1. サイトTOP>
  2. 黄色のポータルマーカー出現!!『Ingress』特別加点されるVSCPを体験リポート

黄色のポータルマーカー出現!!『Ingress』特別加点されるVSCPを体験リポート

2020-12-11 18:17 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

Ingress Prime(イングレス プライム)

スカウトコントローラーの新要素

2020年12月11日の明朝、Nianticが開発運営する位置情報ゲーム『Ingress』の公式Twitterから、ボラタイル スカウトコントローラーポータル、通称“VSCP”と呼ばれるチャレンジに関する情報が公開された。

そこで本記事ではVSCPが何なのか、実際にフリーライターの深津庵がチャレンジ。

ポータルスキャン機能に関係する新たな加点要素とその仕組みを改めて紹介していく。

ingressvscp01

ポータルスキャンが生み出す新たな拡張現実

本作に“ポータルスキャン”と呼ばれるものが実装されたのは2020年始めのこと。

その名の通り、ポータルの3Dデータをエージェント(以下、AG)が撮影&アップロードするというものであり、Nianticが手掛ける未来の拡張現実に関わるデータとして蓄積されていく。

それと同時にScout(アップロードされた数)とScout Controller(ユニークポータルの数)、2つの実績メダルが実装。AGの中には各5段階のメダル獲得を目指してイン活を続けているはずだ。

ポータルスキャンについて(公式)
■VSCPについて(公式

ingressvscp02書き込み
ingressvscp03書き込み

今回、その大きな変化を受けたのが後者“Scout Controller”だ。

黄色いポータルマーカー“VSCP”が表示されているものをスキャンした場合、従来1ポイントだったものが3ポイントに上昇。簡単に言えば、これまで以上に対象の実績メダルを狙いやすくなったというわけだ。

なお、このVSCPはスキャナ上だけなくインテルマップでも確認できる。

VSCPは時間の経過によって対象ポータルが変わっていくようなので発見したときはチャレンジしてみるといいだろう。

ingressvscp04書き込み

近所のVSCPを実際にスキャンしてみた

コロナ禍にある今年は『Ingress』だけでなく、Nianticが提供する多くの位置情報ゲームに関連したイベントが見送られた年となった。

そんな最中に実装されたのがポータルスキャン。外出を控えてきた筆者は未体験のままこの日を迎えてしまったのである。

近場のVSCPは全部で5つ、そのうち最寄り駅近くにある2つをチョイス。買い物のついでにさっそくスキャンしてみた。

ingressvscp05書き込みingressvscp06書き込み
ingressvscp07書き込みingressvscp08書き込み

ポータル画面右上の写真を選択、“ポータルをスキャン”というボタンを押した後は、カメラアプリを使って動画撮影している感覚で対象をスキャンするだけ。

そのデータを指示に従いアップロードすれば実績メダルにカウントされるというわけだ。

ingressvscp09書き込みingressvscp10書き込み

チャレンジする前からわかっていたことだが、ポータルスキャンをしているときのひと目が気になって仕方がない

オブジェクトにスマホを向けて行ったり来たり、はたから見ればまぁまぁ不審者である。

なお、VSCP以前に対象のスカウトコントローラーポイントを手にしていた場合、再びスキャンを行うことで不足分の2ポイントを獲得できるようだ。

ingressvscp11書き込みingressvscp12書き込み

最近では『ポケモンGO』でもスキャンタスクが実装され、Nianticがポータルの3Dデータ収集に本腰を入れいるのが伺える。

2018年に発足したTOKYO STUDIOが手掛けるタイトルや『CATAN -World Explorers-』など、我々AGがアップロードした3Dデータがどういったカタチで活かされていくのかにも注目していきたい。

ingressvscp13書き込み

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

Ingress Prime(イングレス プライム)

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルその他
メーカーナイアンティック
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧