1. スマホゲーム情報ならファミ通App
    >
  2. 最新ニュース一覧
    >
  3. 『逆転オセロニア』納涼アステール編/世界のザキヤマが独断と偏見で選ぶ推し駒`s 【FILE86】

『逆転オセロニア』納涼アステール編/世界のザキヤマが独断と偏見で選ぶ推し駒`s 【FILE86】

2021-07-31 19:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

逆転オセロニア

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!
19a7892917b12cbc1533902826482612_original
詳細はこちら

カウントヒット系でダントツ最強!

アステール

ドーモ、世界のザキヤマです。

2021年7月31日まで開催されていたガチャ“納涼まつり`21”。新ガチャ限ではS駒3体、A駒3体が登場したが、その中でも[甘い安らぎ]アステール(以下、納涼アステール)が飛び抜けておもしろい性能だったので、使ってみた所感などを紹介していこう。

スキル

納涼アステール最大の特徴は、返した駒数に応じて威力がアップするカウントヒット系のスキル。

古くはメーティスやウラニアが持っていたこの手のスキル。リリース初期にはそれなりの追加キャラがいたものの、時代が移るにつれその数も減っていき、2019年のグリム兄弟(闘化)を最後に、その系譜は途絶えていた。

それも当然と言えば当然で、返した枚数に依存する=伸び代があるとはいえ、1枚あたりのダメージがさほどでなければ、ほかのキャラに取って代わるほどではない。とくにS駒のコストを考えればなおさら。つまり、既存のものでは、リスクに対してリターンに乏しかったのだ。

新規キャラもいないし、ひょっとしたらだれもがカウントヒットの存在を忘れていたかもしれない。そんな時代の流れに盛大に逆らい、唐突に登場したのが納涼アステールだった。

以前、「1枚2000とかのカウントヒットが出たら話が違うんだろうなあ。でも流石に強すぎるか(笑)」とぼんやり思っていたこともあったが、まさか現実になる日が来ようとは……。

【カウントヒット1枚あたりの比較】
納涼アステール:2000(神単/神駒6枚以上)
正月レムカ(闘化):1400(神駒3枚以上)
闘化グリム兄弟:1200 ※コスト30
進化イクシラ:1200
進化キング:1200
闘化クリスマス・ウル:1100(2枚以上)
ジンオウガ:1100
ゼノア(神):1000
進化シュクレ:500

「強力だが条件がきびしい」というロマン枠であることを差し引いても、過去を置き去りにしたあまりに圧倒的な威力。

「現環境でSのカウントヒットなら、これくらいじゃないと!」というのはわかるが、リリース間もなくして登場したシュクレをとりあえず確保し、イクシラが出たときには「うわ、これ強い!」と驚いた人間からすると、時代の流れをヒシヒシと感じざるを得ない。

さて、そんな納涼アステールだが、そもそも神駒6枚以上の条件が付いている以上、神囁きで使うことは前提だろう。というわけで、囁きの基本に立ち返りつつ、納涼アステールでHPをゴッソリ奪うことを前提としたデッキがこちら。

デッキ

▲防御とデバフは盛り気味だが、できるだけ戦いを長期化させ、納涼アステールでたくさん駒を返したいという目論み。

ある意味罠だな、と感じたのが“ターン開始時の自分の神駒6枚”という条件。念のための保険としてスプラをサブに入れておいたのだが、判定としてはターン開始⇒召喚の流れになるため、以下のような状態では納涼アステールのスキルは不発になってしまう。

発動しない

▲仕様をよく理解しておらず、「あれ? 不具合かな?」とアステールをタップしまくり、持ち時間が失われていくの図。

しかし、うまいこと発動できればその火力は圧倒的。条件がきびしい以上は欲張ったダメージを叩き出したいので、最低3枚、できれば4枚返しを虎視眈々と狙っていきたい。

8000

▲特殊としてはトップクラスの8000ダメージ! ただ、ファンシーなスキル名“不思議な色のりんご飴”との乖離がすさまじい。それ本当にりんご飴? 爆発物の間違いでは?

もちろん位置づけとしてはロマン砲なので、ハッキリ言って使いやすくはない。よしんば発動できても1〜2枚返しだと元が取れないし、かと言って4枚以上返しを狙うとその前に力尽きてしまう。というか、上手な人が回復耐久を使わないかぎり、5枚以上は相当に厳しいと思われる。

だが、個人的におもしろい・推したいと感じたのが、「条件的には囁きであっても、特性としては囁きとかけ離れている」という特異性だ。

そもそも囁きは、自分の駒数を参照してそれに応じてダメージを出すことが基本。なので囁きを相手取った場合、「この駒数だと、イザナギでこれくらいのダメージもらうな」といった予想が立てられる。

そして竜や神単ならば危険極まりないが、囁き相手に4枚返されたところでダメージはたかが知れている。

これこそが、納涼アステールのみがくぐり抜けられる、囁きの基本認識の穴を付いた抜け道なのだ。

なので、役割としてはフィニッシュ役であるものの、「発動条件を満たし3〜4枚返しが可能ながらば、すぐさま殴ってリード」という使いかたこそが、相手のペースを崩すという意味でも効果的と感じている。

12

▲中盤で、4枚空いたらすぐ殴る。勝負はまだ先と油断させておき、一気に優勢に持ち込めると最高に気持ちがいい。

使いかた次第で、アポロン以上のとんでもない爆発力を得られる納涼アステール。デッキ構築にまだまだ改良の余地はあるし、何より使い心地が気に入ったので、しばらくはいろいろ遊んでみようと思っている。

【“世界のザキヤマが独断と偏見で選ぶ推し駒`s ”のまとめはこちら】

文/世界のザキヤマ(@zakiyamaofworld

タイガー桜井と宮坊が動画で攻略中!

YouTubeチャンネルの登録はこちら

ファミ通AppのTwitterはこちら

タイガー桜井のTwitterはこちら

宮坊のTwitterはこちら

世界のザキヤマのTwitterはこちら

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!
19a7892917b12cbc1533902826482612_original
詳細はこちら

逆転オセロニア

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/テーブルゲーム
メーカーDeNA
公式サイトhttps://www.othellonia.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧