1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 逆転オセロニア>
  4. 決戦!イベント>
  5. 高難度決戦>
  6. 【逆転オセロニア攻略】“最凶!BOSSラッシュの間(激級)”攻略(大決戦!終ノ篇)

【逆転オセロニア攻略】“最凶!BOSSラッシュの間(激級)”攻略(大決戦!終ノ篇)

2021-02-26 19:48 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

逆転オセロニア

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!
19a7892917b12cbc1533902826482612_original
詳細はこちら

BOSSラッシュの間(終ノ篇)攻略

バナー

“最凶!BOSSラッシュの間”は、“大決戦!終ノ篇”の3つ目。“決戦!修行の間”と、“挑戦!ダメージチャレンジの間”のクリアーで挑戦可能だ。全ステージをクリアーすることで、星のかけら5万5555個を山分けで受け取ることが可能となっている。

【攻略ポイント】
決戦!修行の間:一手打てばクリアー
挑戦!ダメージチャレンジの間:駒巡りによってはバフで押し切ることが難しい。呪いがもっとも手軽。

なお、“BOSSラッシュの間”のクリアーでは、各ステージのボスである、ユービア、ウガジン、アルキメデスがドロップする。

【挑戦可能期間】
2021年2月28日11時59分まで

クエスト情報

ステージ数:3
相手リーダーの属性:神、竜
敵HP
1戦目:35000
2戦目:49800
3戦目:32000

※編集部で確認できた敵駒のみを掲載しています。

攻略ポイント

アンデッド&呪いがオススメ
敵のHPが全体的に高いうえ回復を多用してくるため、回復に合わせてアンデッドを使えばダメージを与えやすい。竜鱗持ちはいないので、呪いによる削りも有効だ。

ATK依存の攻撃は避ける
ステージ1、ステージ3でステージ専用駒が大幅なデバフをかけてくる。神殴りや竜など、ATKを参照するデッキは避けよう。

吸収・回復に注意
ステージ3で敵がアンデッドを使用。自身が吸収・回復を使うと逆にダメージを負ってしまうため、編成には注意したい。

オススメの駒

フレデリカフレデリカ
アンデッド持ち。相手の回復を毒に変換できる。
同系統のスキル持ち:リリートゥ、ランドシャーク、ミヤビ
 ベルゼブブ(闘化) copy ベルゼブブ(闘化)
2ターンにわたっての2枚呪い。怨念コンボも活かしていきたい。

デッキ構築例

デッキ

S駒:フレデリカ、闘化セクメト、ククルカ、闘化ベルゼブブ、リリートゥ、リリティエ
A駒:周年ファウスト、ニーヴ、ランドシャーク、カリシャ、奏庵、ルーティル、金色リッチ、ミヤビ、ジルドレ、イヴェット

【ポイント】
アンデッドを多めに編成した呪いデッキ。特殊ダメージ持ちも登場するため、特殊罠を数体入れておくのも有効だ。

ステージ1

1

【敵が使用する駒】
1.闘化イシュケ(回復)
2.女神像(回復バフ)
3.フリジア(回復)
4.天照大神(回復)
5.ユービア(回復)
6.女神像(回復バフ)
7.カッサンドラ(時限回復)
8.リナリア(時限特殊)
9.ヴァイセ(特殊ダメージ)
10.ケット・シー(回復)
11.進化アンドロメダ(特殊ダメージ)
※赤字は危険度の高い駒
※順番は前後する可能性があります

【初期配置】
女神像(A6):デバフ(80%)

敵は序盤に回復スキルを連続して使ってくるうえ、バフで回復量を大幅に底上げされる。アンデッドがいる場合は回復量の多いスキル&コンボを持つフリジア以降に合わせ使っていこう。その際、回復持ちは敢えて返さず、導線を通すようにすると効率的にダメージを返しやすい。

なお、後半になると強力な特殊ダメージ持ちが登場。大きくHPを削られやすい。それまでに突破するか罠を合わせてダメージを返していこう。

オススメ定石の例

1−1

▲どこからスタートしても問題ない。アンデッドは初手から使わず、後々に温存しておこう。

ステージ2

2

【敵が使用する駒】
1.ウガジン(通常ダメージ)
2.闘化ダウンフォール(暗黒)
3.闘化ノイレ(代償バフ)
4.闘化ヘルヴォル(貫通)
5.折刃(通常ダメージ)

※赤字は危険度の高い駒
※順番は前後する可能性があります

【初期配置】
石竜像(B6):貫通付与&バフ
石竜像(E1):回復(9ターン)
石竜像(E6):代償呪い(3ターン)

敵のHPは非常に高いものの、呪いと代償により自滅しやすい。こちらも呪いを重ねて一気にHPを奪っていこう。ただし敵の攻撃力自体は高いため、導線はつながせないようにしたい。

オススメ定石の例

2−1

▲E6の石竜像がコンボで呪い移しを持つ。つながれると敵の呪いが解除されこちらも被害を受けるので、初手をE5に打つことは避けたい。

ステージ3

3

【敵が使用する駒】
1.アルキメデス(回復マス生成)
2.サルース(回復)
3.ヒルデブラント(特殊ダメージ)
4.女神像(回復マス⇒自分用回復マス変換)
5.進化アギラ(通常ダメージ)
6.女神像(アンデッド)
7.ロナジャスタ(特殊ダメージ)
8.女神像(アンデッド)
9.女神像(回復マス⇒自分用回復マス変換)
※赤字は危険度の高い駒
※順番は前後する可能性があります

【初期配置】
女神像(F6):デバフ(99%)

大幅なデバフがかかっており通常攻撃は効果は望めない。呪いを使いつつ、敵のHPが減ったタイミングでアンデッドを使い、回復マスでダメージを与えていこう。

また、敵もアンデッドを使用。返せない場所に置かれてしまうと、以降は回復マスを踏むたびにダメージを受けるため長期戦は危険。ただし敵専用回復マスも登場するため、状況次第ではこちらに打ってダメージを回避するのもアリだ。

オススメ定石の例

3−1

▲まずは回復マスからがオススメ。敵のアンデッドが登場するまでは、前ステージで受けたHPをリカバーしつつ立ち回ろう。

タイガー桜井と宮坊が動画で攻略中!

YouTubeチャンネルの登録はこちら

ファミ通AppのTwitterはこちら

タイガー桜井のTwitterはこちら

宮坊のTwitterはこちら

世界のザキヤマのTwitterはこちら

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!
19a7892917b12cbc1533902826482612_original
詳細はこちら

逆転オセロニア

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/テーブルゲーム
メーカーDeNA
公式サイトhttps://www.othellonia.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧