1. サイトTOP>
  2. 【ドラゴンクエストウォーク攻略】ストーリークエスト10章10話のボス‟碧落天バリゲーン”攻略!両サイドのまぼろしを優先して倒そう

【ドラゴンクエストウォーク攻略】ストーリークエスト10章10話のボス‟碧落天バリゲーン”攻略!両サイドのまぼろしを優先して倒そう

2021-05-04 13:27 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ドラゴンクエストウォーク

『ドラクエウォーク』おすすめ記事
『ドラクエウォーク』攻略まとめ
『ドラクエウォーク』プレイ日記
『ドラクエウォーク』最新記事

碧落天バリゲーン戦のポイント

『ドラゴンクエストウォーク(#ドラクエウォーク)』で、2021年4月27日にストーリークエスト10章が解放された。

ここでは10章10話に登場するボス“碧落天バリゲーン”の攻略を解説する。

■暴嵐天バリゲーン(碧落天バリゲーン)、バリゲーンのまぼろし(????系)
超弱点:-
弱点:メラ、イオ、ドルマ
等倍:ギラ、ジバリア
耐性:ヒャド、デイン
超耐性:バギ

01

暴嵐天バリゲーンとバリゲーンのまぼろしが出現するが、弱点や耐性はどちらも同じ。また、暴嵐天バリゲーンはHPが減ると碧落天バリゲーンに変身するが、こちらも弱点や耐性は同じだ。メラ、イオ、ドルマ属性で充実している属性を選ぼう。ボスは3体いるので全体攻撃できる武器がオススメ。持っていない場合は、長期戦になるが単体攻撃の武器でもオーケーだ。防具は、暴嵐天バリゲーンへのダメージアップや耐性アップを持つ世界樹の導き装備、霊獣装備などがもっともオススメ。それらを所持していない場合は、バギ属性に耐性を持つ防具を装備するといい。

■オススメ武器
世界樹の天槍【紅】、ラーミアの杖、世界樹のつるぎ、クリスタルクロー、鎧の魔剣、天魔王のつえ、炎獅子のツメ、天空の剣、書聖のつえ など

■オススメ防具(暴嵐天バリゲーンへのダメージ+10%)
伝説の導きシリーズ(頭、体上)、導きの霊獣シリーズ(頭、体上)、ニューフェイスシリーズ(頭、体上)

■オススメ防具(暴嵐天バリゲーンへの耐性+10%)
伝説の導きシリーズ(体下)、導きの霊獣シリーズ(体下)、ニューフェイスシリーズ(体下)、みちびきの盾

■オススメ防具(バギ耐性)
トルナードの盾、聖風のはごろも上、キャプテンコート上、はぐれメタルよろい上、漆黒伯爵のコート上、魔狼の鎧上 など

■オススメ防具(スキル“まもりのたて”)
トルナードの盾、みちびきの盾、ルーンバックラー、プラチナトレイ、シルバートレイ(★4)など

■オススメこころ(バギ耐性)
ヘルクラウダー、グレイトマーマン、暴嵐天バリゲーン、エビルホーク など

回復役はふたり入れて、パラディンガードで敵の猛攻をしのぐ

暴嵐天バリゲーンたちの行動は、おもに以下のものがある。

■暴嵐天バリゲーンの行動(1ターンに2回行動)
・ばくれつけん
・ドルモーア
・バギクロス
・魔神風(味方全体に200前後ダメージのバギ属性攻撃。確率で攻撃力と攻撃魔力1段階低下+猛毒)

(碧落天バリゲーン変身後)
・いてつくはどう
・ルカナン
・碧落の魔神風(味方全体に150前後ダメージのバギ属性とドルマ属性の2回攻撃。確率で攻撃力と攻撃魔力1段階低下+猛毒)
・暴嵐拳(対象ランダムに150前後のバギ属性物理ダメージを4回与える)

■バリゲーンのまぼろし(1ターンに1~2回行動)
・通常攻撃
・バイシオン
・ルカナン
・ドルモーア
・バギクロス

バリゲーンのまぼろしは、ドルモーアやバギクロスなどに加え、バイシオンで暴嵐天バリゲーンの攻撃力を上げてくる。攻撃力が上がった状態でのばくれつけんは大ダメージを受けるので、パラディンガードがないとパーティが半壊する危険も。回復役はふたり入れて、うちひとりは必ずパラディンにしよう。影縛りは暴嵐天バリゲーン、バリゲーンのまぼろしともに有効なので、レンジャーも入れておけば楽に戦える。

 
02
 
03
04

また、魔神風による攻撃力/攻撃魔力低下やバリゲーンのまぼろしのルカナン対策のため、1ターン目は盾スキル“まもりのたて”を使っておくのもいいだろう。

 
05
 
06

■オススメのパーティ構成
火力役ふたり(バトルマスター、レンジャー)
回復役ふたり(賢者、パラディン)

まぼろしを倒すまでは本体にダメージを与え過ぎない

暴嵐天バリゲーンはHPが減少すると碧落天バリゲーンに変身し、攻撃が激化する。この場合にまぼろしが生き残っていると全滅する危険があるので、必ず変身前にまぼろしは2体とも倒しておくこと。変身の目安としては、バリゲーンのまぼろしを倒しきる程度のダメージを本体に与えること。そのため、全体攻撃スキルでダメージを与えていれば、暴嵐天バリゲーンが変身する頃には倒せているor瀕死なので敵のHP調整をする必要がなく非常に楽。

 
07

単体攻撃で攻める場合は、向かって右側のまぼろしから優先して倒そう。左側のまぼろしは2ターン目に、右側のまぼろしは5ターン目に暴嵐天バリゲーンへバイシオンを使うので、右側のまぼろしを5ターン目まで生存させていると暴嵐天バリゲーンに2段階目のバイシオンがかかり、ばくれつけんの威力が上がってしまう。まずは右側のまぼろしを倒し、次いで左、最後に本体を攻撃していくこと。もし5ターン目までに倒しきれない場合は、味方、とくにパラディンにスカラを使うなどして守備力を少しでも上げておこう。

 
08
09

変身後は強化はほどほどにして攻撃と回復に専念

碧落天バリゲーンに変身後は、碧落の魔神風、暴嵐拳などを使ってくる。

 
10

変身したつぎのターンは必ず碧落の魔神風を使ってくるので、味方全員のHPは全快近くにしておくこと。

 
11
 
12

変身後は“いてつくはどう”も使ってくるので、“まもりのたて”など味方の強化行動が無駄になってしまう。そのため、火力役は攻撃、回復役は回復に専念して戦おう。碧落天バリゲーンへの弱体は有効なので、レンジャーの影縛りなどで回復役の行動に余裕ができたら、ルカニなどで守備力低下を狙っていくといい。

ファミ通Appディスコードに『ドラクエウォーク』チャンネル開設!

ファミ通Appディスコードサーバーにおいて、『ドラクエウォーク』のチャンネルを開設しました。本作の攻略から雑談など『ドラクエウォーク』に関わるコミュニケーションがとれる場として運用しております。 興味のある方はお気軽にご参加ください。

【ファミ通Appディスコードはこちら】

ドラゴンクエストウォーク

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカースクウェア・エニックス
公式サイトhttps://www.dragonquest.jp/walk/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧