1. サイトTOP>
  2. 【新作】彩京の名作がスマホに移植!! 秘薬を集め戦う縦スクロールシューティング『ガンバード2 クラシック』

【新作】彩京の名作がスマホに移植!! 秘薬を集め戦う縦スクロールシューティング『ガンバード2 クラシック』

2021-01-10 11:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ガンバード2クラシック

弾幕を突破して神様の待つ神殿へ

太古の時代より語り継がれてきた万能薬の存在。

それを手にするには太陽と月、星のチカラを宿した秘薬を集め、地下神殿の主たる神に会わなければならない。

本記事で紹介する『ガンバード2 クラシック』は、1998年に彩京からアーケード版がリリース。それをコンシューマー版に移植したものをアレンジしたものである。

弾幕シューティングを代表する名作の1つ。

それを基本無料で楽しめちゃうのだからやらなきゃもったいないぞ。

gunbirdii01

ゲームの見どころ
●3段強化とアクション性の高い駆け引き
●個性的な6人のキャラクターとライバル

3段強化とアクション性の高い駆け引き

溜め撃ちの印象が強い前作とはうってかわり、今作では3段階のゲージを駆使したスーパーショットや近接攻撃といったこれまでにないアクションを楽しめる。

gunbirdii02書き込みgunbirdii03書き込み

フルオートの基本ショットを基軸に、最大9個までストックできるボム(赤)、溜まっているゲージの量に応じて変化するスーパーショット(緑)、1ゲージを消費して発動する近接攻撃がある。

それぞれ画面下に記号が描かれたボタンがあるのはスマホならではのアレンジ。直感的に攻撃を使い分けることができるだろう。

gunbirdii04書き込みgunbirdii05書き込み

スコアシステムはコインの回収とチェインボーナス。特定の敵を撃破した際に出現する隠しキャラを使った加点方法がある。

回転するコインが正面を向いた(光った)ときに回収するとスコアが大量に得られる点もアーケード版そのまま。

スコアを競いたいプレイヤーにとってはうれしいポイントだ。

gunbirdii06書き込みgunbirdii07書き込み

個性的な6人のキャラクターとライバル

本作は7つのステージを2周する全14ステージ構成であり、3つの秘薬を集める序盤はうち4つからランダムで選択。それ以降は固定でゲームが進行していく。

プレイしながら、“そうだこんな感じだった”と思い出す瞬間がとても多く、小さな画面にまとまってはいるが十分満足できる体験ができた。

gunbirdii08書き込みgunbirdii09書き込み

最初から使えるキャラクターは隠しキャラだった侍“アイン”を含む6種類。それぞれ攻撃スタイルが違うのはもちろん、ステージクリアー時に個々のストーリーを垣間見ることもできる。

gunbirdii10書き込みgunbirdii11書き込み

また、彼らの戦いを妨害する3人の悪役もストーリーを楽しむうえで欠かせない大切な存在。どこか見覚えのある風貌と憎めないやり取りも楽しんでもらいたい。

ただ、2人の協力プレイができない点は残念なポイント。

スマホゆえの仕様だとは思うが、ローカル通信なんかで可能にしてほしかかった。

gunbirdii12書き込みgunbirdii13書き込み

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

ガンバード2クラシック

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルシューティング
メーカーMobirix
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧