1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 逆転オセロニア>
  4. 【逆転オセロニア攻略】“最凶!BOSSラッシュの間(激級)”攻略(大決戦!地ノ篇)

【逆転オセロニア攻略】“最凶!BOSSラッシュの間(激級)”攻略(大決戦!地ノ篇)

2021-02-12 18:53 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

逆転オセロニア

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!
19a7892917b12cbc1533902826482612_original
詳細はこちら

BOSSラッシュの間(地ノ篇)攻略

バナー

“最凶!BOSSラッシュの間”は、“大決戦!地ノ篇”の3つ目。“決戦!修行の間”と、“挑戦!ダメージチャレンジの間”のクリアーで挑戦可能だ。全ステージをクリアーすることで、星のかけら5万5555個を山分けで受け取ることが可能となっている。

【攻略ポイント】
決戦!修行の間:一手打てばクリアー
挑戦!ダメージチャレンジの間:辺に強力なバフコンボを打ち、アタッカーでフィニッシュ。竜単がオススメ。

なお、“BOSSラッシュの間”のクリアーでは、各ステージのボスである、トト、ライム、イビルイーターがドロップする。

【挑戦可能期間】
2021年2月15日23時59分まで

クエスト情報

ステージ数:3
相手リーダーの属性:神、魔
敵HP
1戦目:24000
2戦目:20000
3戦目:80000

※編集部で確認できた敵駒のみを掲載しています。

攻略ポイント

火炎or呪いがオススメ
いずれのステージでも辺に駒が多く配置されているため、火炎ならば効率的にダメージを狙える。また、敵は竜鱗を持たないため呪いでの攻略も可能だ。

通常・特殊ダメージは効果が薄い
ステージ3はデバフに加え、特殊ダメージが大幅にカットされる。該当ステージでは敵のHPが80000と膨大なため、通常・特殊をダメージソースとした編成は避けよう。

オススメの駒

 正月ジェンイー 正月ジェンイー(進化)

永続の外周小火炎。ほかの火炎持ちと合わせることで一気にHPを削れる。

 闘化バレンタイン・ミューニ バレンタイン・ミューニ(闘化)

4ターンのあいだ発動する外周中火炎。正月ジェンイーとの組み合わせがオススメ。

 金色ベルーガ 金色ベルーガ(進化)

2ターン外周中火炎&威圧。通常ダメージの軽減にも役立つ。

リリティエリリティエ
特殊罠。効果的に特殊ダメージを返せる。
同系統のスキル持ち:ジルドレ、イヴェット、ピリキナータ

デッキ構築例1

火炎

S駒:正月ジェンイー、金色ベルーガ、闘化バレンタイン・ミューニ、闘化メイレン
A駒:リリティエ、金色リッチ、ジルドレ、イヴェット、アベル、ミンリー、正月ランメリー、ナウラ、闘化ハイサラマンダー、フォーティア、闘化ヤンドーラ、ローディー

【ポイント】
外周火炎のSを多めに編成した火炎デッキ。リーダーをカフネやヴェルトリンデといった十字中火炎にし、ほかを全体火炎にする編成も有効だ。

デッキ構築例2

 呪い

S駒:闘化ジュレ、アンクイーネ、ククルカ、闘化ベルゼブブ
A駒:リリティエ、ニーヴ、翡翠、カリシャ、アルバ、セリーヌ、魔守護者、奏庵、リューク、金色リッチ、ジルドレ、イヴェット

【ポイント】
呪いを軸にした構築。敵HPが多い最終ステージで力を発揮しやすい。敵の強力な特殊ダメージに合わせて罠を使えば大ダメージを返せる。

ステージ1

1

【敵が使用する駒】
1.トト(デバフ召喚/7ターン後)
2.アイラン(ヘイスト)
3.イシュケ(ヘイスト)
4.ミアクレル(特殊ダメージ)
5.メーティス(特殊ダメージ)
6.ゼルエル(通常ダメージ)
7.神オルロ・ソルシエ(時限特殊/3ターン後)
8.アストライア(特殊ダメージ)
9.パールヴァティ(特殊ダメージ)
10.アールマティ(特殊ダメージ)

※赤字は危険度の高い駒
※順番は前後する可能性があります

【初期配置】
ヘルヴィナ(A4):防御駒召喚(7ターン後)
女神像(A4):デバフ(60%)
ファヌエル(F6):防御駒召喚(3ターン継続)
┗コンボ:ライフバースト

ヘイストにより、ヘルヴィナorトトの召喚が早められる。敵からの被ダメージは基本的に低めだが、HP低下時はライフバーストを持つヘルヴィナの召喚駒が危険なため、召喚された際はできるだけ返しておこう。

戦いが長期化した際は、10ターン目に登場するアールマティのライフバーストと、ファヌエルのコンボも合わせて警戒しておきたい。

オススメ定石の例

1−1

▲火炎デッキの場合、初手をF4に打てば多くの敵を巻き込め、後々の戦いが有利になる。

ステージ2

2

【敵が使用する駒】
1.ライム(通常&特殊ダメージ防御)
2.セツナ(召喚)
3.祝融(特殊ダメージ)
4.八房(特殊ダメージ)
5.イクシラ(特殊ダメージ)
6.オルスティン(通常&特殊ダメージ防御)
7.金色・フギンとムニン(置きバフ)

※赤字は危険度の高い駒
※敵が辺置きできる際は、金色・フギンとムニンが優先されることがある

【初期配置】
女神像(A6):特殊ダメージ防御(30%/6ターン)
女神像(B2):特殊ダメージ(盤面総数×1000/8ターン後)
┗コンボ:特殊ダメージ(盤面総数×500)
女神像(A6):通常ダメージ防御(50%/6ターン)
女神像(F1):5000特殊ダメージ(コンボ発動)

ステージ専用駒の時限スキルにより、8ターン後に即死級のダメージが飛んでくるため、それまでには勝負を決めたい。

骨休めに近いステージではあるものの、B2の女神像のオルス系コンボの威力が非常に高い。また、セツナの召喚するクオンのコンボも危険。状況次第では、返されないマスに特殊罠を設置して大ダメージ返しを狙うのも手だ。

オススメ定石の例

 2−1

▲回復マスを踏むと、B1・E6の女神像のコンボ導線が通ってしまう。まずはB3、E4のいずれかからスタートするのがオススメだ。

ステージ3

3

【敵が使用する駒】
1.イビルイーター(吸収)
2.悪魔像(特殊ダメージ/プレイヤーのHP10%)
3.悪魔像(特殊ダメージ/プレイヤーのHP10%)
4.アンドロメダ(特殊ダメージ)
5.悪魔像(特殊ダメージ/プレイヤーのHP40%)
6.ネルガル(召喚/カウンター)
7.アテナ(召喚/みがわり)
8.ハーピストエンジェル(防御)
※赤字は危険度の高い駒
※順番は前後する可能性があります

【初期配置】
女神像(B1):通常&特殊ダメージ防御(50%)
悪魔像(B2):召喚(回避&コンボ吸収/7ターン後)
悪魔像(C6):召喚(回避&コンボ吸収/7ターン後)
悪魔像(D1):召喚(回避&コンボ吸収/7ターン後)
悪魔像(E1):召喚(回避&コンボ吸収/7ターン後)
悪魔像(E6):召喚(回避&コンボ吸収/7ターン後)

敵のHPが80000と非常に高いうえ、吸収も使ってくるため削りにくい。火炎の場合、まずは辺に外周か十字を打ち、後々のダメージ源としていこう。

敵が使う駒の中では、アンドロメダと5ターン目の悪魔像からの被ダメージがとくに高いため、事前に特殊罠を仕込んでおくのもアリだ。

戦いが長引くと7ターン後に大量の駒を召喚されるので、ここに全体火炎を合わせれば一気にHPを奪える。

オススメ定石の例

3−1

▲A1、A6のいずれかから始めれば、初手のイビルイーターがすぐに返せるマスに打たれる。コンボでの吸収がやや厄介なため、こちらからのスタートが安全だ。

タイガー桜井と宮坊が動画で攻略中!

YouTubeチャンネルの登録はこちら

ファミ通AppのTwitterはこちら

タイガー桜井のTwitterはこちら

宮坊のTwitterはこちら

世界のザキヤマのTwitterはこちら

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!
19a7892917b12cbc1533902826482612_original
詳細はこちら

逆転オセロニア

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/テーブルゲーム
メーカーDeNA
公式サイトhttps://www.othellonia.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧