ウマ娘 プリティーダービー攻略まとめ

ウマ娘 プリティーダービー【ウマ娘攻略】トウカイテイオー(トップ・オブ・ジョイフル)のURA優勝育成論

ウマ娘 プリティーダービーの攻略記事

【ウマ娘攻略】トウカイテイオー(トップ・オブ・ジョイフル)のURA優勝育成論

2021-06-01 22:00 更新

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ウマ娘 プリティーダービー

トウカイテイオーの育成論

トウカイテイオー_横

アプリ『ウマ娘』のトウカイテイオー育成論を紹介。育成時のポイントや目標ステータス、おすすめのサポートカードについてなどをまとめているので、トウカイテイオーを育成する際の参考にどうぞ。

トウカイテイオーの育成方針

トウカイテイオーの育成方針でおすすめの作戦は、唯一補正なしでAの先行だ。トウカイテイオーを育成していく中での難所は、なんといっても長距離レース。

もともとトウカイテイオーの長距離適性はBと高めだが、目標に設定されている菊花賞、天皇賞(春)、有馬記念は全て非常に高い難易度に設定されているので、少しでもクリアを簡単にするために因子継承で必ず長距離適正をAにしてから育成しよう。

また、前述した通りトウカイテイオーの育成での難所は、ほぼ長距離レースだけ。そのため、しっかりとスタミナを上げるようにトレーニングしてあげれば、URA優勝までは他のウマ娘と比べて簡単な部類に入るだろう。

002

▲長距離の赤因子を最優先で継承して、しっかりと長距離適正をAにしてあげよう。

▽トウカイテイオーの育成ポイント

・成長率が高いスピードを3、長距離レースで勝つためにスタミナ2〜3がベース
・必ず長距離因子を使ってAに!
・スピードとスタミナをメインにしつつパワーもある程度意識してトレーニング

成長率を意識してスピードとスタミナを多めに

トウカイテイオーを育成する際に、おすすめのサポートカード編成は以下の通り。

おすすめ編成例
キタサンブラックスペシャルウィークニシノフラワー
キタサンブラック_supportスペシャルウィーク _supportニシノフラワー _support
スーパークリークメジロマックイーンゼンノロブロイ
スーパークリーク_supportメジロマックイーン_supportゼンノロブロイ_support

トウカイテイオーの編成では得意率が高く、優秀な先行のスキルやスタミナ回復のスキルを持つサポートカードを優先的に編成してあげよう。

特にキタサンブラックは、得意率80に“直線回復”と“コーナー回復”と優秀な回復スキルを持っているので相性抜群。

また、スタミナのトレーニング効率を上げつつ、取得できるだけで長距離レースの難易度が下がる“円弧のマエストロ”を持つスーパークリークもおすすめだ。

他にもスタミナのカードを駿川たづなに変更すると、バッドコンディションの回復、体力回復、やる気アップなどで安定した育成が行える。

続いて編成難易度を下げたSRのみのサポートカード構成は以下の通り。

SRサポカのおすすめ編成例
エイシンフラッシュキングヘイロースイープトウショウ
009004005
マンハッタンカフェゼンノロブロイ マヤノトップガン
マンハッタンカフェ_sipportゼンノロブロイ_supportマヤノトップガン_support

スイープトウショウ、エイシンフラッシュ、キングヘイローは得意率が高めで、友情トレーニングの発生時に同時発動しやすく、少ないスピードトレーニングでも一定以上のステータスを狙える優秀なカード。

中でもスイープトウショウはイベントで、友情トレーニングを早めてくれる愛嬌を獲得できるので優先して編成したい。

もしフレンドで完凸したキタサンブラックが借りれるなら、キングヘイローかエイシンフラッシュの枠と交換しよう。

長距離因子を使ってA以上に!

トウカイテイオーの育成目標で壁になるのは、長距離レースのクラシック:菊花賞とシニア:天皇賞(春)。テイオーは長距離適性がBと低く、前述した3つのレースの難易度が高くなってしまう。

そのため、どの因子よりも優先的に長距離の赤因子を継承して、適正値をAにすることが重要だ。

トレーニングはスタミナとスピードがメイン

トウカイテイオーを育成する際のトレーニングでは、スタミナ4、スピード4、その他2くらいの割合で鍛えてあげよう。

特にスタミナに関しては、目標レースに長距離が多いので優先的にトレーニングしてあげよう。特に天皇賞(春)は目標レースの中で一番距離が長く、500〜600はスタミナのステータスがないと厳しい。

参考までに攻略ライターが実際にトウカイテイオーを育成し、URAファイナルを優勝したがこちら。

015

各期間のトレーニングポイント

◯ジュニア期

ジュニア期はお出かけなどでやる気を好調以上に保ちながら、サポートカードの絆ゲージを上げていこう。特にスタミナ、スピードのトレーニングに3人以上サポートカードがいる時はそこを優先してあげよう。

根性、パワーのトレーニングは4人以上いない場合、お休みで体力回復かお出かけでやる気を上げる、もしくは2人以上いる他のトレーニングを行おう。

◯クラシック期

クラシック期からはとにかくスピードとスタミナを優先しよう。特に友情トレーニングが2人以上発生しているなら、失敗率が10%以下なら押してしまって良いだろう。

目標としてはクラシック10月前半までにスタミナ450以上を目指していきたい。

◯シニア期

シニア4月にある天皇賞(春)、12月後半の有馬記念がテイオーを育成する上での難所となっている。まずは天皇賞(春)までにスピード450〜500、スタミナ600以上を目指し、残りの期間でどちらのステータスも600〜700を目指してトレーニングしていこう。

トウカイテイオーの育成目標(目標数:8)

1.ジュニア期:メイクデビュー

目標ステータス
017

◯ やる気は基本的に好調〜絶好調に

まずはトレーニングを始める前にお出かけで調子を上げておこう。好調ならトレーニング効果が5%上昇、絶好調なら20%上昇するので、やる気の状態は非常に重要だ。

◯絆ゲージを上げていこう

クラシック3月ごろまでには友情トレーニングを発動させておきたい。そのためには絆ゲージを4段階目(オレンジ)まで上げる必要がある。

なのでジュニア12月までは2人以上のキャラが出現しているスピード、スタミナを優先しつつ、体力を少量回復できる賢さのトレーニングを行っていこう。

2. 若駒S:3着以内

目標ステータス
019

◯ 引き続き絆ゲージを上げていこう

ジュニア級メイクデビュー出走後も、友情トレーニング発動を目指して友情ゲージを上げて行こう。

◯ファン数が足りなければレースに出走しよう

ファン数によっては皐月賞に出走できない可能性があるので、若駒Sの前か後に一度レースへ出走しておくと良い。12月後半のホープフルSは比較的簡単かつ、1着でなくとも多くファンが獲得できるのでおすすめ。

3, 皐月賞:5着以内

目標ステータス
022

◯ トレーニングは引き続き絆上げ

トレーニングは引き続き、友情トレーニング発動を目指して友情ゲージを上げて行こう。

◯ここから難易度が上昇

この皐月賞から1着の難易度が上がり、安易に勝てなくなってくるのでスキルの取得を行っていこう。コース取りが上手くなる“臨機応変”や“ポジションセンス”、回復スキルの“コーナー回復”などがおすすめだ。

4, 日本ダービー:5着以内

目標ステータス
024

◯ 少ないターン数を有効に使おう

皐月賞から日本ダービーまでは2ターンしかないので、できることが限られる。そのため、残り体力をチェックしながらトレーニングを行うか、やる気度を絶好調まで上げておこう。

5, 菊花賞:3着以内

目標ステータス
026

◯ 目標レースで初の長距離

この菊花賞は3,000mのレースになっており、トウカイテイオーの目標レースでは初めての長距離。中距離と比べて、スタミナのステータスが大きく要求される。

理想としてはスタミナ350+回復スキル2個かスタミナ450以上あたりを目指したい。

6, 天皇賞(春):3着以内

目標ステータス
028

◯ スタミナとスピードを500以上が目標

第6目標の天皇賞(春)は3,200mの長距離レースのため、スタミナの値が回復スキルを込みで500以上は欲しい。また作戦を先行で育成しているため、一定以上のスピードも欲しい。

なので、1着を狙う場合は目標としてはスピードとスタミナのどちらも500以上を目指してトレーニングを進めていこう。

7, ジャパンC:2着以内

目標ステータス
030

◯ スピードの値600を目標にトレーニングしよう

ジャパンカップからは他ウマ娘のステータスがより高くなり始めており、1着をとる難易度もかなり高くなっている。目標としてはスピードを500〜600を目安にしつつ、加速系のスキルを習得していこう。

幸いにも7月前半から2度目の合宿があるので、そこでスピードを重点的に育ててあげるのがおすすめだ。

8,有馬記念:1着

目標ステータス
032

◯ ここまでくれば難易度は比較的低め

天皇賞(春)を1着で抜けられ、ジャパンカップもクリアできたトレーナーなら有馬記念をクリアすることは可能だ。あとはトウカイテイオーのやる気や、スキルの取得などを忘れなければ1着でゴールできるだろう。

URAファイナルズ予選~決勝

目標ステータス
034

予選時の時点で、有馬をクリアできるステータスがあれば問題なく優勝できる。あとは1ターンずつあるトレーニングで足りないステータスを補って行こう。

トウカイテイオーのおすすめサポートカード:SSR

キタサンブラックおすすめポイント
003・“練習上手〇”や多くのやる気UPイベントがあり、育成のサポートも行える。
・完凸なら得意練習率80という破格のスペック。
ニシノフラワーおすすめポイント
ニシノフラワー _support・サポートカードの絆ゲージが溜まりやすくなる“愛嬌◯”が獲得可能。
・汎用性の高いスキルを多く獲得できる。
スーパークリークおすすめポイント
スーパークリーク_support・長距離〜中距離レースで最高峰のスタミナ回復を誇るレアスキル“円弧のマエストロ”が非常に強力。
・体力回復イベントが多いため、休む回数を減らすことができる。
ウオッカおすすめポイント
006・クリークと同じくスタミナを大幅に回復できるレアスキル“好転一息”が優秀。
・得意率が高く、不足しがちなパワーのステータスを補える。
駿川たづなおすすめポイント
たずな_support・トレーニング時の消費体力を軽減してくれる。
・絆ゲージを上げて、いっしょにお出かけすると、体力回復とやる気アップが同時に行える。

トウカイテイオーを育成する際に特におすすめなサポートカードはキタサンブラック。キタサンは優秀なスピードのトレーニング効率と高い得意率を誇りながら、回復スキルや加速スキルを始めとした先行育成のテイオーと相性が良いスペックを持っているので編成優先度が高い。

◯ カード編成スピード3:スタミナ:3が育成しやすい

トウカイテイオーを育成する際に重要なのはスピード、スタミナのステータス。そこで成長補正もあるスピードを3枚、スタミナも3枚にして育成して上げることで、どちらも高い値が狙えるのでおすすめだ。

トウカイテイオーのおすすめサポートカード:SR

エイシンフラッシュおすすめポイント
エイシンフラッシュ_support・イベントが体力最大値アップ、回復、やる気アップと強力
・トレーニング効率も高めなので2凸以上で無凸のSSRカードを上回る。
スイープトウショウおすすめポイント
005・イベントで“愛嬌”を獲得できるので友情トレーニングを発生させやすくなる。
・完凸時につくスキルポイントボーナスが強力。
マンハッタンカフェおすすめポイント
マンハッタンカフェ_sipport・長距離に適したスキルを持ち、天皇賞(春)など高難易度のレースに有用なスキルが優秀。
・スタミナのステータスアップや、体力回復が優秀。
ゼンノロブロイおすすめポイント
032・優秀な先行用スキルが多く、スペシャルウィークと相性が良い。
・完凸でヒントレベルアップが4となり、通常より多くスキルを獲得できる。
マヤノトップガンおすすめポイント
032・汎用性が高い優秀なスキルを多々持っている。
・サポート効果の初期スタミナや、トレーニング効果が強力。

SRのサポートカードはSSRカードよりも入手難易度が低めなので凸しやすいのが利点。特に2凸以上ともなれば無凸のSSRカードよりも優秀になる。

中でもスイープトウショウ、マンハッタンカフェ、マヤノトップガンは低い凸数でも優秀。もし持っている場合は優先的に編成しよう。

おすすめの因子

優先1:長距離
優先2:スタミナ
優先3:スピード、パワー

おすすめの因子について

特に重要なのは長距離の適正をAにできる赤因子の逃げ。これがないと不安定なので、手持ちでない場合はフレンドから借りて育成しよう。

おすすめのスキル

弧線のプロフェッサー:コーナーが得意になり速度が上がる
末脚:ラストスパートで速度がわずかに上がる
コーナー回復◯:無駄のないコーナリングで持久力がわずかに回復する
直線回復:直線で持久力がわずかに回復する
スタミナキープ:レース序盤でわずかに疲れにくくなる(作戦:先行)

先行型のトウカイテイオーを育成するなら、加速スキル1個に対して回復スキルを2個取得が目安だ。また先行は、ラストスパート時に前に出れない事故が発生する場合もあるので、トウカイテイオーの覚醒スキルや元から所持しているスキル“臨機応変”や“ポジションセンス”もおすすめ。

ウマ娘 プリティーダービー

対応機種iOS/Android/ブラウザ
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://umamusume.jp/
配信日配信中
コピーライト

関連ツイッター