

2021-09-01 12:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ドラゴンクエストウォーク

『ドラクエウォーク』おすすめ記事
『ドラクエウォーク』攻略まとめ
『ドラクエウォーク』プレイ日記
『ドラクエウォーク』最新記事

人気アプリゲーム『ドラゴンクエストウォーク( #ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届け。今回まったりエンジョイプレイしている東響希担当回。
⇒ドラクエウォークプレイ日記まとめ

1本日の担当:東響希

推奨レベルがパーティーの強さを上回り苦戦必至

ストーリー第6章もいよいよ終盤。まずは、第9話のボス、“シルバーデビル”戦である。メインの“シルバーデビル”が使う“あまいいき”や、“ボーンプリズナー”の“あしばらい”、“マホトーン”に、“おどるほうせき”の“メダパニ”や“さそうおどり”など、状態異常攻撃のオンパレード。1ターン目は、全員“まもりのたて”必須である。

全体的に“イオ”や“ギラ”系が弱点なので、“世界樹のつるぎ”の“導きの天光”と“クリスタルクロー”の“ゴッドスマッシュ”をメインにして、“パラディン”は“ダンシングロッド”の“いやしのフェアリーステップ”で全体回復。“賢者”は“ラーミアの杖”で、“イオナズン”で殲滅力の底上げを図る。

“シルバーデビル”の呪文攻撃に備え、“こころ”は属性耐性が上がるものを装備して少しでも呪文のダメージを減らす。

1ターン目は、予定通りに“まもりのたて”で全員が状態異常攻撃を無効化。図ったかのように、“さそうおどり”、“あしばらい”、“あまいいき”をすべて防いで安定したスタート。

2ターン目は“バトルマスター”、“レンジャー”が攻撃で残りの2人が“スカラ”をかけて防御力をアップ。一番厄介な“おどるほうせき”に狙いを定め、確実に各個撃破で倒してく。

 
IMG_6019

追い込まれるほどのピンチはなかったものの、後半はHP回復とMP回復も必要になり、長期の総力戦となった。一応勝てたものの、“ゲリュオン”戦への不安は募る。

IMG_6025
 
IMG_6027

▲バフ、デバフもうまく通り、手数も減っていくので後半はだいぶ楽に戦えた。

もし、これで勝てないようであれば、“賢者”も回復系装備を持たせて、補助をメインに立ち回るといいだろう。ただ、さらに長期戦となるため、MP回復アイテムや、回復要員の負担を減らすために、HP回復アイテムも持っていた方がいい。

また、眠りを回復するための“めざめの花”も忘れないように注意しよう。

そして今回のメインとなる“ゲリュオン”戦。第6章もクライマックスだ。“ゲリュオン”に加え、ここまで戦ってきた“マッドフィンガー”と“シールドオーガ”も登場する苦戦必至の編成である。

今回は最初から火力2人、回復2人で編成。武器は“バトルマスター”が“ゲリュオン”の弱点であるヒャド系攻撃“グランエスパーダ”が使える“オチェアーノの剣”、“レンジャー”が“ゲリュオン”と“シールドオーガ”の弱点であるドルマ系全体攻撃“月影の大鎌”が使える“常闇のやり”を装備。“マッドフィンガー”はドルマ耐性を持っているが、“影縛り”狙いを優先する形である。

防具に関しては“けもの系”モンスターの“ゲリュオン”に耐性を持っている★5鎧“凱歌のよろい”の上下を4つずつ持っていたのでこれを利用。“バトルマスター”と“レンジャー”には上下を、回復系の2人はよろい下に呪文回復効果が上がる“聖風のはごろも”を装備させ、いよいよ挑戦である。

IMG_6042

▲後に“凱歌のヘルム”も1個だけ持っていたことに気付くのだが、この見落としが悲劇の一端になる。

1ターン目には“まもりのたて”を使い、状態異常無効を付与。“月影の大鎌”からの“影縛り”もそこそこ発動する場面があったので、やや押され気味な場面もあったが“シールドオーガ”と“マッドフィンガー”の撃破には成功する。

 
IMG_6045
 
IMG_6046

しかし、後半になり、“ゲリュオン”1体になった時点でMPがかなりひっ迫した状況になる。回復アイテムなどを使って立て直しをするも、“まもりのたて”が間に合わず“はげしいおたけび”で行動不能になることも増えてくる。

“ゲリュオン”1体になってからは“影縛り”もなかなか成功せず、攻撃スキルに必要なMPが枯渇し、MP回復しているうちに手数が足りずにジワジワと追い詰められる。ついには“まほうの小ビン”、“まほうのせいすい”も使いきり、回復が間に合わずに万事休す。

 
IMG_6054

▲全体攻撃を連発され、回復が間に合わずに全滅してしまった。

推奨レベルが達していなかったこともあり、正直、勝てるかどうか不安なところではあったが、失敗に終わってしまった。MP回復アイテムも軒並み使いきってしまったため、すぐの再戦は難しい状況である。

“こころ”の編成は、各自に全属性耐性と呪文回復量アップを組み込んだ。
“心珠”は、“バトルマスター”と“レンジャー”にそれぞれのダメージアップとアイテム回復量アップする“心珠”を、“パラディン”と“賢者”にはけもの耐性と呪文回復量アップを装備させている。

IMG_6038IMG_6039
 IMG_6040IMG_6041

この編成画面をファミ通App編集部の松脇さんば氏に見せてみると、「耐性重視のコンセプトはまぁいいとして、とにかくこころの編成の仕方がひどすぎますよ!!ツッコミどころがありすぎです!」と指摘を食らってしまう。

「システム的に理解していないところもあるみたいなので、この1週間でやるべきこと(強くなる方法)を教えます。もっとしっかり対策すれば、“ゲリュオン”討伐はできると思いますよ」とも言ってもらえたので、この1週間はさんば氏にマンツーマンの修行(オンライン)をしてもらい、来週ゲリュオンへ再挑戦したいと思う。

ファミ通Appディスコードに『ドラクエウォーク』チャンネル開設!

ファミ通Appディスコードサーバーにおいて、『ドラクエウォーク』のチャンネルを開設しました。本作の攻略から雑談など『ドラクエウォーク』に関わるコミュニケーションがとれる場として運用しております。 興味のある方はお気軽にご参加ください。

【ファミ通Appディスコードはこちら】

ドラゴンクエストウォーク

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカースクウェア・エニックス
公式サイトhttps://www.dragonquest.jp/walk/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧