1. スマホゲーム情報ならファミ通App
    >
  2. ゲーム攻略
    >
  3. 【逆転オセロニア攻略】白の塔“第37階層”攻略とオススメデッキ

【逆転オセロニア攻略】白の塔“第37階層”攻略とオススメデッキ

2021-04-02 12:54 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

逆転オセロニア

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!
19a7892917b12cbc1533902826482612_original
詳細はこちら

白の塔“37階層”攻略

※編集部で確認できた敵駒のみを掲載しています。

クエスト情報

ステージ数:3
相手リーダーの属性:神、魔
敵HP
1戦目:27000
2戦目:27000
3戦目:30000

報酬:ゴールドエリクシール×3
バトルルール:リトライ不可
デッキルール:なし
印コスト変化
-1:導師印
-2:魔界印、幻獣印
-3:術士印、御伽印
+5:闘士印

攻略ポイント

竜のアンデッドが必須
ステージ2、3での毒ダメージが極めて高く、ログウィランや孫尚香といったアンデッドで毒を回復に転換しないと押し切られてしまう。火力は下がるが、リーダーはバフではなくアンデッドにしていつでも使えるようにしておきたい。

高倍率コンボや鼓舞で火力を補う
上述の理由でアンデッドリーダーが安定しやすいが、ステージ1は大幅なデバフがかかっているうえ、即死攻撃を受ける6ターンまでに突破する必要があるため、竜オルロ・ソルシエなど高倍率のコンボ持ちが役立つ。デバフの影響を受けない鼓舞を持つメイ(闘化)も有効だ。

オススメの駒

ログウィラン(進化)ログウィラン(進化)
4ターン継続のアンデッド。相手や状況を選ばず使える高倍率のコンボも優秀。
【同系統のスキル持ち】孫尚香、ベノムバジリスク、ラーニ
メイ(闘化)メイ(闘化)
鼓舞持ち。ステージ1のデバフを無視して攻撃できる。
オルロ・ソルシエ(竜闘化)オルロ・ソルシエ(竜闘化)
バフコンボが非常に強力。辺に打つことで一気にHPを削りやすい。

S駒:進化ログウィラン、闘化メイ、進化バハムート、進化アークワン、進化正月ロライン、進化ジェンイー、竜オルロ・ソルシエ
A駒:周年グエリアス、周年アルン、マーレア、クロリス、闘化アラジンとランプ、孫尚香、闘化ランドタイラント、ラーニ、ベノムバジリスク

デッキ構築例

デッキ

【ポイント】
アンデッドをリーダーにした竜単。4ターン持続のログウィランが理想だが、未所持の場合は3ターン継続の孫尚香、ラーニ、ベノムバジリスクのいずれかをトップにしよう。リーダーがオーラバフでないことから火力不足に陥りやすいので、強力なバフコンボ持ちも優先したい。

ステージ1

1

【敵が使用する駒】
1.闘化ファヌエル(デバフ)
2.オーフェル(デバフ)
3.進化アムジェラ(特殊)
4.長宗我部元親(時限特殊)
5.ハロウィン・メーティス(特殊)
※赤字は危険度の高い駒
※順番は前後する可能性があります

【初期配置】
ヴェラ=プレニル(A1):20%デバフ(4ターン)
ヴェラ=プレニル(A1):特殊10万ダメージ(6ターン後)

6ターン後に即死ダメージを受けるため、それまでに突破する必要がある。なお、4ターンのあいだは20%のデバフがかかっているうえ、1ターン目のファヌエル、2ターン目のオーフェルもデバフ持ち。このあいだはダメージを与えにくいため、コンボを消費するのは3ターン目からにしていきたい。とくにファヌエルのデバフは4ターンと長いので、本格的に攻撃を仕掛ける前にしっかり返しておこう。

なお、鼓舞を持つメイ(闘化)はデバフの影響を受けないので、手持ちに来た際は強力なバフコンボをつなげて大ダメージを与えておきたい。

オススメ定石の例

1−1

▲初手のファヌエルを警戒。×のマスに打つと返せないマスに置かれる可能性があるので避けよう。

ステージ2

2

【敵が使用する駒】
1.カプノシア(吸収)
2.闘化ラァナ(呪い)
3.進化アバドン(毒バフ)
4.奏庵(呪い)
5.ルーティル(呪い)
※赤字は危険度の高い駒
※順番は前後する可能性があります

【初期配置】
ネグル=プレニル(A6):40%デバフ(3ターン)
ネグル=プレニル(F6):2000毒×3体召喚(4ターン後)

4ターン後に登場する毒の召喚駒が非常に危険。3ターンに打たれるアバドンによってダメージが跳ね上がるため、その前に返されないマスにアンデッドを仕込んでおこう。4ターン持続のログヴィランならば初手、孫尚香などの3ターン持続は2ターン目から使えば、召喚に合わせることが可能だ。

呪いも登場するが、アンデッドでの回復があるならば呪われてもムリにリリースする必要はない。以降は導線をつなげて一気に大ダメージを狙っていこう。

オススメ定石の例

2−1

▲ダメージマスは避けたくなるが、後々の導線を考えると踏んだほうが有利。アンデッドでの回復があればリカバリーは十分に可能だ。

ステージ3

3

【敵が使用する駒】
1.ネグル=プレニル(特殊)
2.ネグル=プレニル(呪い×4)
3.ネグル=プレニル(特殊)
4.ネグル=プレニル(毒)
5.ネグル=プレニル(特殊)
6.ネグル=プレニル(毒)
7.ネグル=プレニル(特殊)

※順番は前後する可能性があります

【初期配置】
ネグル=プレニル(A1):2000毒(毎ターン)
ネグル=プレニル(F6):2000毒(毎ターン)

敵が毎ターン4000の毒ダメージを与えてくる。アンデッドは温存せず、初手から使っていこう。

アンデッドにより毎ターン4000の回復が可能だが、以降は4枚呪いに加え毎ターン2000の特殊ダメージ持ちが連続するため、長期戦は危険。アタッカー不在で決定打に欠ける手駒の場合は、アンデッドを再度使用しつつ、後から登場する毒持ちを敢えて返さず回復に利用するのも手だ。

オススメ定石の例

3−1

▲基本は返されないB5にアンデッドを打つのがオススメ。アンデッド枠が1枚返しでなければコンボが発動しないベノムバジリスク以外で、強力なアタッカーを連続で使える場合は、D6から始めて一気に勝負を決めてもいい。

タイガー桜井と宮坊が動画で攻略中!

YouTubeチャンネルの登録はこちら

ファミ通AppのTwitterはこちら

タイガー桜井のTwitterはこちら

宮坊のTwitterはこちら

世界のザキヤマのTwitterはこちら

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!
19a7892917b12cbc1533902826482612_original
詳細はこちら

逆転オセロニア

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/テーブルゲーム
メーカーDeNA
公式サイトhttps://www.othellonia.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧