1. スマホゲーム情報ならファミ通App
    >
  2. ゲーム攻略
    >
  3. サクラ革命
    >
  4. サクラ革命プレイ日記
    >
  5. 『サクラ革命』中華風な四国の中に描かれた“シンボル” のお話【プレイ日記第22回】

『サクラ革命』中華風な四国の中に描かれた“シンボル” のお話【プレイ日記第22回】

2021-03-01 19:18 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

サクラ革命 華咲く乙女たち

●『サクラ革命』プレイ日記
●『サクラ革命』登場キャラクター紹介

セガ×ディライトワークスの新作『サクラ革命 華咲く乙女たち』のプレイ日記をお届け。
⇒サクラ革命プレイ日記まとめ

皆さんこんにちは。ライターの松尾です。
イベントアイテムの交換期間も終了し、バレンタインの甘い名残も過ぎゆく今日このごろ。
皆さま150万DLの霊子護符は無事5枚集まりましたでしょうか?

2.いろはファッションショウ

キャンペーン限定護符の『いろはファッションショウ』は、ゲームを始めたばかりの司令にはとくにおすすめのGP増加。
5枚受け取った方は忘れずに強化しておきましょう。

さて、今回はつぎのイベントの気配が近づく中で久しぶりに四国のお話をさせていただければと思います。

中華風の雰囲気の中でも見えていた郷土のシンボル

徳島で佐那すだちを仲間に加えた帝国華撃団は、剣山を超え高地との県境に到着します。
剣山は徳島の最高峰。標高は1955メートルで、日本百名山のひとつにも数えられています。

Screenshot_20210301-154056

そこで待ち受けていたのは、高知の代表であり“華面刃舞”総長でもある四万十ゆすら。
彼女は自身の仲間であるベリアルを信じますが、彼はまだ政府の影響下にいました。

Screenshot_20210301-154121

ベリアルはゆすらを振り切り姿を消し、ゆすらは桂浜でいまの状況と向かい合うことになります。
ゆすらが見上げるのは言わずと知れた坂本龍馬像。

Screenshot_20210301-155419

昭和3年に制作され、太平洋を見つめるその姿は高知のシンボルのひとつです。
ここで司令とゆすらはステゴロのタイマン勝負を行い、彼女は帝国華撃団への入団を決意します。

Screenshot_20210301-185147

奥に見えているのはおそらく海津見神社。竜王宮とも呼ばれるこの社には海の神様が祭られています。

その後ベリアルとの対決を経て、霊力塔を撃破した帝国華撃団。
つぎなる目的地として、香川の代表である観音寺のあのいる琴弾公園へと向かいます。

Screenshot_20210301-163122

この公園にある銭形砂絵『寛永通宝』は、一説には寛永10年(1633年)に制作されたと言われ、東西に122メートル、南北に90メートル、外周345メートルというサイズを誇っています。
本編中では総督ベルフェゴールに踏みつけられていたことを、のあが怒るシーンも見受けられました。

Screenshot_20210301-184930

この公園の近くには、四国八十八カ所の六十八、六十九番目の札所である観音寺があり、のあの名字もそこからとられたものかと思われます。

Screenshot_20210301-163140

ちなみにのあの名字と市の名前は観音寺(かんおんじ)。お寺の名前は観音寺(かんのんじ)となっています。
いえ、だからなんだという話ではあるのですが。

全編中華チックな展開になっていた四国でしたが、香川では銭形砂絵が観音寺のあの郷土愛を示す要素として描かれたように、振り返ってみれば要所要所で具体的な地名や場所がシンボル的に登場していました。
各県の霊力塔がそれぞれの県の岬に建てられていたのも印象深かったですね。これも四国の地理的な特性を描いたものだと思います。

Screenshot_20210301-160827

アレンジが加えられても、『サクラ革命』にはこういった郷土の風景が欠かせない要素なのだと改めて実感しました。
今後に描かれるストーリーでは、どんな背景が物語に登場するのか、引き続き楽しみにしていきたいです。

“太正”コソコソ噂話:さまざまなキャンペーンが実施中!

現在“150万DL突破キャンペーン”をはじめとした複数のキャンペーンが実施中です。
まず、150万DL突破記念の第2弾としてフレンドポイントの獲得量と護符強化時の大成功・極成功の確率が2倍になっているほか、“奪還応援キャンペーン”と題してメインストーリーの消費APが1/2になっています。
まだ四国の奪還まで物語を進めていない方や、最近『サクラ革命』を始めたという方はこの機会にぜひ、戦力強化とあわせて物語を楽しんでください!

bnr

また、“奪還応援キャンペーン”の一環として九州、中国、四国の乙女たちのピックアップ調査が実施中。
バレンタインでお迎え出来なかった意中の乙女を、今度こそお迎えするチャンスになっています。

img_pickup-list

私もそろそろ伊万里くすのくんをお迎えしたい……!
イベントの気配が迫る中悩ましいところではありますが、霊子水晶の量と相談しながら、挑戦してみたいと思います。

というわけで、今回はだいぶ間が空いてしまいましたが四国地方で描かれた背景のお話をさせていただきました。
本日より開始されたキャンペーンは、新規で始めた司令さんにもピッタリなものになっているのでぜひこの機会に楽しんでいただきたいです。
そして、YouTubeの方では『青ヶ島司令部通信 新イベント開催直前生放送』の配信も決定。3月10日19時より最新情報に期待しつつ待機したいと思います。

●『サクラ革命』プレイ日記
●『サクラ革命』登場キャラクター紹介

サクラ革命 華咲く乙女たち

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーセガ
公式サイトhttps://sakura-kakumei.sega.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧