1. サイトTOP>
  2. 『ドラゴンクエストウォーク』ダイ装備ふくびきは引くべき?無属性とデイン属性を使い分けられるアバンストラッシュが登場

『ドラゴンクエストウォーク』ダイ装備ふくびきは引くべき?無属性とデイン属性を使い分けられるアバンストラッシュが登場

2020-11-28 18:00 投稿

『ドラクエウォーク』おすすめ記事
『ドラクエウォーク』攻略まとめ
『ドラクエウォーク』プレイ日記
『ドラクエウォーク』最新記事

ダイ装備ふくびきは引くべきか

スクウェア・エニックスから配信中のアプリ『ドラゴンクエストウォーク(#ドラクエウォーク)』で、2020年11月26日より登場したダイ装備ふくびき。『ダイの大冒険』で代表的な技のひとつ“アバンストラッシュ”は、属性を使い分けられる初のスキルとして登場した。ここではダイ装備の性能を考察するので、ふくびきを引くか悩んでいる人は参考にしてほしい。

01

■パプニカのナイフ(片手剣)
ナイフという名だが武器種は片手剣なので間違えないように。主力となるスキルは以下。
アバンストラッシュ(消費MP27)・・・アバン流刀殺法。敵1体に威力400%の斬撃ダメージを与える
竜の紋章(消費MP40)・・・攻撃力と守備力を1段階上げ、アバンストラッシュにデイン属性を付与する(6ターン継続)
海波斬(消費MP23)・・・アバン流刀殺法。敵全体に威力200%のヒャド属性斬撃ダメージを与える
大地斬(消費MP22)・・・アバン流刀殺法。敵全体に威力170%のジバリア属性斬撃ダメージを与える

全体攻撃ではジバリア属性の大地斬、ヒャド属性の海波斬を持ち、単体攻撃では無属性400%ダメージのアバンストラッシュ、さらに竜の紋章で自身を強化してアバンストラッシュにデイン属性を付与と、役立つスキルがこれでもかと詰まっている武器。非常に便利な武器なのだが、やはり注目すべきは強力な敵に使うことになるアバンストラッシュの性能だ。無属性は“どんな敵にもそれなりのダメージを与えられる”のが魅力。そして、竜の紋章を使うことで攻守が1段階上がり、アバンストラッシュがデイン属性に。しかし、デイン属性のスキルには雷光さみだれ突き、ギガソードがある。

●らいじんのやり
雷光さみだれ突き(消費MP17)・・・ランダムな敵に威力80%のデイン属性斬撃ダメージを4回与える

●王者の剣
ギガソード(消費MP23)・・・敵1体に威力350%のデイン属性斬撃ダメージを与え、まれに自分の守備力を1段階上げる

デイン属性を付与したアバンストラッシュにはダメージが若干劣るものの、十分なダメージを与えられる。らいじんのやりはSP装備なので入手機会も多く限界突破している人は多いはず。その場合は、さらに威力が期待できる。対象がランダムというデメリットはあるものの、単体の敵と戦う場合には影響がない。多段攻撃なので会心の一撃の恩恵も期待できる。

無属性版のアバンストラッシュでは、同じ無属性攻撃として名刀斬鉄丸のつるぎのまいがある。

●名刀斬鉄丸
つるぎのまい(消費MP14)・・・ランダムな敵に威力75%の斬撃ダメージを4回与える

名刀斬鉄丸はスラミチメダルの交換所に追加されたので、入手しやすく限界突破させやすい。最大まで限界突破した場合は威力360%の無属性斬撃ダメージになるので、アバンストラッシュには及ばないものの十分なダメージを出せる。

以上のことから、パプニカのナイフは多彩な属性攻撃を持っているので各属性スキルを使える武器が揃っていない人には重宝する。しかし、各属性ごとに比べた場合はそれぞれ近いダメージを出せる武器がすでにあるので、それらを所持している場合は手に入れる優先度は下がるだろう。

02
03

■ダイのかんむり
おもなスキルは以下。
・【バトマス専用】スキルの斬撃ダメージ+2%
・【バトマス専用】守備力+5
・アバン流刀殺法のダメージ+5%
・魔王ハドラーへのダメージ+10%
・けもの系への耐性+10%
・マシン系への耐性+5%

注目すべきは“アバン流刀殺法のダメージ+5%”のスキル。これは大地斬、海波斬、アバンストラッシュの説明文にある“アバン流刀殺法”のスキルダメージが5%上昇するという効果。バトルマスターが装備することで7%も上昇する。魔王ハドラーへのダメージ+10%も、2020年12月3日からメガモンスターとして登場することが確定しているので有利に戦えるだろう。

 
04

■ダイの鎧上
おもなスキルは以下。
・【バトマス専用】スキルの斬撃ダメージ+2%
・【バトマス専用】守備力+5
・アバン流刀殺法のダメージ+5%
・魔王ハドラーへの耐性+10%
・ギラ属性耐性+10%
・メラ属性耐性+5%
・ドルマ属性耐性+5%

鎧上にも“アバン流刀殺法のダメージ+5%”のスキルがついているほか、魔王ハドラーへの耐性が10%上がりギラ属性耐性+10%、メラ、ドルマ属性耐性+5%と3種の属性を軽減できる。

 
05

■ダイの鎧下
おもなスキルは以下。
・【バトマス専用】スキルの斬撃ダメージ+2%
・【バトマス専用】守備力+5
・アバン流刀殺法のダメージ+5%
・魔王ハドラーへの耐性+10%
・麻痺耐性+10%
・守備力減耐性+20%

鎧上同様に“アバン流刀殺法のダメージ+5%”のスキルがつき、状態変化系の耐性を持っている。

 
06

ダイの防具はアバン流刀殺法のダメージを上昇させるという限定的なもので使い回しがきかないが、もし全部位揃えた場合は、アバン流刀殺法のダメージが21%(バトマス以外では15%)も上昇することに。わかりやすく数値で表すと

【アバン流刀殺法のダメージ上昇(バトマス)】
大地斬・・・170% → 205.7%
海波斬・・・200% → 242%
アバンストラッシュ・・・400% → 484%

高ランクの“アバンのこころ”でもアバン流刀殺法のダメージアップがつくので、これも考慮すればアバンストラッシュは500%ほどの単体攻撃となる。

ここで注目すべきは“無属性ダメージを上げられる”という点。デイン属性を上昇させたい場合はロト防具や霊獣防具などがあるが、無属性ダメージを上昇させられる防具は、今回のダイ防具のみとなる。もし全身揃えて上記の500%ほどの威力まで上昇できた場合は、敵の属性耐性に影響されずに大ダメージを出せるだろう。

●武器のみでは並の性能だが、防具も揃えれば敵の属性を気にせず使える万能装備

になるというわけだ。

このことから、ダイ装備ふくびきを引くか悩んでいる人は

●らいじんのやり、王者の剣など強力なデイン属性スキルを持つ武器を持っていない
●武器と防具全部位揃うまでふくびきを回す覚悟がある
●『ダイの大冒険』が好きなので性能は気にせず装備を集めたい

上記にひとつでも当てはまる人は引くことをオススメする。デイン属性武器として活用するならば、武器だけ手に入ればトップクラスの威力を出せる。その場合、無属性のアバンストラッシュはオマケ程度と考えよう。防具もすべて揃えれば、アバンストラッシュが高威力の無属性単体スキルとなるので活躍の場はかなり広がる。

今回もスタンプシートが2枚目まで用意されているので、武器だけでも手に入れたい場合は最悪でも200連すれば手に入る。しかし防具も全部位手に入れる場合は、運が悪い場合はかなりのジェムを使うことも覚悟しなければならない。

幸いにもダイ装備ふくびきの開催期間は2021年1月15日14時59分までと長い。上記に該当しても引くべきか決心がつかない人は、今後登場する新装備ふくびきがすべて出揃ってから改めて考えるといいだろう。

ファミ通Appディスコードに『ドラクエウォーク』チャンネル開設!

ファミ通Appディスコードサーバーにおいて、『ドラクエウォーク』のチャンネルを開設しました。本作の攻略から雑談など『ドラクエウォーク』に関わるコミュニケーションがとれる場として運用しております。 興味のある方はお気軽にご参加ください。

【ファミ通Appディスコードはこちら】

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧