1. スマホゲーム情報ならファミ通App
    >
  2. ゲーム攻略
    >
  3. ドラクエウォークの攻略プレイ日記
    >
  4. ドラクエウォーク日記
    >
  5. 『ドラゴンクエストウォーク』初心に戻ってストーリークリアーを目指す!まずは5章10話の攻略から【プレイ日記第386回】

『ドラゴンクエストウォーク』初心に戻ってストーリークリアーを目指す!まずは5章10話の攻略から【プレイ日記第386回】

2021-08-11 12:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ドラゴンクエストウォーク

『ドラクエウォーク』おすすめ記事
『ドラクエウォーク』攻略まとめ
『ドラクエウォーク』プレイ日記
『ドラクエウォーク』最新記事

人気アプリゲーム『ドラゴンクエストウォーク( #ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届け。今回まったりエンジョイプレイしている東響希担当回。
⇒ドラクエウォークプレイ日記まとめ

1本日の担当:東響希

放置していたストーリーの進行を再開

水曜日担当の筆者の日記では、期間限定イベントをまったりプレイする形が続いていたが、今回から目標を‟ストーリークリアー”としてプレイしていく。

以前は推奨レベルに満たないパーティーで、雑魚相手でも苦戦かなり苦戦していたため、強くなるまではやめておこうと思っていたが、今なら大分余裕だろうと初心に戻ってプレイする。

IMG_5832

現状を改めて確認すると、第5章“商人と光る水晶”の7話までクリアーしていた。こちらは推奨レベルが45だが、一旦ストップした当時は初期設定の基本職のパーティーで目標レべルには到達していたものの、装備や“こころ”もまともに揃っていない状況だった。

しかし、今回は“バトルマスター”LV49、“パラディン”LV49、“レンジャー”LV50、“賢者LV50”の上級職1軍編成。武器も“はぐれメタルの剣”がふたりに、“フロストスティンガー”と“賢者の杖”とそれぞれが得意武器で挑んでいく。

IMG_5833

第5章8話の“てっこうまじん”と、第5章9話の“エビルホーク”3体はオートバトルであっさりクリアーする。こちらの“レンジャー”が先に動き、うまくいけば固有スキルの影縛りが発動するため、一方的に2回攻撃する状況がたびたび発生。

“エビルホーク”戦では、最初に全体攻撃の“アイシクルバースト”から2体を縛って、残った1体が“スクルト”で攻撃がないまま2ターン目になり、ノーダメージでの殲滅となった。

IMG_5785
 
IMG_5820

そして、第5章10話に登場するのが“まおうのつかい”。2回攻撃で“ルカナン”や“マヒャド”など状態異常や全体攻撃が強力で、初心者殺しの強敵である。

回復を優先するため、“パラディン”に“いやしの風”が使える“ひかりのタクト”、“賢者”には“トワイライトヒール”が使える“トワイライトブルーム”を装備。

超弱点がイオ属性ということで、“バトルマスター”は強力なイオ属性単体攻撃“導きの天光”が使える“世界樹のつるぎ”、同じく“レンジャー”にはイオ系単体攻撃の“ゴッドスマッシュ”が使える“クリスタルクロー”と単体火力武器に変更して挑戦した。

 
IMG_5825
 
IMG_5826

▲2つのスキルで平均して150~200ほど回復するため、HP半分を切ることもほぼなかった。

IMG_5828

▲レンジャーの影縛りが入ることもあり、HP回復が必要ない場面ではバフをかけつつ戦うことができた。

 
IMG_5827
 
IMG_5829

オートバトルでの戦闘は流石に控えたが、上級職で武器もそこそこのものが揃えられているうえ、パラディンの“かばう”でダメージを肩代わりしてくれたおかげもあり、全体回復ふたりで問題なく対処することができた。

守備力を下げる“ルカナン”については、まずは“かばう”が使えるパラディン、次に攻撃メインのふたりに優先的に“スカラ”を付与して打ち消す。3回ほど“ルカナン”を食らったが、さいわいなことにひとりかふたりは回避してくれたために、立て直しも難しくなかった。

もし基本職で挑むなら、状態変化と状態異常を防ぐ“まもりのたて”を最初のターンで使うのも有効だろう。そのうえで、“スカラ”が使えれば防御力が上がった状態を維持しやすくなるので、物理ダメージはかなり減らせる。

“マヒャド”については全員が100前後のダメージを食らうが、物理攻撃の方をある程度防げれば、全体回復を駆使して戦線維持はできると思われる。筆者のパーティーでは、一番HPが低い賢者が382で、200を切らなかったことから逆算すればHP300程度であれば善戦できるだろう(“はげしくきりつける”が全弾ヒットしてしまうとその限りではないが…)。

パーティーがかなり育っている場合を除き、回復スキルは必須になるので、全体回復スキル持ちの武器をふたりに装備させておくと安心だ。手に入りやすい回復武器では、“いやしのかぜ”が使える★5の“ひかりのタクト”や★4の“マジックチャクラム”、“まどろみのこん”、“ユグドラシル”などがある。

装備していた“こころ”は以下の通り。今回は推奨レベルと比べても圧倒的に強い状況のため、おすすめ編成のままで行けたが、本来ならばヒャド耐性、全属性耐性をつければさらに安定して戦えるはず。5章で登場する“つむりんママ”と“ドラゴスライム”が全属性耐性持ちなのでストーリーを進めながら集めやすいのではないだろうか。

IMG_5834IMG_5835
 IMG_5836 IMG_5837

上級職かつ推奨レベル以上というアドバンテージがあったので難なく倒すことができたが、まだまだ先は長い。
次回はいよいよ推奨レベルが上級職基準となる6章がスタート。次回までに6-4クリアーすることを目標に進める予定だ。

ファミ通Appディスコードに『ドラクエウォーク』チャンネル開設!

ファミ通Appディスコードサーバーにおいて、『ドラクエウォーク』のチャンネルを開設しました。本作の攻略から雑談など『ドラクエウォーク』に関わるコミュニケーションがとれる場として運用しております。 興味のある方はお気軽にご参加ください。

【ファミ通Appディスコードはこちら】

ドラゴンクエストウォーク

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカースクウェア・エニックス
公式サイトhttps://www.dragonquest.jp/walk/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧