その他
ユージェネの攻略記事

【先行プレイ】本格マップゲームと完全生配信の融合!コロプラ新作『ユージェネ』は一度体験したら病みつきになること間違いナシ…!

2021-04-19 18:11 更新

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ユージェネ

実際に体験してもらいたい期待新作アプリ!

コロプラより2021年4月21日に配信予定の新作スマートフォン向けアプリ『ユージェネ』。

ユージェネ_ロゴBK

本作は、“LIVE×GAME”をキーワードにした新次元エンターテインメントと称したまったく新しいタイプのスマホアプリ。ゲームに登場するキャラクターがリアルタイムでライブ配信を実施し、プレイヤーたちとコミュニケーションを取りながらミニゲームやライブを実施するという、昨今流行りのVTuberを想起させる作品となっている。

今回、配信に先駆けて実施された先行体験会に参加する機会を得たので、実際に実機でゲームをプレイし、ライブに参加した所感をお伝えしていく。

【『ユージェネ』の事前登録はこちら】

本格ゲームと完全生配信の融合が魅力

まずは、『ユージェネ』がどのようなゲームなのかを簡単に紹介していこう。

本作では、プレイヤーがふだん遊ぶ“マップゲーム”と、特定の時間にゲーム内のキャラクターによって実施される“ライブ配信”が主要コンテンツになっている。『ユージェネ』に登場する3人のキャラとプレイヤーが、実際にコミュニケーションを取れるのが大きな魅力だ。

生配信は毎日実施されるようなので、毎日アプリ内でイベントが開催しているような状態。配信遅延が0.4秒とほぼ遅延もなく、ARでキャラを出現させての視聴もできるなど、技術面でもかなり気合を入れているようだ。

#ライブ08_さくら_GAME03#ライブ02_アニャ_GAME02

▲配信中はミニゲームなどを介してプレイヤーとキャラクターがいっしょに遊び、同じ時間を共有できる。

▼先行体験会で実際に行われた配信の様子

配信以外では、Google Mapsの“地形標高”を利用したマップゲームがプレイできる。こちらはおもに、ライブ配信以外の時間に遊ぶコンテンツだ。

マップゲームでは、日本が丸ごとオープンワールドになり、キャラクターを動かして自由に探索できる。位置情報ゲームではないので、自分ではなくキャラを動かし、東京や北海道を自由に旅できる仕組みだ。

コンビニ (1)コンビニ (2)

ここからは、実際に実機をプレイした所感も含めてお伝えしていこう。

アプリをスタートすると、まずはストーリーパートが入る。本作のストーリーは、無数に存在する“#世界(ハッシュワールド)”を舞台に、世界を消滅させてしまう謎の侵略者“アイズ”と戦い、奪われた“#世界”を取り戻すというもの。

プレイヤーはアイズを倒せる存在である謎のロボット“ロイド”として、彼女たちを支え、ともに戦っていくことになる。

カットシーン (9)カットシーン (7)

ストーリーは流れる映像を見る形で進んでいくのだが、映像はYouTubeの切り抜き映像のようなテイストで非常に読みやすい。

テンポよくストーリーが進んでいくので、退屈せずに楽しめるだろう。

チュートリアル (4)チュートリアル (6)

ゲーム序盤を進めると、“アスタリスタ”と呼ばれるキャラクター3人と行動をともにすることになる。

メインキャラである彼女たち3名は、毎日だれかがライブ配信もしてくれるという。ストーリーで活躍するキャラと実際にコミュニケーションを取れるのは、なんとも不思議な感覚だ。

チュートリアル (1)チュートリアル (2)チュートリアル (3)

プレイヤーが日頃遊ぶことになるマップゲームのほうも、かなりこだわって作られていることがわかる。

バーチャルパッドを使うとキャラが走って移動してくれるので、思った以上にハイスピードでテンポがいい。ワールドは平原だけでなく町や海などもあるので、本当に日本全土を旅しているような感覚に浸れる。

マップ04マップ06

マップを移動していると敵であるアイズと遭遇したり、付近に落ちているアイテムを回収できる。回収したアイテムはマイルームで家具を作るのに使い、倒したアイズからはライブ配信中にプレゼントするアイテムなどが入手可能だ。

基本的な遊びかたとしては、マップを移動して素材を集めつつ、遭遇したアイズを倒していく形になるだろう。

マップ01マップ08_公園ダンジョン

敵であるアイズと遭遇すると、直感的な操作で遊べるジャイロアクションで戦うことになる。

敵の周囲にはクリスタルのようなものが浮かんでいるので、これに照準を合わせて弾を発射し、破壊できれば勝利だ。戦闘が長引くと反撃してきたり、敵がクリスタルの前に立って妨害してくることもある。

実際に遊んでいると、一回の戦闘は長引かず、サクッと敵を倒せるのでスムーズにプレイできた。プレイヤーのレベルが上がると弾速がアップしたり、カスタマイズ次第で強化もできるようなので、後々は手に汗握る戦いも楽しめるのかもしれない。

なお、ジャイロ機能は切ることもできるので、電車内などでのプレイも問題ナシだ。

戦闘 (1)戦闘 (2)

ちなみに、出現するアイズは自身のいる場所によって多少変化するようで、いわゆるご当地アイテムなども用意されている。

北海道でしか手に入らないプレゼントなどもあるようなので、全国各地を巡ってプレゼントをコンプリートするのもやり込みコンテンツのひとつになりそうだ。

戦闘 (5)戦闘 (6)

▲敵を倒すと、ライブ配信中に贈るプレゼントの種類を増やせる。

今回は体験会ということでやり込みコンテンツに触れるまでには至らなかったが、プレイヤーキャラ(ロイド)のカスタムや、マイルームの作成など遊びの幅は非常に広い。

手に入れたパーツを使ってカスタムすると、たとえば水上を進むのに適した姿や、登山向けの装備、オフロードを素早く動くようにするなど、進んでいく地形に応じて自由に切り換えられる。富士山踏破を目指す装備を整えたり、海を横断するカスタムを目指してプレイするのもおもしろそうだ。

ロイドカスタム (3)ロイドカスタム (4)

マイルームも作れる家具の数が膨大で、素材さえ集めれば多彩なコンセプトの部屋を作り出せる仕様になっている。

キャラのライブ配信で、だれかのマイルームを訪れる可能性もあるようなので、トコトンこだわって自分の部屋で配信してもらう日を夢見て頑張りたいところ。

マイルーム (3)マイルーム (1)

アイズを倒し、プレゼントなどを用意したらいよいよライブ配信に参加できるようになる。ライブ配信は特定の時間(今回の場合17時30分~18時)に実施されるので、その時間までに参加の準備を整えておきたい。

配信に参加すると、自由にコメントを打ったり、プレゼントを贈れるようになる。キャラが贈ったアイテムを手に持ち、送り主の名前を呼んでくれるリアルタイムの反応は、実際に体験してみると非常に魅力的だった。

ライブ中に贈るアイテムは、マップゲームで集められる“#のカケラ”を消費するか、課金をしてプレゼントするかの2種類が用意されている。

マップゲームをプレイしていればプレゼントを贈ることが可能なので、無課金プレイヤーでも名前を呼んでもらったり、盛大に花火を打ち上げるチャンスはあるのもポイントだ。

#ライブ02_アニャ_GAME02#ライブ07_さくら_GAME02

▲配信中にミニゲームをプレイすることも。ミニゲームで高得点を獲得すると表彰されるので、名前を呼んでもらえるかも?

プレゼントを贈る以外にも、衣装を購入すると自分の画面でだけキャラの衣装を切り換えることも可能だった。衣装のバリエーションも豊富だったので、自分の好きな服でライブ配信をしてもらえるのもうれしいところ。

プレイするまではイメージが固まらなかったが、実際にライブ配信に参加してみると、花火やくす玉などを贈って配信を盛り上げたり、いっしょにミニゲームをする一体感が格別だった。

こればかりは実際に体験してみないと伝わらない部分もあるので、配信がスタートしたらぜひともライブに参加してみてほしい。

【『ユージェネ』の事前登録はこちら】

今後のキャラ追加予定や楽曲配信についての質疑応答

ここからは、体験会後に実施された質疑応答の内容を紹介していこう。

各種質問には、『ユージェネ』の総合プロデューサーを務める福重潤哉氏(文中:福重)が答えてくれた。

配信時間はどうなる?ライブ関連の質問まとめ

――ライブのアーカイブは残りますか? 後で見ることは可能なのでしょうか

福重 現時点では、一週間程度のアーカイブを予定しています。アーカイブでは課金はできませんが、ゲームには参加いただけるようになっています。AR機能なども使えます。一度配信したライブですが、できるだけインタラクイティブ性を持たせようと思っています。

――配信スケジュールについて、今後夜帯以外にも朝やお昼などにも配信の予定はあるのでしょうか。

福重 現状は仰る通り夜の時間での配信を予定しているのですが、今後運用や配信環境が整ってくれば、1日2~3回配信するスケジュールになっていくと思います。

――一度のライブで課金できる上限などはあるのでしょうか。

福重 上限は設けておりませんが、自社ルールの使いすぎストッパー、ご家族安心設定などは設けています。

――課金できる上限がないとのことですが、たとえば“ランキング上位の伝説のファン”といった、ファンが側がフィーチャーされるような仕組みはあるのでしょうか。

福重 はい、ランキングは存在しております。課金でもポイントがたまりますし、ライブ中のゲームでも獲得できます。また、マップ部分で敵を倒して手に入るプライズでもポイントは溜まります。ですので、そういった伝説的なユーザーは出現する可能性がある……というか願っております。

――ライブ中での通信環境のトラブルについては、どのような対応を考えていらっしゃいますか?

福重 通信のトラブルについては、弊社のほかのゲームタイトルでも起こった場合の同じような対策をしています。

――ライブ中の課金ですが、課金して得られるプライズのポイントと、マップ中で敵を倒して得られるプライズのポイントでは、圧倒的に課金して得られるポイントの方が多くなっています。ゲーム中に、ライブで得られるポイントが多ければ多いほど、特別なライブに参加できたり、限定アイテムをもらえたりすると書いてあったのですが、このバランスだとマップ部分を遊ばずとも課金だけしていればさまざまな要素を味わえてしまうような印象があります。そのあたりのバランスについて教えてください。

福重 仰る通りで、そこをやりすぎてしまうとマップ部分を遊ぶ意味がなくなってしまいます。ですので、マップ部分でしか手に入れられないアイテムを用意したりとか、たまに強敵が現れてポイントをたくさんゲットできるようなイベントなどで対処していこうと思っています。一方で、あまりそれをやりすぎてしまうと、逆に課金の意味がなくなってしまうと思いますので、都度バランスを取っていくような運用を考えています。

――ライブに参加できる人数に上限はあるのでしょうか。

福重 サーバーを整備すれば上限を上げられるので、上限を掛けることはありません。現状では10万人を目標とし、それに耐え得る設計にしています。

――公序良俗に反するコメントなどはどのように対応されていくのでしょうか。

福重 こちらについては、通信切断と同じで、弊社のほかのタイトルと同じように不適切なユーザー名やコメント入力を弾くセーフティを入れてあります。それでも潜り抜けてくる不適切なコメントについては触れない、悪質なユーザーに対してはコメントを非表示にするといったような対応を取っていくつもりです。

――それぞれの女の子に楽曲は何曲あるのでしょうか、楽曲は毎回歌うのでしょうか、教えてください。

福重 それぞれのキャラクターの曲に関してですが、ローンチの段階では、1曲はオリジナルのキャラクターソングを用意する予定です。リリース後は作れるだけ作りたいと思っています。

――楽曲をYouTubeやiTunesなどほかのところで聴くための配信はあるのでしょうか。

福重 はい、配信したいと考えています。

――現時点では3キャラ用意されていると思うのですが、今後キャラクターは増えていくのでしょうか。また、増える場合は4人目がいつごろ登場するかも教えてください。

福重 追加する気満々です! ゲーム内でアスタリスタと呼ばれるキャラクターはさまざまな条件をクリアーしてゲームやライブに登場させる必要があるので、いまの時点ではっきりとした時期はお伝えできません。

――記事化の際に、4キャラクター目が増えるということはうたってしまってよいのでしょうか。

福重 はい、構いません。なぜかというと、先ほどご覧いただいたライブのキャラクターの部分に、“Coming Soon”と入れているんです。“4人目が来るよ”というのを暗に伝えている部分ですので、うたってしまっていただいて構いません。

マップゲームの仕様は? マネタイズはプライズがメイン?

――マップゲーム部分は日本全国に移動できるようになっていましたが、東京から北海道など遠くまで行けるのでしょうか。

福重 はい、可能です。移動するとスタミナが減っていくのですが、途中マップに置かれているスポットに触ることで回復しながら進むことができます。陸地と陸地のあいだ、たとえば青森と北海道間などでは、そこを瞬時に移動するような遊び・仕掛けを用意しています。これらを利用することで、日本全国を旅していただけます。

――ちなみに、今日の体験会では恵比寿(※コロプラ本社)からの出発となっていましたが、実際はユーザーがいる場所からそれぞれスタートするのでしょうか。

福重 その通りです。日本全国どこから始めていただいていても、実際に今ご自身がいらっしゃる場所からスタートいただくことになります。

――マップがリアルな地形になっているのが印象的でした。たとえば東京なら東京タワー、北海道なら時計台など、ランドマークのようなものはあったりするのでしょうか。

福重 まず地形についてですが、新宿にはビルがたくさん建っているなど、その場所の雰囲気を再現するようにしています。権利の問題もあり難しい場所もありますが、代わりに目印となるようなランドマークを建てています。全国で目印になるようなものは極力建てるようにしています。

――マップゲーム部分で入手できるプライズは、自分が入った位置(場所)によって変化したりするのでしょうか。

福重 ご当地の敵が多数存在しています。東京でしか入手できない敵がいたり、アイテムがあったりとか。オープンワールドと言っている以上、そこに行かないと手に入らないものはたくさんあり、数百種類以上用意しています。

――海を渡るための、うきわのようなアイテムがあったりするのでしょうか。

福重 たとえば、九州の端に行くと専用の舟のような、九州の端から沖縄に飛べるような施設が存在しています。

――東京から広島に行く場合など、電車のような乗り物はあるのでしょうか。

福重 時短要素として、各都市に一ヵ所、“シティ”と呼ばれる大きな開いた街のようなものが存在して、一度行けば解放されます。そして一度行ったことがあれば、そこに飛べるような機能があります。また、ロイドはカスタマイズすることも可能です。下半身の足のレッグパーツはすごくカスタマイズできまして、移動速度が速いパーツであったり、水上を自由に動けるパーツであったり、富士山のような標高の高い場所に行ける専用の足があったりとか、そういうアイテムを使いながら日本中を冒険することができるようになっています。

――出張で遠くの県に行った時にシティを解放しておけば、そこに行けるようになるということでしょうか。

福重 はい、GPSも搭載していますので、広島でゲームを起動すれば瞬時に広島に飛びます。ですので、リアルな位置を使った遊び方もできますし、ゲームの中で時間をかけてゆっくり旅をすることもできます。

――マップ部分で日本中を旅できるゲームになっていますが、ライブとの連動について教えてください。

福重 まず、その場所でしか戦えない、手に入らないご当地の敵を用意しております。ローンチの時には難しいかもしれないのですが、イベントのようなもので“ライブToマップ”を実施できればと思っています。たとえば、特定の時間・場所じゃないと手に入らないプライズ(エール)が出てきたりといったような形ですね。

――それに対して、ライブ中にキャラクターから「〇〇さんが、大阪から贈ってくれたよ」といったような反応があるということでしょうか。

福重 そうですね。キャラクターは何県のご当地の敵なのかも把握していますので、「〇〇県で戦ってくれたんだねー」といったような反応もできると思います。

――ライブが今作の売りだとは思うのですが、公式番組などはどのように展開されるか教えてください。今後のアップデートの情報などは、YouTubeなど外でやるのか、それとも『ユージェネ』内で完結させるのでしょうか。

福重 『ユージェネ』内でしか体験できない配信内容が多いので、基本的にはゲーム内で完結させていくつもりです。しかし、プロモーションなどを含むようなイベントの場合、youtubeなどでの告知もありうると思います。

――ゲーム内での公式番組などを実施していくとのことですが、ゲーム外でアスタリスタたちと触れ合える機会などはあったりするのでしょうか。それともゲーム内でしか会うことはできないのでしょうか。

福重 現時点では、やはり『ユージェネ』アプリに来ていただいて、ライブやゲームでキャラクターと会えるという希少性を担保したいと思っています。キャラクターごとのTwitter運用など、ゲーム外でキャラクターとコミュニケーションできるようなことは考えておりません。

――ゲーム内のマネタイズは、プライズがメインになるのでしょうか。ガチャなどもあるようでしたら教えてください。

福重 仰る通り配信中のプライズがいちばんのマネタイズになります。そのほか、マップ部分ではスタミナの仕様が入っており、スタミナがなくなった時の時短課金があります。ガチャについては現状予定はありません。やはり、好きなものをプレゼントしていただくのがいいと考えています。

――ゲーム内でのユーザー同士のコミュニティなどがあれば教えてください。

福重 ユーザー同士のコミュニケーションについては考えていないです。ゲーム外でのコミュニケーションを強固にしていただけれるのが理想です。ゲーム内からTwitterなどのSNSに投稿する機能もありますので、”映える”シーンなどを共有してもらって、そこで盛り上がってもらえればと思っています。

――GPSが搭載されているとのことで、リアルの店舗など、ゲーム外とのコラボといったことができるかなと思ったのですが、現時点でそういったことは考えていらっしゃいますか?

福重 ぜひやりたいと思っていますが、スタート段階では用意していません。

――初動は、ユーザーさんに対してどのような部分をポイントとして集客しようと考えられていますでしょうか。プロモーションについて教えてください。

福重 最初は“#る(つながる)”という謎のサイトを開いたりもしていたのですが、まずはコロプラの新作ということで、ゲームユーザーに遊んでもらえればと思っています。最近は配信系のアプリがあると思うのですが、そういったものに触れていないユーザーさんにも、このゲームを通じてゲームと配信の両方を味わう楽しさを感じてもらえればと思っています。

ですので、まずファーストターゲットには、コロプラが新しいゲームを出したよということを伝えていきたいと思っています。いっしょにキャラクターがライブをするというこの謎の体験を、いちばん強く推していきますので、LIVE×GAMEとうたっております。いろいろな部分でプロモーションできるとは思うのですが、まずはゲームユーザー、そしてもちろんLIVEのユーザーも取り込んでバズらせていきないなと考えています。

ユージェネ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルその他
メーカーコロプラ
公式サイトhttps://colopl.co.jp/yougeneration/
配信日配信中
コピーライト