1. スマホゲーム情報ならファミ通App
    >
  2. 最新ニュース一覧
    >
  3. 『逆転オセロニア』火炎ヨシノ編/世界のザキヤマが独断と偏見で選ぶ推し駒`s 【FILE69】

『逆転オセロニア』火炎ヨシノ編/世界のザキヤマが独断と偏見で選ぶ推し駒`s 【FILE69】

2021-03-13 19:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

逆転オセロニア

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!
19a7892917b12cbc1533902826482612_original
詳細はこちら

2021年からチラホラ見かける闘化ヨシノ

トップ_ヨシノ

ドーモ、世界のザキヤマです。

2021年に入ってからだろうか、以前はそこまで見かけなかったリーダーとたまに当たるようになった。

それは闘化ヨシノ。ヨシノは進化が一世を風靡し多くのプレイヤーにデッキリーダーとして愛用されてきたが、現在似たポジションの座は進化エルロージュに取って代わられた。

そしてエルロージュと同時に登場したアポロンの存在もあってか(むしろこちらがデカいか)、進化ヨシノはほぼ姿を見なくなったなあ……と思った矢先、闘化ヨシノと対面する機会が妙に増えたのだ。

ヨシノカグラ

▲闘化ヨシノは、毎ターン400毒のカグラを2体召喚。そしてそのカグラは、コンボでどんどん増えていくという性能。

勝手な想像ではあるが、闘化ヨシノが見直された理由のひとつには、さまざまなダメージソースが溢れている現環境で、「一周回って毒が強い」という背景もあるのではないだろうか。

毒は竜鱗に阻まれたらどうしようもないという弱点はあるものの、これは吸収や呪いも同じ。アンデッドには逆に吸収される恐れはあるとは言え、ヘイラン・スパルムリーダー全盛期の頃ならばいざ知らず、現環境では「念のためアンデッドを1枚差しておく」風潮は廃れた気がする。

以前ほど毒がマークされていないからこそ、特殊や通常と異なり防がれにくく、安定してダメージを稼げる毒が「一周回ってアリ」になったのかな、と感じている。

今回はそんな闘化ヨシノを軸とした、最近お気に入りの“火炎ヨシノ”デッキの魅力や、使用上の注意点を諸々紹介していこう。

ハマれば超強い! 毎ターン毒&火炎に加えて回復もできる!

デッキ

火炎ヨシノはその名の通り、闘化ヨシノをリーダーにカグラをどんどん増やしていき、火炎で継続ダメージを狙っていくデッキ。

理論上は毒と火炎のダブルダメージがガンガン入っていき、通常依存の大ダメージも獄炎でデバフをかければ致命傷を免れられる。

さらに火炎回復と増えるカグラの相性がよく、中〜長期戦になっても高いHPを保ちやすい。

ルイーテランメリー

▲辺置き火炎回復のルイーテと、オーラ火炎回復の正月ランメリーの功績は計り知れない。

十字回復

▲十字火炎で焼かれるカグラさん。(ちょっとかわいそうだが)相手にうまく火炎が入らない場合はカグラを燃やして回復し、長期戦に備えるのが有効。

デッキ内容はその場その場で調整しているのだが、外周火炎のバレンタイン・ミューニはけっこう警戒されがちなので、全体を3ターン燃やしつつ、確実に回復が取れるコルヌゲーラを入れておくと安定する印象だ。

相乗効果がハマれば相当強いと思ってはいるのだが……、その反面、闘化ヨシノが持つ致命的な弱点はどうしても避けて通れないため、勝敗はけっこう運が絡んだりもする。

カグラの出目は祈ろう

カグラ

先攻・後攻問わず、初手がエンデガとオーラで埋まっているというような状況を除き、早い段階ならばカグラの数を増やすことは可能だ。

問題なのは、カグラのコンボが“ひっくり返したあとの自分の駒でキャラ駒でない駒にランダムで1つ自分の分身を召喚する”というもの。

同じ召喚キャラでも、闘化ウィブサニアの砂時計や、闘化ガブリエルの氷などは1コンボにつき2体登場するため、特殊な進行を除いて全消しは難しい。ところがカグラの場合、出目が悪いと数ターンでアッサリ全滅することもめずらしくない。こうなると火力はガタ落ちで、S枠リーダーとしてのヨシノの仕事ぶりに苦言も呈したくなる。

ダメパターン2

▲カグラを増やすためやむなくB4に。C5に出ることを祈るも、まとめて消されるルートが爆誕。短い命だった……。

いいパターン1

▲後攻初手は出現位置が固定だが、先攻はお祈り必須。この形になると気がラクで、十字火炎が来ればC打ち、そうでなければ風車と選択肢が広がる。

いいパターン2

▲理想型。こうなると相手にとってはなかなかお辛い。

“カグラ出現マスお祈り抽選”を乗り切って終盤に入れば、このような毒&火炎&回復という一方的な試合も可能だが、ここまで来るのにはどうしても運が絡む。とはいえハマったときの快感はヤミツキ必至だ。

また、闘化ヨシノデッキは神か毒に寄せるタイプが多いように見える。なので最初のほうに敢えて火炎を使わず(これも運が絡むけど)、途中から火炎を連続させるとお相手の手が止まることがよくあるので、意外性のある駆け引きが仕掛けられるのも楽しいポイントと感じる。

盤面展開に自信がある人ならばもっとカグラを量産できると思うので、今回紹介したような火炎に限らず、改めて闘化ヨシノを活用してみてはいかがだろうか。

【“世界のザキヤマが独断と偏見で選ぶ推し駒`s ”のまとめはこちら】

文/世界のザキヤマ(@zakiyamaofworld

タイガー桜井と宮坊が動画で攻略中!

YouTubeチャンネルの登録はこちら

ファミ通AppのTwitterはこちら

タイガー桜井のTwitterはこちら

宮坊のTwitterはこちら

世界のザキヤマのTwitterはこちら

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!
19a7892917b12cbc1533902826482612_original
詳細はこちら

逆転オセロニア

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/テーブルゲーム
メーカーDeNA
公式サイトhttps://www.othellonia.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧