1. サイトTOP>
  2. 『逆転オセロニア』サマー・ピリキナータ編/世界のザキヤマが独断と偏見で選ぶ推し駒`s 【FILE82】

『逆転オセロニア』サマー・ピリキナータ編/世界のザキヤマが独断と偏見で選ぶ推し駒`s 【FILE82】

2021-06-26 19:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

逆転オセロニア

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!
19a7892917b12cbc1533902826482612_original
詳細はこちら

“ラパセスアーラ杯”で大活躍!

トップ_サマー・ピリキナータ

ドーモ、世界のザキヤマです。

6月24日からカップ戦“ラパセスアーラ杯”が開催中だ。トレンドとしては闘化ぬらりひょん、闘化メルヴェユールが多く、次点でエルロージュ、神単、古谷雫、ラニなどがチラホラといった印象。

カップ戦ではコスト減によって、平時は一線級ではないキャラクターを見る機会も多いが、今回はリリティエがコスト増ということもあってか、特殊罠枠でサマー・ピリキナータをかなり見かける。なんなら僕自身も採用している。

罠の流行廃りはその時々によってマチマチだが、改めて現環境に照らし合わせると彼女の持つスキルが「一周回ってちょうどよい」ように思えてきたので、特殊罠の歴史をざっくり紹介しつつ、ピリキナータ自身についてもふれていきたい。

小回りの利く発動条件が魅力

ステータス_サマー・ピリキナータ

サマー・ピリキナータのスキルは、1000以上の特殊ダメージで発動する130%の特殊罠。登場は2018年8月と約3年前のキャラクターになるが、特殊罠はそこまで追加数が多くないため、これでも新顔の部類だ。それでは、A駒の特殊罠の面々を改めて見ていこう。

A駒の特殊罠 比較

名前特殊罠スキルの倍率/条件HP
(プラス最大)
シャーラ300%/1000未満の特殊1395
アルコ160%/相手の手駒1枚以上呪い1237
デモクーゲル(進化)150%/2枚以上返される1191
おみよ150%/1500未満の特殊1110
イヴェット145%1677
エイプリル・コンスタディーナ(闘化)
※コスト15
145%/1500以上の特殊1627
リリティエ140%/500以上の特殊1630
ジルドレ140%/2000以上の特殊1365
ピリキナータ140%1537
クシナダ140%/2000未満の特殊1215
サマー・ピリキナータ130%/1000以上の特殊1377
ウィグーネ130%/魔染め1414
ジャック・オ・ランタン130%/3枚以上返される1056
デュラハン125%/自身の魔駒が1枚もない際1537

※上から罠倍率が高い順

そもそも罠駒は「1キャラでどれだけのダメージを安定・効率的に返せるか」、「安いダメージで回収されないか」、「どれだけHPが高いか」、そして「あわよくばコンボが強いか」といったところが重要視されるように思える。

個人的には3枚返しで発動のジャック・オ・ランタン、2枚返しで発動のデモクーゲル(進化)あたりをうまいこと使われると「ほう……やるな」とか「ふーん、オシャレじゃん」とやたらと相手を褒めちぎる傾向にあり控えに言って大好きなのだが、安定を求めるとなると編成に勇気がいることは否めない。

ちなみに、シャーラをはじめとした「○○未満で発動する」タイプの罠は、いかに倍率が高くても伸び代の上限が決まっていることから恵まれない状況がずっと続いている。

これらを踏まえて上記の表を見ていただくと(見るまでもないかもしれないが)、HP&倍率が高く、弱い特殊ダメージでは回収されないリリティエが人気であることは満場一致で納得だろう。

特殊罠はイタチごっこの様相を呈しており、これまでの歴史をザックリまとめると「イヴェットが登場⇒下位互換でピリキナータが登場⇒小ダメージの特殊罠で回収⇒リリティエが登場⇒リリティエをギリギリ回収できる特殊が登場」という形だった。

300カーチェ300鄧嬋玉

▲1の特殊ダメージを与えるカーチェと鄧嬋玉は、当時の環境で猛威を奮ったイヴェット、ピリキナータへの明確なメタ。

IMG_4193

▲最近では、多くのデッキで人気の闘化キンマモンの600特殊ダメージも、リリティエを安く回収しまくっている。

今回のカップ戦ではとくに顕著だが、こうした環境ではキンマモンなどで回収できないサマー・ピリキナータが読み合いをするうえでも非常に役立つ。“1000以上の特殊”という絶妙な条件を持つキャラは他にいないわけで、その便利さを改めて実感できた。

エルロージュ

▲「ソルシアで発動しないからアゲハの可能性もあるぞぉ……」という駆け引き。とくに、相手がエルロージュなど大ダメージ特殊を使うと分かっている場合、心理戦に持ち込めてワクワクする。

じつはイヴェットより実装数が多い

無印ピリキナータ

ピリキナータ自身の歴史は古く、その登場は2016年9月まで遡る。流れとしては同年8月の超駒パレードでイヴェットが登場、当時としては画期的な性能だったものの入手は限定。その翌月にイヴェットの性能を控えめにしたピリキナータがイベントで実装された形だった。

その後さまざまなバージョン(ノーマル、クリスマス、マクドナルドコラボ、“オセロニアンの合戦2018”優勝賞品、サマー)が追加されるに至ったことを考えると、運営的にも推したいキャラクターであったことは想像に難くない。そのバリエーション数は、なんとCVまで付いて本来ならば上位互換であるはずのイヴェットを凌駕している。

IMG_4190
IMG_4191

▲ピリキナータは性能面では3種類(マクドナルドコラボ、“オセロニアンの合戦2018”優勝賞品はノーマルのイラスト違い)、対するイヴェットは2種類。

とはいえ、ピリキナータ自身は初期からいるせいか詳細に乏しい。二つ名から悪戯好きということは明白なのだが、唯一フレーバーがあるサマーバージョンはあくまでそれを補強するに留まっており、「なぜ悪戯が好きなのか」、「なぜ道化師のような格好なのか」は謎。つねに乗っている丸いモンスターも“ボール君”という名前以外は詳細不明だ。

マクドナルド

▲“ボール君”はマクドナルドのバイト中でもいっしょ。

前述の通り最新のサマーですら3年前だが、最近の季節キャラはフレーバーが厚い傾向にある。改めて使ってみたら俄然興味が沸いてきたこともあり、もし再登場したら諸々の設定が明らかになることを心待ちにしている。

【“世界のザキヤマが独断と偏見で選ぶ推し駒`s ”のまとめはこちら】

文/世界のザキヤマ(@zakiyamaofworld

タイガー桜井と宮坊が動画で攻略中!

YouTubeチャンネルの登録はこちら

ファミ通AppのTwitterはこちら

タイガー桜井のTwitterはこちら

宮坊のTwitterはこちら

世界のザキヤマのTwitterはこちら

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!
19a7892917b12cbc1533902826482612_original
詳細はこちら

逆転オセロニア

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/テーブルゲーム
メーカーDeNA
公式サイトhttps://www.othellonia.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧